Googleマイビジネスのインサイトを確認して運用を見直そう

 

来店型ビジネスにおいて運用が必須となりつつあるGoogleマイビジネス。
情報を登録して運用を始めたら、インサイトという機能を使って、
自社のビジネスがどのくらい見られているのか、どう見られているのかなど、
定期的に確認して、運用や改善へのヒントとして役立てていきましょう。

 

Googleマイビジネス>インサイト

 

 

ユーザーがあなたのビジネスを検索した方法

 

「ユーザーがあなたのビジネスを検索した方法」の部分では、
自社のビジネスが検索された回数と検索した方法を見ることができます。

 

 

初期状態では「1か月」にビジネスが検索された回数が表示されています。
右側の「直接」「間接」「ブランド名」をクリックすると検索方法毎に確認できます。

 

●直接検索

 

直接検索は、店舗名や住所での検索のこと。「○○不動産」「○○不動産+××市」
といった検索が、直接検索としてカウントされます。(○○は会社名)
直接検索が多いということは、知名度が高いことにつながります。

 

●間接検索

 

間接検索は、提供している商品やサービスやカテゴリで検索したもの。
「○○市+不動産」「近くの不動産会社」などが間接検索としてカウントされます。
間接検索は「目的を持って探している」検索なので、一定の割合をキープする、
検索数を増やすことを考えて、Googleマイビジネスの運営をしてきましょう。

 

マイビジネスの情報はもちろん、投稿機能を使ってキーワードをちりばめる他、
口コミが集まって返信をしていけば、自然に検索に関わる語句も増えていきます。

 

●ブランド名検索

 

ブランド名検索は、ブランド名やビジネスと関連のある賞品・サービス名で検索したもの。
「近くのマクドナルド」のようにブランド力がある場合は例として分かりやすいですが、
不動産会社などでは「不動産屋」「不動産業者」といった大きなカテゴリで検索された結果、
ビジネスが表示されると「ブランド名」としてカウントされる場合があるようです。

 

 

ビジネスの検索に使用された検索語句

 

ユーザーがビジネスを見つけるために使用した検索語句を確認することができます。

 

 

ローカル検索で使われた語句が1週間、1ヶ月、四半期単位で確認できます。
適切な、あるいは想定しているキーワードや語句で見つけてもらえているか、
意外な語句で検索されていないか、と言ったことを確認してみましょう。

 

検索された語句を自然に上手く活用して投稿を作成したり、
関連性を高めるため自社サイトやブログなどで取り入れるのもいいかもしれません。

 

 

ユーザーがビジネスを見つけた Google サービス

 

ユーザーがビジネスを見つける際に利用したGoogleサービスと表示数が確認できます。

 

 

「Google検索」と「Googleマップ」それぞれを確認することができます。

 

 

表示をオフにしたい方をクリックして、それぞれを確認することができます。
またデータにカーソルを合わせると、詳細な回数を確認することもできます。

 

 

カウントはユーザー単位で行われるので、Google検索してマイビジネスをクリック、
そこからGoogleマップに遷移しても、表示回数は「1」となります。

 

マップでの表示回数を合計表示回数で割ると、クリック率を出すことができます。
クリック率が低い場合、表示されているのにクリックされていないことになるので、
写真を追加したり、口コミを増やすなどの対策を考えることができます。

 

 

ユーザーの反応

 

ユーザーがビジネスを見つけてからどんな反応をとったかが確認できます。

 

 

●ウェブサイトへのアクセス

Googleマイビジネスからウェブサイトをクリックした数。

 

●ルートの検索

Googleマイビジネスの「ルート」から店舗までのルートを表示した数。
こちらはユーザー数ではなく、クリック数がカウントされます。

 

●電話をかけた数

マイビジネスの電話番号にからスマホで電話された数。

 

 

ルートのリクエスト

 

ユーザーがルート検索をした地域とその数が表示されます。

 

 

どのエリアから検索されているのか、あるいは商圏の範囲など確認することができます。
前述のユーザーの反応「ルートの検索数」とは違い、このカウントはユーザー数です。

 

 

写真の閲覧

 

写真の閲覧では、マイビジネス内の写真の閲覧数(オーナー登録・ユーザー投稿)と、
同業他社(同じカテゴリ)平均閲覧数との比較を確認することができます。

 

 

上図では、お客様(自社マイビジネス)が1.3万回に対し、同業他社の平均は2098回
であることが分かります。閲覧数が多ければ多いほどユーザーの関心が高いと言えますし、
逆に閲覧数が少ない、同業他社平均より明らかに低い場合は、興味を惹くような写真を
積極的に増やすといった対策が必要です。

 

 

Googleマイビジネスの左メニュー「写真」で、写真毎の閲覧数が確認できます。
閲覧数の多い写真はユーザーの関心や興味が高いと考えられるので、
特に顧客が投稿した写真でそうしたものがある場合は、オーナーの投稿として、
同じような写真をアップしておくのもよさそうです。

 

 

写真の枚数

 

マイビジネス内の写真の投稿枚数と、同業他社の平均枚数を確認できます。

 

 

他社平均と比べて写真の枚数が明らかに少ない場合、興味を持ってもらえそうな写真を
増やす必要があるということが確認できます。写真の多さでクリック率は変わりますし、
クリックされた後の滞在時間を得るためにも、興味を惹く写真は多い方がよさそうです。

 

Googleマイビジネス活用のポイントをまとめてみました
Googleマイビジネス活用のポイントをまとめてみました
ブロック勉強会などでもよく話題に出る「Googleマイビジネス」。 以前、当ブログでも口コミについてご紹介しましたが、もう登録はお済みですか?
2018-08-31 15:00

 

 

Googleマイビジネスのインサイトを確認して運営を見直そう まとめ

 

Googleマイビジネス インサイトの見方と簡単な活用のポイントをお伝えしました。

 

来店型ビジネスではGoogleマイビジネスの運営が必須と言われるようになり、
最近では投稿機能や口コミ、写真など力を入れて活用するところも増えています。

 

ローカル検索(地図検索)や今後の音声検索にも欠かせないGoogleマイビジネス。
これからもずっと継続して多くのユーザーに自社を見つけてもらうために、
インサイトのデータも確認して、情報の最適化や活用をしていきましょう。

 

 

 

 

 

口コミをもらうには手間をかけさせない工夫も必要!

 

今年度のブロック勉強会でもトピックに上がっているGoogleマイビジネス。
「口コミの数」と「評価の高さ」も重要な要素になっているということで、
口コミの集め方や返信の仕方についてもディスカッションされています。

 

口コミは「お客様が自発的に書いてくれて」少しずつ増えるのが理想ですが、
待っているだけでは(数が少ないうちは特に)思うように集まらないもの。
そこで成約したお客様などに、口コミのお願いすることになるわけですが、
口コミを投稿するのは、その画面を出すまでが意外と面倒だったりします。

 

Googleで自社名検索してもらい、Googleマイビジネスを見つける。
そして「口コミ」をクリック。スマホならさらに下へスクロールして・・
口コミはスマホから投稿することも多いので、これではちょっと大変。

 

投稿の仕方を知っていてもめんどくさい⇒「あー後でやっときますね!」
知らないとたどり着けない⇒「入れてあげたいけど分からないからいいか」

 

となってしまったらもったいない!

 

お客様に出来るだけ手間をかけさせないよう準備しておくのがベストです。
そこで今回はQRコードで直接、口コミ投稿ページを開く方法をご案内します。

 

 

QRコードから口コミ投稿ページを開く

 

まずはQRコードから自社の口コミ投稿ページが開く状態を確認してみましょう。

 

【サンプル】

スマホで下記のQRコードを読み取ると・・・

 

リングアンドリンクの口コミ投稿ページに遷移します。

※Googleにログインしていないと投稿ページは開きません。(口コミ投稿にはログインが必要なため)

 

 

プレイスIDを取得してQRコードを作成

 

まずは Place ID Lookup Tool を使って、プレイスIDを取得しましょう。

 

「Enter a location」にビジネス名を入力、候補から正しいものを選択します。
(ビジネス名はGoogleマイビジネスに登録している会社・店舗名)

 

ビジネスを登録した場所に移動し、Place IDが表示されました。

 

Place IDをコピーします。

 

下記の URL にコピーしたPlace ID を追加してリンクを作成します。

https://search.google.com/local/writereview?placeid=<place_id>

 

リングアンドリンクの場合はこのようになります。

https://search.google.com/local/writereview?placeid=ChIJUxVzIYvnGGARCr68G6Ogg7Y

※パソコンの場合はこのリンクURLを送れば、直接、投稿ページを開いてもらえます。

 

 

スマホ用として、作成したリンクURLを使ってQRコードを作成します。

 

QRコード作成サービスでリンクURLを挿入。画像を作成します。

 

任意の場所に保存して、口コミ集めに活用していきましょう。

 

 

QRコードを印刷しておき、お客様に投稿をお願いする時に渡すとよさそうですね。
丁寧なお願いの言葉も添えるなど、自社なりの工夫をするのもよいかもしれません。

 

 

口コミをもらうための工夫まとめ

 

お客様に余計な手間をかけさせず、口コミ投稿をお願いする方法をご案内しました。
こうした工夫や配慮をすることは「丁寧で行き届いている」「相手の立場を考える」
という印象も与えるため、ただお願いするよりずっと効果があると思います。

 

口コミは数が増えてくると、自然発生でもつきやすくなっていきますし、
バンドワゴン効果(人気のあるもの、評価されているものに惹かれる)も得られ、
Googleの評価だけでなく、反響面での恩恵も期待できるようになります。
時間はかかりますが、リアルな口コミを地道に増やす努力をしていきましょう

 

※自作自演や、やらせ口コミはGoogleのガイドラインで禁止されています。
Googleは投稿者のIPアドレスやアカウント、投稿頻度を見ていると言われるので、
きっとバレます。不正はもちろん、不自然な投稿などもしないようにしましょう。
また口コミのお礼に謝礼を渡すことも禁止されているので合わせてご注意ください。