@dream編 @dream編一覧へ戻る テクニック集トップへ戻る

@dreamの基本機能や便利な機能をご紹介しています。


43  サイトマップ(XMLファイル)を作成  2019年10月1日 @draem-Progre賃貸Ver8.19.3〜・売買Ver9.19.3〜 
 
dreamから出力される物件ページをGoogleにインデックスさせるために、
「静的出力」「レスポンシブ出力」「動的出力」時にサイトマップ(XMLファイル)を作成する処理が追加されました。

物件アップロード時にサイトマップもアップロードされます。
@dream物件ページ出力後、Google Search Consoleをご利用の場合は、
必要なサイトマップの登録を行うようにしてください。

1、各ディレクトリ内のサイトマップ(XMLファイル)
2、Google Search Consoleにログインをする
3、Google Search Consoleにサイトマップ(XMLファイル)を送信する
4、古いサイトマップ(XMLファイル)を削除する

43-1  各ディレクトリ内のサイトマップ(XMLファイル)

各ディレクトリ内にサイトマップのXMLファイルが複数設置されますが、
Google Search Consoleで登録する必要があるサイトマップは以下の6ファイルです。

賃貸と売買ではファイル名が違うので各ご利用のソフトをご確認ください。

※アップロード先のディレクトリ(階層やフォルダ)は各ユーザー様で違う場合がございます。
※フォルダ名を変更されている場合は、パスも変わりますのでご注意ください。
 物件ページ ■賃貸 ■売買
 静的HP 任意の階層/bukken/sitemap-c-static.xml 任意の階層/baibai/sitemap-b-static.xml
 レスポンシブHP 任意の階層/bukken/sitemap-c-resp.xml 任意の階層/baibai/sitemap-b-resp.xml
 動的HP 任意の階層/c/sitemap-chintai.xml 任意の階層/b/sitemap-baibai.xml


▼FTP転送ソフトで接続した際のサーバー側になります。
■静的・レスポンシブページ ■動的ページ ■静的・レスポンシブページ ■動的ページ


43-2  Google Search Consoleにログインをする

ここでは、すでにGoogle Search Consoleをご利用の場合でサイトマップを送信する方法をご案内いたします。

Google Search Consoleを登録されていない方は、まずはコチラをご確認ください。【Google Search Console登録方法

1、Google Search Consoleにログイン
 ※登録をしているGoogleアカウントでのログインが必要です。

▼以下のバナーをクリック


2、「今すぐ開始」をクリックするとSearch Consoleメイン画面に移動します。
 ※そのままSearch Consoleが開く場合もあります。




43-3  Google Search Consoleにサイトマップ(XMLファイル)を送信する

1、左側の項目「サイトマップ」をクリック



2、送りたいサイトマップのパスをコピーする

※アップロード先のディレクトリ(階層やフォルダ)は各ユーザー様で違う場合がございます。
※任意の場所やフォルダ名を変更されている場合は、パスも変わりますのでご確認の上、サイトマップに追加してください。
 物件ページ ■賃貸 ■売買
 静的HP
 レスポンシブHP
 動的HP


3、「新しいサイトマップの追加」のところに貼り付けする>「送信」クリック



4、サイトマップの送信が完了しました。

※サイトマップの反映には少し時間がかかるようです。
 「取得できませんでした」と出ていても、後ほど「成功しました」に変わりますので
 10分以上時間を置いてから、再度確認をするようにしてください。



43-4  古いサイトマップ(XMLファイル)を削除する

今回@dreamで作成されたサイトマップ(XMLファイル)を送信した場合、
古いもしくは、重複したサイトマップ(XMLファイル)を削除する場合は以下の手順をご確認ください。


1、削除したいサイトマップをクリックする



 2、右上 メニューをクリック>「サイトマップの削除」クリック


※Search Consoleに送信したサイトマップが削除されますが、サーバーにUPされているサイトマップは削除されません。
  必要に応じて、サーバーからも不要の場合は削除するようにしてください。



     ▲上へ           
@dream編一覧へ戻る