新しいタイプのレスポンシブ物件ページをリリースします

 

 

4月4日の@dreamレベルアップで、ダイナミックレスポンシブページが追加されます。
静的レスポンシブ、動的ページとは違った仕様になりますので主な点をご紹介します。

 

物件ぺージトップの構成

 

物件ページトップは以下のような表示になります。

 

 

新着物件表示エリア(10件までランダム表示されます)

検索条件表示エリア(画像は戸建てのみですが、各種別が配置されます)

 

サイトを訪れたお客様は、ナビゲーションにある「物件検索」や、
新着物件あるいは検索条件などから物件を探す形になります。

 

 

 

会員登録・ログインしなくても使える「お気に入り」や「閲覧履歴」

 

サイトを訪れたお客様は、会員登録やログインをしなくても
「お気に入り」や「閲覧履歴」が使えます。

 

 

お気に入りページ

 

閲覧履歴

 

 

会員登録すると使えるマイページ

 

会員登録はお客様自身でパスワードを決めて行っていただくタイプです。
dreamユーザー様側でパスワード発行などをする手間がかかりません。

 

 

 

会員登録後、ログインするとマイページが使えます。
マイページでは登録情報の他、希望条件登録やお気に入りの確認ができます。

 

 

 

希望条件登録は必要な種別を選んでお客様自身に行っていただきます。
登録後、条件に合う新着物件が出ると、自動でお知らせメールが配信されます

 

 

 

管理者ページでは顧客ごとの閲覧履歴や開封状況を確認

 

管理者ページでは会員登録があったお知らせの他、顧客ごとの状況を確認できます。

 

管理ぺージトップ

 

 

顧客一覧

 

 

顧客ごとの画面で、閲覧履歴やメールの開封状況が確認できます。

※開封確認はお客様が利用しているメール環境によって取得できない場合もあります

 

ユーザー様ごとの運用に合わせてご利用を

 

新レスポンシブページのポイントをおおまかにまとめてみます。
運用の仕方によってはメリットデメリットになる部分がありますので、
注意点も合わせて確認の上、ご利用を検討ください。

 

【dreamユーザー様側】

・ポータルサイトの使い勝手に近いページの提供
・パスワード発行の手間がかからない
・条件に合う新着物件があれば自動でメール配信してくれる
・顧客ごとの閲覧履歴や開封状況を確認することができる

 

【サイトを訪れるお客様側】

・会員登録しなくてもお気に入りや閲覧履歴が見られる
・自分で会員登録・条件登録をしてすぐマイページが使える
・条件に合う新着物件があるとメールでお知らせしてくれる

 

【主な注意点】

・ご利用にはさくらインターネット環境が必要です。
・静的ページ・静的レスポンシブページの併用はできません。
・動的ページに登録されたアカウント情報は引き継げません。(お客様が自分で登録するため)
・新しい物件ページになるので、HPなどのリンク先を全て変更する必要があります。

 

静的レスポンシブページを利用していて会員機能が欲しかったという場合や、
自動メールや登録なしでお気に入りが使えるといった機能を重視したい場合は
ダイナミックレスポンシブの運営が向いているかもしれませんし、
静的や静的レスポンシブ・動的と複数の物件ぺージが混在している運営を
1本化してお客様に分かりやすく出来る点もメリットになると思います。

 

一方、お客様に自由に会員登録をされたくない、自社で発行したいという方や
動的ページで運営が出来ているので新しくしたくないという方もいると思います。

 

これまでの物件ページに加わった新しい選択肢の一つとしてご検討ください。

 

@dreamテクニック集でも詳細を近日公開予定です。
ダイナミックレスポンシブページのご検討の際はサポーターまでご相談ください。

 

第1回オンライン講習会開催報告

 

9月30日(木)オンライン講習会が開催され、72社のユーザー様にご視聴いただきました。
この講習会では、ユーザー様のオンライン接客事例やここ数年に追加されたdreamの新機能、
すでにある機能をさらに活用いただくための応用などをサポーターからお伝えしました。

 

まずは不動産業者のオンライン接客について。

 

コロナ禍に入って2年、オンラインが当たり前の時代になってきたといわれていますが、
街の不動産会社はオンラインで何をやっているのか、他社はどのようにしているのか、
といったお声が多く聞かれることから、ユーザー様の事例をご紹介しました。

 

「物件紹介」「内覧」「契約などの説明」と3つのパターンを取り上げ、
メリットデメリットをお伝えしながら、物件紹介では@dreamを使うことで
必要な情報や資料をスムーズに画面共有してスムーズに案内している事例を。

 

内覧では事前に現地の状況を確認して、当日、見てもらうべきポイントや
物件の良い点悪い点がしっかり伝えられるよう事前準備をするだけでなく、
お客様がその場にいない分、視覚だけでわからない情報も丁寧に伝えるなど、
きめ細やかな配慮や対応をされているユーザー様の事例をご紹介しました。

 

オンライン接客は画面越しになる分、対面に比べると不動産会社にとっては
準備の手間がかかる部分もありますが、お客様にとってメリットが大きく、
今後も望む方は増えていきますので、ぜひ前向きに取り組んでみてください。

 

次に、ここ数年で追加された機能を目的や活用シーンを合わせてご紹介しました。

 

画像登録時にExif情報から回転を行う

原紙を利用し間取りを登録

ノーダルビューの紐づけ URL登録

ファイル管理機能

郵便番号をマッチングに含める

棟の案内シート作成機能

棟詳細ページでSEO対策

業者マスタ 営業活動報告書作成機能

業者マスタ 活動履歴登録機能

動的ページ 代替え文字の設定

動的ページ 詳細問い合わせフォームにAnalyticsトラッキングコード設置

動的ページのSEO対策

動的ページ Googleストリートビューを初期表示

オンライン接客アシスト機能

ウェブ物件取込

SMS送信機能

図面に二次元コード挿入

 

 

最後に@dream機能の応用として、棟マスタ・ステップメールの活用をご案内しました。

 

棟マスタでは物件マスタに登録されている物件を使って、通常物件だけでなく、
通常以外の物件も合わせて棟として管理し、棟ページを作成することができます。
これを活用することで新たな問い合わせのきっかけにしているケースや、
管理物件の掲載に使うことで、オーナーさんへのアピールや他業者に物件確認に
利用されているケースなど、事例も合わせてご紹介しました。

 

またステップメールについては、基本的な使い方の他、賃貸売買それぞれの
具体的な活用シーンの紹介もさせていただきました。

 

サポーターが行う@dreamの操作講習会は久しぶりの開催となりましたが、
多くのユーザー様にご視聴いただき、アンケートでのご好評もいただけました。
「活かしきれていない機能があった」「@dream活用を見直すきっかけになった」
と仰る方も多かったので、できることから取り入れていただければと思います。

お忙しい中、ご視聴いただいた皆さま ありがとうございました。

 

@dream操作講習会は2回の開催が予定されています。
次回は10月28日(木)14:00~15:00を予定しております。