サイトマップを送信してページの存在を正しく伝えよう

 

10月1日のレベルアップで@dreamからXMLサイトマップが出力されるようになったので、
今回はXMLサイトマップの役割と登録の仕方についてご案内したいと思います。

 

@dream最新版をご利用で、Googleサーチコンソールの登録がお済みの方は、
ぜひXMLサイトマップの送信を行ってください。

 

 

XMLサイトマップとは?

 

XMLサイトマップとは、ホームページにあるユーザー向け的なコンテンツの一覧ではなく、
Googleに対して、サイト内にあるページ(URL)の存在を知らせるためのファイルです。

 

XMLサイトマップにはGoogleに伝えるためのURLや最終更新日が記載される

 

 

通常、Googleのクローラーは定期的にサイトを巡回して、ページの情報を取得。
その情報をデータにインデックス(登録)することで、検索結果に表示しています。

 

XMLサイトマップでページの存在(更新、新たに作成、削除したページ含め)を
正しく伝えることで、検索ロボットに効率よく収集してもらいやすくなります。

 

 

@dreamのXMLサイトマップ対応

 

10月1日のレベルアップで、Progre賃貸8.19.3 Progre売買9.19.3にしていただくと、
HP出力時に都度、物件ページのXMLサイトマップも作成されるようになります。

 

静的ページ、レスポンシブページ、動的ページ、各XMLサイトマップが作成されるので、
必要なXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールから送信してください。

 

これにより物件一覧以下、各ページの存在をGoogleに効率よく伝えることができます。

 

 

サーチコンソールからの送信

 

@dreamから出力されたXMLサイトマップは、Googleサーチコンソールで送信します。
(サーチコンソールの登録がお済みでない場合は、先に登録をする必要があります)

 

▼@dreamテクニック集 Google Search Consoleの登録方法

 

サーチコンソールにログイン>「サイトマップ」

 

「新しいサイトマップの追加」で、@dreamで利用しているページのXMLファイルを送信します。
例えばレスポンシブページのみを利用している場合はレスポンシブのXMLサイトマップ。
静的ページと動的ページを両方、使っている場合はそれぞれのサイトマップを送信してください。

 

各XMLサイトマップのファイル名や詳細な手順は下記ページでご確認いただけます。

 

▼@dreamテクニック集   @dreamのXMLサイトマップ作成

 

 

XMLサイトマップまとめ

 

Googleのクローラーは通常、サイトのほとんどのページを検出しているので、
XMLサイトマップがないと情報を収集してもらえないということではありませんし、
逆に、XMLサイトマップがあれば必ず全ページクロールされ、確実にインデックス
される保証があるというものでもありません。

 

とはいえ物件ページは数も多く、また頻繁に更新されるものなので、
XMLサイトマップを提供して、Googleにページの存在を知らせた方が有益です。

 

@dreamのXMLサイトマップ、是非ご利用ください。

 

 

 

接客管理を使ってメール追客のバリエーションを増やす

 

顧客カルテの登録をする時、職業や理由、来店、ランクといった分類項目を
分かる範囲で入力すると思いますが、項目にない情報はどうされていますか?

 

LINEで友だち、○○さんからの紹介客、会員登録済み・・・などなど、
メモ欄に頻繁に入れる情報や分類があれば、接客管理を使うのが便利です。
今回は第2回ブロック勉強会でもお伝えしている接客管理についてご紹介します。

 

 

接客管理とは

 

顧客の「特色」のようなもので、自由に項目を作ってチェックを入れることで、
顧客の情報に「特定の属性」を持たせることができる管理機能です。

 

顧客カルテ>希望条件登録タブの並びにある「接客管理」

 

あらかじめ分類したい項目を作っておけば、チェックするだけで登録できます。

 

メモ欄は自由に入力できますが、情報が多くなると見づらい場合もありますし、
内容で検索しようとしても、入力した文字列が違っていれば抽出されません。

 

顧客固有の情報ややりとりの概要などをメモ欄、分類できる項目や属性は
接客管理でチェックと、管理したい情報によって使い分けるのがお勧めです。

 

メインメニュー>ツール>環境設定>顧客情報設定で追加・編集

 

 

 

接客管理の活用例

 

接客管理でチェックした項目は、検索で簡単に抽出することができるので、
金額(賃料)や学区といった物件の条件以外で送るメール追客に活用できます。

 

 

たとえば「Facebook友だち」には特典として通常より半日早く新着メールを送るとか。

 

 

「NOT検索」で動的アカウント発行してない顧客を抽出して案内のメールを送るなど、
接客管理を活用することで、未成約客へのメール追客のバリエーションが増やます。

 

また成約した後、必要に応じて「自社物」や「紹介客」などの分類をしておけば、
フォローや紹介のお願いなど、成約客へのメールもより充実させられそうです。

 

自社の運用都合で見込み度などによって分けることの多いランクとは別に、
顧客の状況やアクションに紐づいた分類があると、ニーズや関心に寄せたメールが
送りやすいため、開封率や問合せ率アップの可能性にもつながるかもしれません。

 

 

接客管理まとめ

 

接客管理についてご紹介しました。

 

刻々と変わる状況によって頻繁にチェックを付け替える必要がある項目は
不向きかもしれませんし、慣れないうちはうっかりチェックを忘れることも
あるかもしれませんが、メール追客にとても便利な機能だと思います。

 

ターゲット(標的)と違い、顧客を特定の属性で分類することが目的なので、
自社の運用に合わせて、使いやすい項目を作ってぜひ活用してみてください。