スマホ利用増だけじゃない!変化しつつあるユーザーニーズ

 

RSCが毎年実施している「不動産情報サイト利用者意識アンケート」の調査結果から、
今回はユーザーニーズの変化について、特に気になった点を確認したいと思います。

 

不動産情報サイト利用者意識アンケート調査結果不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)

 

 

スマホ利用者の大幅増

 

スマホ利用者は年々増えていますが、スマホで不動産情報を調べているのは
どちらかといえば若い世代が中心という傾向や印象があったように思います。
しかし2018年のアンケートでは男女・年代を問わず大幅に増えたことが分かります。

 

 

WordPressでレスポンシブ、あるいはPC/スマホ別ページ運用とどちらにしても、
スマホでの閲覧に適したホームページ、物件情報がますます不可欠ということですね。

 

 

不動産会社を選ぶポイントはやっぱり画像

 

物件検索後に不動産会社を選ぶポイントは、昨年同様「写真の点数が多い」がダントツ!
しかし2位以下では、賃貸と売買で大きな違いも見られました。

 

問合せや訪問を行う際に不動産会社を選ぶ時のポイント・気にする点は?(複数回答) またその中で特にポイントとなるものは?(上位7位まで表示)不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)

 

売買では、前年6位だった「写真の見栄えが良い」というポイントが3位になり、
また賃貸では前年は圏外だった「部屋の雰囲気が分かる動画」がランクインしました。

 

写真の枚数を多くするのはもちろんのこと「キレイに撮る」ことを心がけたいですね。
よく晴れた日に撮る、キレイによく見える角度から撮る、看板など余計なものを消す・・
他社と差をつけるために、ちょっとしたことにこだわってみましょう。
THETAでの360度撮影やYoutubeで室内動画などもドンドン活用していきたいですね。

 

 

設備・構造・条件などの文字情報もランクアップ

 

物件を探す際に必要だと思う情報のトップは、物件種別問わず「物件外観の写真」でした。
不動産会社を選ぶポイントでも見たようにユーザーが「写真」を重視していることが分かります。

 

そして注目すべきは「物件の設備・構造・条件に関する文字情報」が大幅にランクアップした点。
売買戸建は圏外から5位へ。売マンション・賃貸でも9位から大きく順位が上がりました。

 

 

写真だけでなく、物件に関わる様々な説明も欠かせないということが読み取れます。
SEO対策のためではなく、ユーザーニーズに応えるため詳しい情報を入れるようにしましょう。

 

 

ユーザーニーズが増加傾向にある設備

 

最後にユーザーニーズが増加傾向にある設備についても確認しておきましょう。

 

人気1位は売買では「追い炊き風呂」、賃貸では「独立洗面台」となっています。
伸び率の大きさという点で「温水洗浄便座」、賃貸の「インターネット無料」、
また過去のデータと比較はできないものの、売買の「断熱性の高い窓」や、
賃貸の「WI-FI」などのニーズの高さも見逃せないところです。

 

 

ニーズが高い設備を備えた物件は、特色を入れ忘れないようするだけでなく、
写真を掲載したり、コメントをしっかり入れるなど積極的にアピールをしましょう。

 

 

変化しつつあるユーザーニーズまとめ

 

一般消費者が回答したアンケート結果から、ユーザーニーズを見てきました。
物件を探している人が不動産情報サイトに求めているものがよくわかりますよね。

 

自社のサイトがこれらのニーズを満たしているか、客観的に再確認してみてください。
まだ足りないと思うところがあれば、少しでも早く改善するようにしましょう。

 

ビジネスの場合、ユーザーニーズに応えられているのはある意味、当たり前で、
そこからどれだけ「ユーザーの期待を上回る」かが、カギになるのだと思います。

 

ユーザーが不動産会社を選ぶ目はますます厳しくなっています。
たとえ手間はかかっても、できる限りのことをしていきましょう。

 

 

 

Googleアナリティクスでサイト内ブログを除外して見る方法

 

サイト内ブログを始めると、サイト全体のアクセスは増える傾向があります。

 

その数字はもちろんGoogleアナリティクスにも反映するので、セッション数や
ユーザー数、PV(ページビュー)数、直帰率なども大幅に変わってきますし、
ランディング(閲覧開始)ページはブログばかりになるケースも出てくるため、
本来のホームページがどういう状況なのか見えづらくなってしまいます。

 

どこが良くて何を改善すべきか正しく分析するために、
ブログの数値を除外して、サイト本来のデータが見られるようにしましょう。

 

 

ブログの数値を除外するための設定

 

Googleアナリティクスにログインして、ブログの数値を除外する設定を作ります。

 

1、ユーザー>概要から「ユーザーサマリー」を開き、「セグメントを追加」をクリックします。

 

 

2、「新しいセグメント」をクリックします。

 

 

3、「条件」をクリックして「ページ」を選択します。

 

 

4、「除外する」を選択、除外したいブログのディレクトリ名を入力、セグメント名を付けて「保存」。

 

【除外したいブログのディレクトリ名について】

WordPressのブログ記事を開いた時のURLを確認してください。
ブログの運用やひな形の仕様により、入力するディレクトリ名は異なります。

 

(当社ひな形の例)

  • A、xxx.co.jp/wp/blog/○○○○○(ブログタイトルや数字など)
  • B、xxx.co.jp/wp/blog/カテゴリ名/○○○○○○(ブログタイトルや数字など)
  • C、xxx.co.jp/wp/カテゴリ名/○○○○○(ブログタイトルや数字など)

 

AとBのように「blog」が入っている場合は、ディレクトリ名は「blog」になります。
除外したいディレクトリ名に「/blog/」と入力して「保存」で設定完了です。

Cのようにwpの後ろがすぐ「カテゴリ名」になっている場合は下記の手順で
「カテゴリ名」の部分を全てフィルタに追加する必要があります。

 

「フィルタを追加」して、3~4の作業をカテゴリの数だけくり返します。

 

追加するカテゴリ名は、Wordpress管理画面のブログ>カテゴリー で確認できます。

名前のところに入っているカテゴリ名(上記の場合「/インテリア/」など)。
スラッグを設定している場合は各スラッグ(上記の場合「/interior/」など)を入力していきます。

 

必要な設定をしたら、4の手順どおりセグメント名を付けて「保存」して完了です。

※後日、カテゴリーを追加した場合は同じ作業が必要になります。

 

 

ブログを除外したデータの見方

 

設定したセグメントを呼び出します。

 

1、ユーザー>概要から「ユーザーサマリー」を開き、「セグメントを追加」をクリックします。

 

 

2、「カスタム」から設定したセグメントを選択して「適用」します。

 

 

ブログを除外したデータが表示されました。オレンジの部分が本来のサイトのデータです。

 

 

ランディングページなどは、除外したデータだけで見る方が分かりやすくなります。

 

「すべてのユーザー」セグメントを「削除」します。

 

「すべてのユーザー」に戻す場合は「日記を除外」のセグメントを削除します。

 

 

まとめ

 

セグメントを設定しておけば、簡単に本来のデータを確認することができます。

 

今いまの反響に直結しているのは商品を扱っているホームページ本体なので、
本来のデータを見たらがっかりしてしまう時もあるかもしれませんが、
現状をしっかり把握して、必要な対策を行っていくことが大切だと思います。

 

サイト内ブログはファンを作ってサイトへの流入を促すことが目的なので、
ブログのアクセスが多い、増えるということ自体はとてもいいことです。
先々の反響につなげるため、定期的な更新もがんばって続けていきましょう。