MITUCAL(ミツカル)のメリットを詳しく説明してみます

 

MITUCALはネット上にある店舗の情報を「正しく」「まとめて」管理できるサービスです。
GoogleやGoogleマップはもちろん、Facebook、InstagramなどのSNS、Bingなどの検索エンジンや
Amazon AlexaやGoogle Homeなどに公開された情報を一元管理・リアルタイム更新することで
見つけてもらいやすくなり、ウェブ集客、売上アップにつなげることができます。

 

と言っても、具体的なメリットや、どんな効果が得られるのかは十分伝わらないかもしれません。
そこで今回はMITUCALについて、出来るだけ分かりやすくご説明したいと思います。

 

MITUCAL導入によるメリット

 

近年スマホ検索やSNS活用が当たり前になり、ユーザーの検索の仕方が多様化しています。
以前のようにホームページに力を入れているだけでは集客するのが難しくなっていくので、
検索エンジンやマップ、SNS、ウェブサービスと出来るだけ多くの接点を持つ必要が出ています。

 

1、会社や店舗の情報を一元管理。一括配信・更新、書き換えも抑止

ウェブ集客に必要な「会社・店舗名」「住所」「電話番号・メールアドレスなどの連絡先」
「サイトURL」「営業時間」「支払い方法」「サービス内容」「事業説明」「キーワード」「写真」
といった情報をMITUCALに登録するだけで、連携しているあらゆる検索エンジン、SNS、マップ、
ウェブサービスへ一括配信・登録します。また営業時間や支払い方法の追加といった変更も
MITUCALから行えば一括リアルタイム更新でき、誤った情報の修正やユーザー提案などによる
意図しない情報の書き換えも抑止します。

 MITUCALを利用することで、ユーザーが利用する様々な検索で常に正確な情報を
手間をかけずに提供することができます。そして世界で著名なサイトやサービスに
会社や店舗の情報が正しく登録されることも有効なSEO・MEO対策になります。 

 

参考注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます

参考ローカル検索ではNAP情報がとにかく大事!

 

2、あらゆる検索での情報配信をサポート

連携先はGoogleやGoogleマップのほか、Bing、TripAdvisor、百度(バイドゥ)といった
検索エンジンやレビューサイト、FacebookページやインスタグラムなどのSNS、
あるいは音声アシスタントのAmazon Alexa、Google Homeなど多数。

 ホームページが見てもらえるか分からない今、Googleマイビジネスはもちろん、
Google以外での集客経路もできるだけ持っておく方が断然有利です。とはいえ自力で
複数のサービスを管理する手間はかけられない、ノウハウがないといったジレンマも存在します。
MITUCALはその悩みを解消し、新規獲得に向けたあらゆる検索での情報配信をサポートします 

 

参考MITUCAL連携先 ※クリックで画像が開きます

 

3、顧客との関係性を高めるためのレビュー管理

お客様によるレビュー(口コミ)は検索エンジンからの評価につながるだけでなく、
他のお客様が持つブランドイメージにも影響を与えるため、とても重要な情報です。

 MITUCALは様々な連携先におけるレビューを常にモニタリング。レビューの返信や
依頼ができる他、レビュー内容と星の数から評価の傾向も具体的に分析します。
お客様の声を元に改善を行うことは次のレビューを生み出し、新規顧客の集客につながります。 

 

 

4、Google検索に最適化したホームページの構築

 MITUCALでGoogleに最適化したホームページにできます。会社・店舗名や住所はもちろん、
業種やサービス内容、営業時間などホームページの情報をGoogleに正しく確実に伝えることで、
検索でより見つかりやすいページになります。 

 

これを構造化対策といい、大企業のホームページでも対応できていないところの多い
新しいSEO対策のひとつです。検索が多様化しているとはいえ、詳しい情報が確認できる
サイト検索は今後も行われます。ホームページのSEO対策も必要でMITUCALはその一端も担います。

 

また大手企業(吉野家・ヤマト運輸・丸亀製麺・ウェルシア・三井住友銀行など)でも
すでに導入されており、中小ビジネスが同じサービスを使える点もメリットと言えます。

 

MITUCALがウェブ集客を強力にアシスト

 

ウェブ集客を成功させるには大きく2つポイントがあります。最終的な目的である
売上アップを狙うには漠然とではなく、以下を押さえたウェブ集客がとても重要です。

 

1、目に触れる機会を増やす

会社を知ってもらうには、できるだけ多くの検索に正しい情報が表示される必要があります。

MITUCALなら多くの連携先に一括登録・更新、流入経路拡大、MEO効果、Google構造化

 

2、選ばれる可能性を増やす

「問合せたい」「相談したい」につなげるには、興味を持ってもらえる情報の提供が不可欠です。

MITUCALならサービス概要や営業時間など常に正しい情報、レビュー管理と分析

 

ホームページやGoogleマイビジネス、SNSがあってもバラバラに運用するのでは効果が薄く、
手間もかかって非効率です。 MITUCALならユーザーが検索をした時に正しい情報を
提供することでこうした問題を解消し、ユーザーとの関わりを高めて売上アップに貢献します。 

 

こんなお悩みにおすすめです

 

  • ホームページの検索順位はいいのに集客や反響が減ってきた
  • ローカル検索(Googleマップ検索)で上位に出ない、表示されない
  • AppleマップやBingマップに出てこない
  • GoogleマイビジネスやFacebookへの投稿の手間を減らしたい
  • 新規顧客獲得のため新たな流入経路を増やしたい
  • レビュー管理の効率化・レビュー活用でリピーター獲得につなげたい
  • 検索結果に間違った情報が載ってしまい困っている
  • 音声検索に備えたウェブ集客にも取り組んでいきたい
  • 広告費やポータルサイトの費用対効果に疑問を感じている

 

MITUCALのメリットまとめ

 

ホームページやGoogleマイビジネスでの上位表示を狙ったGoogle対策は引き続き必要です。
しかし技術の進化に伴って、検索(ユーザーの行動やキーワード)が変わりつつあること、
そしてこの先さらに変わっていくのはすでに見えているため、今後のウェブ集客を考えるなら、
多様化の流れを読んだGoogle以外の対策にも取り組むことも必須と言えます。

 

あらゆる検索サイト、SNS、マップなど可能な限りの流入経路を効率よく増やし、
お客様に知ってほしい正確な情報を常に発信し続けていく。

 

こうした対策は先行して始めるほどアドバンテージが高くなります。
MITUCALを使って競合に先んじたウェブ集客に取り組んでみてください。

 

 

 

 

とにかく選ばれること。そして全力で満足してもらうこと。

 

RSCが毎年実施している「不動産情報サイト利用者意識アンケート」の調査結果から、
今年は「ユーザーの不動産会社選択」について取り上げてみたいと思います。

 

不動産情報サイト利用者意識アンケート調査結果不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)

 

 

物件を契約した人が訪問した不動産会社数

 

物件を契約した人が訪問した不動産会社数は平均2.5社。2社までの合計が6割を超えています。
賃貸・売買別では賃貸が1.9社と過去最少。売買(3.0社)より1.1社少ない結果となりました。

 

 

ユーザーが実際に訪問する不動産会社数は年々減っている傾向があるので、
今後さらに「訪問前に選別されている」ことを意識した方がよさそうですね。

 

では、ユーザーは何をポイントに不動産会社を選んでいるのでしょうか?

 

 

不動産会社を選ぶ時のポイント・気にする点は?

 

問合せや訪問を行う際に不動産会社を選ぶ時のポイントは約7割が
「写真の点数が多い」がトップ。「特にポイントとなる点」でも1位です。

 

 

  • 写真の点数が多い
  • 店舗がアクセスしやすい場所にある
  • 他にもたくさんの物件を掲載している
  • 写真の見栄えがよい
  • 会社案内(会社の写真等)が詳しく紹介され安心感が持てる
  • 地元で知名度のある会社である
  • その物件のウィークポイントも書かれている

 

写真が多い・見栄えがよい、ウィークポイントも書かれているといった点は
事例発表やブロック勉強会などで、これまで何度も出ているマスト要件!
ちょっとしたこだわりを持つことで、他社との差別化につながります。

 

物件写真もやっぱりユーザー目線が大切だった!
物件写真もやっぱりユーザー目線が大切だった!
物件写真の充実している不動産会社が選ばれやすい傾向にある昨今、 写真を載せるのはもちろん、枚数を載せることも当たり前になっています。 物件や不動産
2017-12-22 15:00

 

 

会社案内ページも店内写真やスタッフ紹介など自社の雰囲気を伝える工夫を
ドンドンしてみましょう。何年も前の社長挨拶を見直すのもいいかもしれません。

 

店舗の場所は、送迎サービスがあればカバー出来るかもしれませんし、
地元での知名度もGoogleマイビジネス運用やSNS、地域ブログを活用した
ブランディングに取り組むことで、少しずつついていくと思います。

 

まずは「実際に訪問してもらえる1社」になる確度を上げていくために、
選ばれる要素を、他社より1つでも多く持てるようにしていきましょう。

 

では、選ばれた後は、どんなことに注意した方がよいのでしょうか?

 

 

不動産会社の接客で満足だったこと・不満だったことは?

 

不動産会社の接客について満足だったことは「レスポンスが早かった」がトップ。
一方、不満だったことは賃貸・売買とも対応面についての不満が目立ちます。
誠意ある接客姿勢が契約につながる大きなポイントになっているといえそうです。

 

 

売買の不満1位は「営業がしつこかった」、2位が「契約の意思決定を急かされた」。
賃貸は「その物件はもうないと言われた」「問い合わせをしたら返答が遅かった」と続きます。
賃貸の場合は満足だった点からも「とにかくスピーディな対応」が重要と分かりますね。

 

せっかく選んでもらえたのに、接客に不満を持たれたら元も子もありません。
接客の良さ、悪さは口コミやその後の紹介などにも影響する可能性があるので、
今後もいっそう、お客様の立場になって考えた対応を心がけていきたいですね。

 

 

とにかく選ばれること。そして全力で満足してもらうことまとめ

 

一般消費者(実際に物件を契約した人を対象)が回答したアンケート結果から、
「ユーザーの不動産会社選択」についての行動や意識を見てきました。

 

とにかく選ばれること。全力で満足してもらうこと。
そのために改善できること、取り組まなければならないことは何ですか?

 

ユーザーが不動産会社を選ぶ目は今後もますます、さらにさらに厳しくなります。
たとえ手間はかかっても、できる限りのことをしていきましょう。