Googleアナリティクスでサイト内ブログを除外して見る方法

 

サイト内ブログを始めると、サイト全体のアクセスは増える傾向があります。

 

その数字はもちろんGoogleアナリティクスにも反映するので、セッション数や
ユーザー数、PV(ページビュー)数、直帰率なども大幅に変わってきますし、
ランディング(閲覧開始)ページはブログばかりになるケースも出てくるため、
本来のホームページがどういう状況なのか見えづらくなってしまいます。

 

どこが良くて何を改善すべきか正しく分析するために、
ブログの数値を除外して、サイト本来のデータが見られるようにしましょう。

 

 

ブログの数値を除外するための設定

 

Googleアナリティクスにログインして、ブログの数値を除外する設定を作ります。

 

1、ユーザー>概要から「ユーザーサマリー」を開き、「セグメントを追加」をクリックします。

 

 

2、「新しいセグメント」をクリックします。

 

 

3、「条件」をクリックして「ページ」を選択します。

 

 

4、「除外する」を選択、除外したいブログのディレクトリ名を入力、セグメント名を付けて「保存」。

 

【除外したいブログのディレクトリ名について】

WordPressのブログ記事を開いた時のURLを確認してください。
ブログの運用やひな形の仕様により、入力するディレクトリ名は異なります。

 

(当社ひな形の例)

  • A、xxx.co.jp/wp/blog/○○○○○(ブログタイトルや数字など)
  • B、xxx.co.jp/wp/blog/カテゴリ名/○○○○○○(ブログタイトルや数字など)
  • C、xxx.co.jp/wp/カテゴリ名/○○○○○(ブログタイトルや数字など)

 

AとBのように「blog」が入っている場合は、ディレクトリ名は「blog」になります。
除外したいディレクトリ名に「/blog/」と入力して「保存」で設定完了です。

Cのようにwpの後ろがすぐ「カテゴリ名」になっている場合は下記の手順で
「カテゴリ名」の部分を全てフィルタに追加する必要があります。

 

「フィルタを追加」して、3~4の作業をカテゴリの数だけくり返します。

 

追加するカテゴリ名は、Wordpress管理画面のブログ>カテゴリー で確認できます。

名前のところに入っているカテゴリ名(上記の場合「/インテリア/」など)。
スラッグを設定している場合は各スラッグ(上記の場合「/interior/」など)を入力していきます。

 

必要な設定をしたら、4の手順どおりセグメント名を付けて「保存」して完了です。

※後日、カテゴリーを追加した場合は同じ作業が必要になります。

 

 

ブログを除外したデータの見方

 

設定したセグメントを呼び出します。

 

1、ユーザー>概要から「ユーザーサマリー」を開き、「セグメントを追加」をクリックします。

 

 

2、「カスタム」から設定したセグメントを選択して「適用」します。

 

 

ブログを除外したデータが表示されました。オレンジの部分が本来のサイトのデータです。

 

 

ランディングページなどは、除外したデータだけで見る方が分かりやすくなります。

 

「すべてのユーザー」セグメントを「削除」します。

 

「すべてのユーザー」に戻す場合は「日記を除外」のセグメントを削除します。

 

 

まとめ

 

セグメントを設定しておけば、簡単に本来のデータを確認することができます。

 

今いまの反響に直結しているのは商品を扱っているホームページ本体なので、
本来のデータを見たらがっかりしてしまう時もあるかもしれませんが、
現状をしっかり把握して、必要な対策を行っていくことが大切だと思います。

 

サイト内ブログはファンを作ってサイトへの流入を促すことが目的なので、
ブログのアクセスが多い、増えるということ自体はとてもいいことです。
先々の反響につなげるため、定期的な更新もがんばって続けていきましょう。

 

 

 

今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう

 

2018年も残すところあとわずか。今年は常時SSL化やモバイルファーストインデックス、
スピードアップデート、あるいはGoogleマイビジネスでのローカル検索対策といった
様々なSEO関連の話題がブロック勉強会などで取り上げられ、力を入れてきた1年でした。

 

それぞれの詳細については、本ブログの各記事でもご紹介してきましたが、
今回はもっと根本的な「Googleの評価基準」についてお伝えしたいと思います。

 

検索結果を決めるアルゴリズムのアップデートは定期的に行われていますが、
その基準となる概念や意図はぶれないので、一度きちんと確認しておきましょう。

 

 

Googleの検索品質評価ガイドライン

 

Googleは定期的に「ユーザーに有益で質の高いサイトを検索結果に表示できているか」
外部の評価者を採用してチェックしているのですが、その際の基準として配られるのが
General Guidelines」で、日本語では「検索品質評価ガイドライン」と呼ばれます。

 

このガイドラインには、Googleがどのような考えや基準に沿ってサイトを評価し、
検索結果に反映させているかという意図や方向性が具体的に掲載されています。

 

General Guidelines は英語の上、数も膨大なのですべて理解するのは困難ですが、
現在のガイドラインが2018年7月に大幅更新されていることもありますので、
とにかく重要と言われる大きな部分をいくつかご紹介しておきたいと思います。

 

 

E・A・T

 

E・A・Tとは、Googleが求めている3つの頭文字を取ったものです。

 

  • Expertise(専門性があること)
  • Authoritativeness (権威があること)
  • TrustWorthiness (信頼できること)

 

質の高いコンテンツを構成する要素として、以前から言われているものですが、
最新のガイドラインでは E・A・T の記載が増え、より重視される方向になりました。

 

3つの単語を見ると堅苦しくて少し難しく感じますが、まずは専門性の部分。

 

不動産会社であれば、不動産の分野について詳しく掘り下げたコンテンツを持って、
不動産についてできるだけ専門性のあるサイト運営をするのが大事ということです。

 

たとえば「取引きの流れ」「よくある質問」「用語の解説」「成約事例」といった
専門的な知識を必要とするコンテンツを作ったり、分かりやすく詳しくするなど。

 

そして専門性が高まれば「このサイト(企業・人)が言うなら間違いない」という
権威性がついてきますし、支持が集まることでさらに信頼性も増していきます。

 

SEO対策として「コンテンツの質と量」を考えるのが大切と言われていますが、
コンテンツを見直して質を上げたり、コンテンツを増やすことを考える際には、
この「E・A・T」の、特に「専門性」の部分を意識してみるといいと思います。

 

 

YMYL

 

YMYLとは「Your Money, Your Life」の略で、お金や健康、将来の幸せや安全など
人生に影響する記事をGoogleは「YMYL(あなたのお金や人生)」と呼んでいます。

 

YMYLが該当するのは、医療や健康、金融や行政、法的な情報など、
人の人生やお金に大きな影響を与える可能性の高いページのことで、
GoogleはYMYLに該当するページは「品質が特に重要」と言っています。

 

不動産会社のサイトがYMYLにどの程度、該当するのかはわかりませんが、
ユーザーの人生に関わる大きな買い物の入り口ページとなりうるでしょうし、
税金や法律が関わってくることを考えると、意識しておく必要がありそうです。

 

E・A・T(専門性、権威性、信頼性)とかぶってくる部分もありますが、
たとえば自社で作成したコンテンツ1ページから、物件ページ1枚から、
「正確で有益な信頼できる情報」の提供を、常に心がけていきましょう。

 

 

Googleの検索品質評価ガイドラインまとめ

 

今回は、何をどうする、どこをこうするといった細かなSEO対策ではなく、
Googleの検索品質評価ガイドラインから、特に重要とされる部分をお伝えしました。

 

SEO対策は、たとえば「Titleやdescriptionをしっかり入れましょう」といった
最低限のやるべきポイントは引き続き、押さえておく必要があると思いますが、
それ以上に、今後は「サイト全体の品質」が大事になってくるということです。

 

またガイドラインには、「ウェブサイトの評判」も重要だと書かれています。
Googleはその会社のウェブサイトからだけでなく、Googleマイビジネスや
ユーザーの口コミ、第三者サイトやページからも情報を得ていますので、
「サイト全体の品質」を上げることで、評判への効果も期待できそうです。

 

Googleに対してでなく、ユーザーへの貢献を第一に考えたサイト運営を行って、
より正確で、より詳しく、より新しい有益な情報の配信に努めていきましょう。

 

今後も検索結果に表示されるために、最も気にしてほしいのはこのことです。