Googleマイビジネスに登録して、実際に活用している方が増えてきました。

 

色々なユーザー様の会社名で検索して、高評価な口コミがついているのを見たり、
アピールがうまく書かれた説明が入っているのを見ると「すごい!」と思う反面、
入力や修正をした方がよさそうな項目があるケースもチラホラ見受けられます。

 

もし気づいていなかったり、忘れているんだとしたらもったいない!

 

そこで今回は改めてGoogleマイビジネスの基本情報についておさらいしたいと思います。

 

 

基本情報の入力のポイント

 

編集を行うにはマイビジネスにログイン⇒管理するページを選択⇒「情報」を開きます。

 

 

○住所

町名や番地はもちろん、ビルなどに入っている場合は建物名や所在階まで入れます。
ホームページ上の表記と書き方を揃えておく方がよいとも言われています。

 

○営業時間

曜日単位で、営業時間と営業日または定休日を登録しておきましょう。
検索時に「営業中」「定休日」などの情報が一目で分かるよう表示されます。

 

○特別営業時間を追加

年末年始やGW、盆休みなどの連休や通常以外の定休日や営業時間が登録できます。

 

例えば、年末年始などの休みを登録したい場合、「新しい営業日を追加」から
休みにしたい日を1つずつ追加して、それぞれ「定休日」に設定します。
登録するのが少し面倒かもしれませんが、営業時間と同じく表示されるので、
長期休暇の場合はしっかり入れておく方がよいと思います。

 

 

登録すると編集画面に表示されますが、反映まで時間がかかります。

 

○電話番号

マイビジネスはマップ検索(ローカル検索)に関わるので地域が大切です。
ここでの電話番号は、フリーダイヤル0120やIP電話050のものではなく、
地域を表す市外局番の入った電話番号を入れるようにしましょう。

 

 

○ウェブサイト

ホームページのURLを入れます。常時SSLにした方はhttpsのURLに変更を。

 

○面会予約のURL

お問合せフォームのURLを入れておくのがよいでしょう。
また常時SSL化した場合、このURLこそ変更を忘れずにしておきましょう。

 

Canonetユーザー様が常時SSL化する前のお問合せフォームURLのままだと、
リンク部分に自社ドメインではなく、共有SSLのドメインが表示されてしまいます。

 

きちんと常時SSL化した問合せフォームURLが入っていると、
このように自社ドメインで表示されるので違和感がありませんよね。

 

 

https://fc.canonet.ne.jp/自社ドメイン/cf_cgi2/yoyaku.htm(例)

 

「fc.canonet.ne.jp/」の部分を取ったURLに修正しておくことをおすすめします。

 

この状態のユーザー様が意外と多いのと、まだ予約URLを入れていないケースも
まま見受けられますので、この機会にあらためて確認してみてください。

 

○説明文

会社の説明や特徴など、ユーザーが参考にできるような情報を入れます。

全角375文字、半角750文字まで。URLやHTMLの記入は禁止されています。
スマホではPCより短く表示されるので、前半に大事な説明を入れるといいですね。

 

説明文も入っていない会社が少なくないので、ぜひ登録しておきましょう。

 

 

検索画面での見え方

 

マイビジネスに登録した情報は、Googleマップ検索やGoogle検索時に表示されます。

 

※今回も前回に引き続き、グレイス不動産様に協力いただきました

赤枠内はナレッジパネルといい、会社名が特定できる場合に表示されます。
同名の会社がある場合などは、エリア+会社名で検索すると確認できると思います。

 

基本情報をしっかり登録した上で、投稿機能を活用したり口コミが集まってくると、
情報がぎっしり広いスペースに表示されて、検索画面でものすごい存在感に! 

 

お客様目線で考えると情報が少ない会社より断然、選ばれやすくなるはずです。

 

 

マイビジネス基本情報まとめ

 

Googleマイビジネスもホームページ同様、情報の充実がとても大切!!
なぜなら検索される内容と関連性が高い方が、より有利になるからです。

 

必要な情報はしっかり入れる、必要があれば情報をきちんと更新する

 

基本情報を充実させて、写真や投稿機能、口コミ管理などもぜひ活用してください。

 

金丸信一オンラインセミナーやブロック勉強会で話題に出ている「Googleの口コミ」。 スコアの高い口コミが多ければ、実際に選んでもらえる可能性が
2020-01-09 00:00

 

ブロック勉強会などでもよく話題に出る「Googleマイビジネス」。 以前、当ブログでも口コミについてご紹介しましたが、もう登録はお済みですか?
2020-01-09 00:00

 

 

鬼頭社長 今回も画面提供のご協力ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度のブロック勉強会でもトピックに上がっているGoogleマイビジネス。
「口コミの数」と「評価の高さ」も重要な要素になっているということで、
口コミの集め方や返信の仕方についてもディスカッションされています。

 

口コミは「お客様が自発的に書いてくれて」少しずつ増えるのが理想ですが、
待っているだけでは(数が少ないうちは特に)思うように集まらないもの。
そこで成約したお客様などに、口コミのお願いすることになるわけですが、
口コミを投稿するのは、その画面を出すまでが意外と面倒だったりします。

 

Googleで自社名検索してもらい、Googleマイビジネスを見つける。
そして「口コミ」をクリック。スマホならさらに下へスクロールして・・
口コミはスマホから投稿することも多いので、これではちょっと大変。

 

投稿の仕方を知っていてもめんどくさい⇒「あー後でやっときますね!」
知らないとたどり着けない⇒「入れてあげたいけど分からないからいいか」

 

となってしまったらもったいない!

 

お客様に出来るだけ手間をかけさせないよう準備しておくのがベストです。
そこで今回はQRコードで直接、口コミ投稿ページを開く方法をご案内します。

 

 

QRコードから口コミ投稿ページを開く

 

まずはQRコードから自社の口コミ投稿ページが開く状態を確認してみましょう。

 

【サンプル】

スマホで下記のQRコードを読み取ると・・・

 

リングアンドリンクの口コミ投稿ページに遷移します。

※Googleにログインしていないと投稿ページは開きません。(口コミ投稿にはログインが必要なため)

 

 

プレイスIDを取得してQRコードを作成

 

まずは Place ID Lookup Tool を使って、プレイスIDを取得しましょう。

 

「Enter a location」にビジネス名を入力、候補から正しいものを選択します。
(ビジネス名はGoogleマイビジネスに登録している会社・店舗名)

 

ビジネスを登録した場所に移動し、Place IDが表示されました。

 

Place IDをコピーします。

 

下記の URL にコピーしたPlace ID を追加してリンクを作成します。

https://search.google.com/local/writereview?placeid=<place_id>

 

リングアンドリンクの場合はこのようになります。

https://search.google.com/local/writereview?placeid=ChIJUxVzIYvnGGARCr68G6Ogg7Y

※パソコンの場合はこのリンクURLを送れば、直接、投稿ページを開いてもらえます。

 

 

スマホ用として、作成したリンクURLを使ってQRコードを作成します。

 

QRコード作成サービスでリンクURLを挿入。画像を作成します。

 

任意の場所に保存して、口コミ集めに活用していきましょう。

 

 

QRコードを印刷しておき、お客様に投稿をお願いする時に渡すとよさそうですね。
丁寧なお願いの言葉も添えるなど、自社なりの工夫をするのもよいかもしれません。

 

 

口コミをもらうための工夫まとめ

 

お客様に余計な手間をかけさせず、口コミ投稿をお願いする方法をご案内しました。
こうした工夫や配慮をすることは「丁寧で行き届いている」「相手の立場を考える」
という印象も与えるため、ただお願いするよりずっと効果があると思います。

 

口コミは数が増えてくると、自然発生でもつきやすくなっていきますし、
バンドワゴン効果(人気のあるもの、評価されているものに惹かれる)も得られ、
Googleの評価だけでなく、反響面での恩恵も期待できるようになります。
時間はかかりますが、リアルな口コミを地道に増やす努力をしていきましょう

 

※自作自演や、やらせ口コミはGoogleのガイドラインで禁止されています。
Googleは投稿者のIPアドレスやアカウント、投稿頻度を見ていると言われるので、
きっとバレます。不正はもちろん、不自然な投稿などもしないようにしましょう。
また口コミのお礼に謝礼を渡すことも禁止されているので合わせてご注意ください。