@dream道~御社のProgre見せてください!(南部不動産編)

@dream道 御社のProgre見せてください

 

@dreamのちょっとしたアノ部分、他社がどう使っているのか気になりませんか?

 

業務の中で完結する機能は表に出ない分、スポットを浴びる機会が少ないけれど、
実は@dream使いこなしという意味では欠かせない「キモ」だったりするんです!

 

今回は東京ブロックのキャプテンでもある東京都武蔵野市の南部不動産様に
ご協力いただき、@dreamのチラシ印刷機能の活用についてご紹介します。

 

 

チラシ作成の工夫

 

南部不動産の遠藤社長は@dreamのチラシ印刷機能で作成したチラシを
ひと手間かけた冊子にして店頭に用意する運用をされています。

 

まずはチラシを「ファミリー向け物件」「シングル向け物件」の2種類で作成。
4コマでそれぞれ6枚ずつ印刷し、1冊子に24物件掲載になるよう準備します。

 

 

遠藤社長はテンプレートの使い分けもしていて、ファミリーは「フレッシュ」、
シングルには「シャープ」を選んでいます。区別がついて分かりやすいですね!

 

 

掲載する物件は、以前は自社の管理物件が中心だった時もあったそうですが、
何週にもわたってずっと同じ物件が載ってしまうといけないとのことで、
現在は7~8割が新着物件、2~3割が管理物件という割合になっています。

 

印刷したチラシは6枚1組にして、手作りの表紙をつけて冊子にしていきます。
ファミリーとシングル、それぞれ3冊ずつ用意するのが基本だそうです。

 

 

表紙にはA4サイズの厚紙を使い、二つ折りにしてチラシを挟んで冊子にします。
上図は遠藤社長にいただいた7月の表紙(スペースの都合で小さくしています)。
月ごとにイラストを変えて、変化や季節感などを出す工夫をするだけでなく、
スマホサイトやLINE@のQRコードも印刷して、反響を促すようにもしています。

 

表紙に変化があると新しい物件が紹介されている期待感につながるし、
手作りの温かみも伝わって、手に取ってもらいやすくなりますね。

 

 

出来上がった冊子は店頭に置いて、自由に持っていけるようにしてあります。

 

3冊おいた在庫が残り1冊になったら、同じものを印刷して補充したり、
新着のおすすめ物件数によっては、新たに3冊入れ替えるなどして、
在庫はもし残っていても、4~5日を目安に交換しているそうです。

 

ただ毎回、必ずしも冊子全物件を入れ替えるわけではなく、
おすすめしたい物件を前週のチラシから抜き取って用紙を再利用をしたり、
また取り下げた冊子も「いずれだけど相場だけ知りたい」「ひとまず資料を」
という感じで飛び込みでふらっと来店された方に渡したりすることも。

 

例えば接客中の場合、図面を1枚印刷するのも大変ですが、
手元にある冊子を渡すことで時間短縮になり、接客中のお客様を待たせず、
また来店した方にも邪険な印象を与えず対応することができます。

 

 

チラシの効果

 

お客様がよく店頭で冊子を手にしてチェックする姿を見かける他、
冊子を手に入店される方もいて営業ツールとして役立っているそうです。
繁忙期は半日で全てなくなることもあり、マメに在庫確認もすることも。

 

 

また、チラシを見ているお客様には年配の方も多く、通りすがりに手にとって、
そのままチラシを持って店内に入ってくる場合もしばしばあるそうです。
遠藤社長にチラシを持ち帰るお客様のだいたいの比率を聞いてみたところ、
「ネットを見ていない率は半分くらいだと感じています」と仰っていました。

 

手間はかかりますが、こうしたアナログな努力もやはり大切ということですね。

 

 

いかがでしたか?

 

@dreamから出した1枚のチラシはどのユーザー様も同じ「チラシ」ですが、
ひと手間かけた独自の工夫をすることで、効果的な営業ツールになりますね。
作りっぱなしにしない、定期的に続けているという点も大事なポイントです。

 

当ブログで活用例を伺ったどのユーザー様にも必ず共通しているのは、
こうする、このルールでやる、と決めたらブレずに続ける」ということ。

 

忙しくて時間がなかったり、面倒に思う時だってあると思いますが、
それを乗り越えて絶対に続けるからこそ、効果につながるんですね!

 

本企画の趣旨に賛同いただき、快くデータ協力をいただきました
南部不動産 遠藤社長、どうもありがとうございました!

 

@dream道は大好評につき、不定期連載としてまだまだ続きます!!

 

 

 

@dream道~御社のProgre見せてください!(藤建企画編)

@dream道 御社のProgre見せてください

 

@dreamのちょっとしたアノ部分、他社がどう使っているのか気になりませんか?

 

業務の中で完結する機能は表に出ない分、スポットを浴びる機会が少ないけれど、
実は@dream使いこなしという意味では欠かせない「キモ」だったりするんです!

 

今回は、2017年@dream大賞を受賞した東京都調布市の株式会社藤建企画様に
ご協力をいただき、事例発表でもお話しのあったメール活用についてご紹介します。

 

 

■ステップメール活用

 

藤建企画の久野社長は、メール営業を非常に重視されています。

 

”ただ希望条件登録をしてくれただけでは契約率は5%だが、
電話なり来店なり見学なりしてくれた途端に95%になる”

 

と事例発表の中で仰っていて、そこをつなぐ手段のひとつとして、
@dreamのステップメールを活用したメール営業を行っています。

 

【原稿管理】

ステップメールで送る原稿がセットされています。

 

長いメールだと続けて読んでもらえなくなるかもしれないため、
スマホも意識して短めに。「ついでに読める」ような原稿にしているそうです。

 

住宅ローンや事前審査の申込のこと、契約までの流れや諸経費のこと。
賃貸と購入どちらがいいかや、頭金やローン金利のことなどが書かれています。
毎回、お客様が興味を持つネタを仕掛けることで、新たな反応を促す作戦です。

 

【シナリオ管理】

原稿をネタごとにまとめて複数のシナリオにして、それぞれ配信されています。

 

希望条件登録をしたお客様に、1ヶ月ほど毎日送るようにしているそうです。
お客様は他の会社にも問い合わせているもの。他社よりも自社の印象を強め、
藤建企画のホームページを見るのを習慣化してもらうのが最大の目的とのこと。

 

【配信スケジュール】

配信設定をしたお客様には選んだシナリオが、指定した間隔で送られます。

 

原稿とシナリオの組み合わせで、30通のステップメールを送っているとのこと。
どこかの仕掛けを踏んでくれれば・・そういうチャンスを30回作っているんですね。

 

実際、他社で見つけた物件を送って来たり、住宅ローン相談会に来たり、
案内予約をくれるなど、ステップメールから反応があったお客様とは、
その後、個別メールでのやりとりをして、追客していくそうです。

 

ステップメールの詳細はテクニック集でご確認ください。

 

 

■一括メール活用

 

個別メールでやりとりをする間も、新着物件が出ればマッチングメールを。
また新しいニュースや町情報なども、定期的に一括メールで配信されています。

 

【メールひな形署名設定】

色々なパターンの一括メールひな形が、あらかじめ作られています。

 

一括メールの詳細はテクニック集でご確認いただけます。

 

 

一括メールやメルマガのひな形を作るだけでなく、定期的な配信をしっかり行うこと。
そして、反応のあるなしに限らず、ずっと同じ熱量でメールを送り続けていくこと。

 

やっぱりこれが「メール営業」「メール追客」の基本であり真髄なんですね。
面倒がらずにやることで、結果も必ずついてくるのだと改めて思いました!

 

本企画の趣旨に賛同いただき、快くデータ協力をいただきました
株式会社藤建企画 久野社長。どうもありがとうございました!

 

@dream道は大好評につき、不定期連載としてまだまだ続きます!!

 

【皆さまへのお願い】

今回はメール追客や、やり続けることの大切を皆さんにお伝えしたく、
営業のキモとなる踏み込んだ部分まで掲載協力をいただいたものです。

メールはその会社の財産です。真剣に対応するには手間もかかります。

どうか無断で希望条件登録などされませんようお願いいたします。