Googleアナリティクスでユーザーの年齢や性別を確認してみよう

 

Googleアナリティクスでは「新規とリピーター」や「PCとモバイル」など、
サイトに訪問したユーザーの状況について確認することも多いと思いますが、
実は「年齢」や「性別」も把握することができるのをご存知ですか?

 

今回はユーザー属性(年齢・性別)のレポートを利用するための設定と、
レポートの見方やサイト改善に役立てる考え方についてお伝えします。

 

 

広告レポート機能を有効にする

 

「年齢」や「性別」などのユーザー属性を収集するための設定を行います。

 

アナリティクスにログイン>「管理」>「プロパティ設定」

 

「ユーザー属性レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」をオンにします。

未設定の場合は「オフ」になっているので、クリックして「オン」にします。
忘れずに「保存」して、次の設定を行ってください。

 

「ユーザー」>「ユーザー属性」>「概要」>「有効化」ボタンをクリックします。

 

以下のような画面になれば設定完了です。

※設定が反映して、実際にデータ収集されるまでには一定の時間がかかります。

 

 

ユーザー属性の見方とサイト改善に役立てる考え方

 

データ取得が出来るようになったら「年齢」「性別」を確認してみましょう。

 

「ユーザー」>「ユーザー属性」>「概要」  それぞれの分布が表示されます。

 

詳細を確認するには「年齢」をクリックします。

 

詳細レポートが表示され、年齢層ごとのセッションや行動を確認することができます。

 

  • 想定しているターゲットと大きなズレはないか
  • 実際にサイトに訪れているのはどの年齢層か

 

まずはこうしたことを確認して、問題や課題はないか考えてみましょう。

 

たとえば、若いファミリー世代をターゲットにサイト運営しているつもりでも、
その年齢層の直帰が高ければ、何かしらの改善が必要ということになりますし、
想定外の世代が多ければ、工夫次第ではもっと集客を増やせるかもしれません。

 

「ユーザー」>「ユーザー属性」>「概要」 >「性別」

 

「性別」もレポートの見方や考え方は同じです。自社の割合がどうなっているのか?

 

たとえば女性が多いから、女性目線のコンテンツや情報をさらに強化するのか、
あるいは男性のアクセスを増やすために対策するのか、などが考えられますね。

 

また「female(女性)」「male(男性)」をクリックすれば、性別ごとの年齢も見られます。
年齢×性別で特定の偏りがあれば対策もまた異なってきます。合わせて確認しておきましょう。

 

ちなみに、これらデータは閲覧者のブラウザのCookieから取得されているため、
実際と100%一致するものではありませんが、参考値として役立てていきましょう。

 

 

ユーザー属性のまとめ

 

ユーザー属性を確認するための設定とレポートの見方をお伝えしました。

 

「新規とリピーター」や「PCとスマホ」の割合を確認するのと同じで、
ユーザーの状況を把握することで、サイト運営の方向性を確認することができます。

 

簡単に設定できますし、データ取得まである程度の時間もかかるので、
サイト改善に活用したい場合は、ぜひ早めに設定してみてくださいね。

 

なお、サイト内ブログを設置している方は、ユーザー属性を見る時も
ブログのデータを除外して確認することをお勧めします。

 

Googleアナリティクスでサイト内ブログを除外して見る方法
Googleアナリティクスでサイト内ブログを除外して見る方法
サイト内ブログを始めると、サイト全体のアクセスは増える傾向があります。 その数字はもちろんGoogleアナリティクスにも反映するので、セッション数や ユ
2019-01-17 16:00

 

 

 

 

SSL化したらやっておきたいGoogleアナリティクスの設定

 

常時SSL(https)対応を完了したユーザー様がずいぶん増えてきました。
URLに鍵マークがついて安全なサイト運営ができるようになったら、
忘れずやっておきたいのがGoogleアナリティクスの設定変更です。

 

すでに対応済みの方も多いと思いますが、今回はサーチコンソールの設定変更も
あわせてご紹介しますので、ご利用されている方はあらためて確認してみてください。

 

 

Googleアナリティクスの設定変更

 

SSL化するとURLが「https:/~」に変わるので、設定変更する必要があります。
「プロパティ設定」と「ビュー設定」2ヶ所でURLの変更を行ってください。

 

○プロパティ設定

Googleアナリティクスにログイン>歯車アイコン>プロパティ設定

 

デフォルトのURLを「https://」に変更>画面下部の「保存」

 

○ビュー設定

歯車アイコン>ビュー設定

 

ウェブサイトのURLを「https://」に変更>画面下部の「保存」

 

Googleアナリティクスの設定変更は完了です。
サーチコンソールを利用している場合は、SSL化したURLの登録も行ってください。

 

※サーチコンソールはGoogle 検索結果でサイトのパフォーマンスを
監視・管理できるGoogleの無料ツールです。ご利用になる場合は登録が必要です。

▼@dreamテクニック集 Google Search Consoleの登録方法

 

 

サーチコンソールの設定変更

 

サーチコンソールを利用している場合は、SSL化したURLを登録しなおす必要があります。

 

サーチコンソール>「プロパティ追加」

 

SSL化したウェブサイトのURLを入力>「追加」

 

サイト所有権を確認する画面が表示されます。

 

おすすめの方法ほか、別の方法が表示されるので確認しやすい方法で行ってください。

 

 

以前からサーチコンソールを利用していてGoogleアナリティクスと連携済みの場合は、
「Googleアナリティクス」で確認することもできます。

 

所有権が確認されました>「続行」

 

サーチコンソールにSSLした「https://~」URLを追加することができました。

 

※元々の「http」のプロパティは削除せず、しばらく残しておくことをお勧めします。

 

 

Googleアナリティクスとの連携

 

SSL化した「https://~」に設定変更したGoogleアナリティクスのデータと、
所有権の確認が完了したサーチコンソールの連携も忘れずしておきましょう。

 

※元の設定状態により、一部手順が異なる場合があります。

 

Googleアナリティクスログイン>歯車アイコン>プロパティ設定

 

プロパティ設定ページ内>「Search Consoleを調整」をクリック

 

Search Consoleの設定>「追加」をクリック ※「削除」の場合は後述します

 

「https://~」のURLを選択>「保存」します。

 

確認画面>「OK」

 

Googleアナリティクスとの連携は完了です。

 

○Search Consoleの設定で「削除」となっている場合

「http」で設定していた連携を削除してから「https://~」を追加する必要があります。

 

Search Consoleの設定>「削除」

 

「削除」をクリック

 

確認画面>「OK」

 

最初の手順どおり「Search Consoleを調整」から「追加」してください。

 

 

まとめ

 

SSL化した「https://~」のサイトで正しいデータを取得していくために必要な設定です。
Googleアナリティクスやサーチコンソールを利用している方はしっかり確認しておきましょう。