つぶやきを増やすにはTwitter自動投稿サービスが便利!

 

Twitterの自動投稿サービスとは、あらかじめ設定しておいた投稿内容(つぶやき)を、
一定の間隔や決めた時間に自動でツイートしてくれる仕組みのことです。

 

Twitterは次々に新しい情報が流れるので、コンスタントに回数をつぶやくことが
フォロワーを増やし、集客につなげるポイントなのですが、手動で続けるは難しい。
自動投稿サービスを使って、効率よくつぶやき回数を増やしていきましょう。

 

無料の自動投稿サービスはいくつかありますが、今回は本ブログのTwitterでも
利用しているtwittbotの使い方をご紹介します。

 

 

twittbotの登録

 

まずは「twittbot」のユーザー登録をします。 → twittbot

 

「LOGIN」ボタンをクリック(Twitterにはあらかじめログインしておきましょう)

 

画像認証を行います。数字を選択して「クエリ送信」

 

再度「LOGIN」ボタンが表示されます。クリックします。

 

「連携アプリを認証」をクリック

 

ユーザー登録が完了しました。「お気に入り」に入れておきましょう。

 

 

時間指定でつぶやく設定

 

あらかじめ登録したツイートを時間指定でつぶやく設定を行います。

 

「時間指定」をクリックします。

 

時間だけ指定したつぶやきをセットしてみました。

 

「つぶやき追加」で登録。登録したツイートは下に一覧表示されます。

 

ちなみに時間の指定は色々な組み合わせで行うことができます。

 

  • ・時刻だけ指定
  • ・日付と時刻を指定
  • ・曜日と時刻を指定
  • ・月と日付と時刻を指定
  • ・全部を指定(年・月・日・時間)

 

曜日と時刻を指定してみました。(1行になるのは仕様のようです)

 

組み合わせ次第で、盆暮れの長期休業や記念日などの設定もしておけますね。

 

 

画像付き投稿の自動投稿

 

Twitter投稿した画像付ツイートを利用すると、画像を付けた自動投稿もできます。
ツイートは画像付きの方が目立つので、投稿内容に合わせて活用してください。

 

使いたい画像が付いたツイートを表示して「リプライ(返信)」をクリック。

 

表示されている画像の短縮URLをコピーします。

 

コピーしたURLを貼り付けて、投稿したいツイートを登録します。

 

写真付きで自動投稿されました。

 

※権利上の問題がある画像などは登録しないようにしましょう

 

 

twittbotを使ったツイート自動投稿まとめ

 

twittbotを使った自動投稿のやり方をご説明しました。

 

あらかじめ投稿内容を必要に応じて登録しておく手間はあるものの、
つぶやけない時間に自動でツイートしてくれるのはとても便利です。

 

とはいえ、ツイートを自動投稿だけに頼って定型文ばかりになると、
せっかくのフォロワーにも飽きられてしまいます。

 

つぶやく回数が増えるとフォロワーは少しずつ増えていきますので、
twittbotを使った自動投稿と@dreamからのTwitter連携投稿、
そして手動でのつぶやきを上手く織り交ぜて、効率よくSNS活用しましょう。

 

 

 

Googleアナリティクスでユーザーの年齢や性別を確認してみよう

 

Googleアナリティクスでは「新規とリピーター」や「PCとモバイル」など、
サイトに訪問したユーザーの状況について確認することも多いと思いますが、
実は「年齢」や「性別」も把握することができるのをご存知ですか?

 

今回はユーザー属性(年齢・性別)のレポートを利用するための設定と、
レポートの見方やサイト改善に役立てる考え方についてお伝えします。

 

 

広告レポート機能を有効にする

 

「年齢」や「性別」などのユーザー属性を収集するための設定を行います。

 

アナリティクスにログイン>「管理」>「プロパティ設定」

 

「ユーザー属性レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」をオンにします。

未設定の場合は「オフ」になっているので、クリックして「オン」にします。
忘れずに「保存」して、次の設定を行ってください。

 

「ユーザー」>「ユーザー属性」>「概要」>「有効化」ボタンをクリックします。

 

以下のような画面になれば設定完了です。

※設定が反映して、実際にデータ収集されるまでには一定の時間がかかります。

 

 

ユーザー属性の見方とサイト改善に役立てる考え方

 

データ取得が出来るようになったら「年齢」「性別」を確認してみましょう。

 

「ユーザー」>「ユーザー属性」>「概要」  それぞれの分布が表示されます。

 

詳細を確認するには「年齢」をクリックします。

 

詳細レポートが表示され、年齢層ごとのセッションや行動を確認することができます。

 

  • 想定しているターゲットと大きなズレはないか
  • 実際にサイトに訪れているのはどの年齢層か

 

まずはこうしたことを確認して、問題や課題はないか考えてみましょう。

 

たとえば、若いファミリー世代をターゲットにサイト運営しているつもりでも、
その年齢層の直帰が高ければ、何かしらの改善が必要ということになりますし、
想定外の世代が多ければ、工夫次第ではもっと集客を増やせるかもしれません。

 

「ユーザー」>「ユーザー属性」>「概要」 >「性別」

 

「性別」もレポートの見方や考え方は同じです。自社の割合がどうなっているのか?

 

たとえば女性が多いから、女性目線のコンテンツや情報をさらに強化するのか、
あるいは男性のアクセスを増やすために対策するのか、などが考えられますね。

 

また「female(女性)」「male(男性)」をクリックすれば、性別ごとの年齢も見られます。
年齢×性別で特定の偏りがあれば対策もまた異なってきます。合わせて確認しておきましょう。

 

ちなみに、これらデータは閲覧者のブラウザのCookieから取得されているため、
実際と100%一致するものではありませんが、参考値として役立てていきましょう。

 

 

ユーザー属性のまとめ

 

ユーザー属性を確認するための設定とレポートの見方をお伝えしました。

 

「新規とリピーター」や「PCとスマホ」の割合を確認するのと同じで、
ユーザーの状況を把握することで、サイト運営の方向性を確認することができます。

 

簡単に設定できますし、データ取得まである程度の時間もかかるので、
サイト改善に活用したい場合は、ぜひ早めに設定してみてくださいね。

 

なお、サイト内ブログを設置している方は、ユーザー属性を見る時も
ブログのデータを除外して確認することをお勧めします。

 

Googleアナリティクスでサイト内ブログを除外して見る方法
Googleアナリティクスでサイト内ブログを除外して見る方法
サイト内ブログを始めると、サイト全体のアクセスは増える傾向があります。 その数字はもちろんGoogleアナリティクスにも反映するので、セッション数や ユ
2019-01-17 16:00