Googleアナリティクス「データ保持」設定は5月25日までに

 

2018年5月25日からGoogle アナリティクスの「データ保持」設定が有効になります。

 

Googleアナリティクスのデータ保持期間はデフォルトで26ヶ月となっているため、
「データ保持」設定を行わないと、27ヶ月以前のデータが消える可能性があります。

 

 

Googleアナリティクスの画面に表示が出て、メールが届いている場合もあると思います。
今回は早めにやっておきたい「データ保持」の設定をご案内します。

 

 

■データ保持の設定方法

 

1. Googleアナリティクスにログインする

2. 「管理」→「トラッキング情報」→「データ保持」をクリックします

 

3 . データ保持期間を選択して「保存」します。(デフォルトは26ヶ月)

 

データを残したい場合は「自動的に期限切れにならない」を選択します。

 

※Googleは今回のデータ保持設定について、2018年5月25日に施行される
「GDPR(EU一般データ保護規則)」の要件を満たすための取り組みとしています。
今のところ日本国内での適用はないようですが、データを保持し続けることの
リスクについては十分ご理解の上、自身の判断で期間の選択を行ってください。

 

 

■まとめ

 

設定したデータの保持期間は、2018年5月25日から有効になります。
それ以降も以前のデータを残しておきたい方は、早めに対応してくださいね。

 

Googleアナリティクス「ユーザーサマリー」でザックリ把握

 

Googleアナリティクスは「サイトの抱える問題点や課題を見つけるツール」。
様々なデータを分析することで、サイト改善に役立てることが可能です。

 

理想は「自分で問題を見つけて対策を行い、改善できる」ことなのですが、
実際は「見ても分からない」から見なくなってしまう方も多いようです。

 

でもせっかくデータがあるのに「分からないから見ない」のはもったいない!
分析とか難しいことはさておき、まずはサイトの全体像を把握しましょう。

 

 

■ユーザーサマリー

 

「ユーザーサマリー」ではサイトの集客状況を知ることができます。
サイトに訪れるユーザーの状況や全体像をザックリ把握しておくと、
数値に急な変化が起きた時、すぐに気づくことができます。

 

 

左側ナビゲーション「ユーザー」>「概要」

 

 

ユーザーサマリー画面

 

セッション…ユーザーがサイトを訪問した回数
ユーザー…サイトにアクセスしたユーザーの数
ページビュー数…ページが閲覧された合計回数(PV数とも呼ばれる)
ページ/セッション…1セッション中に閲覧されたページビューの平均
平均セッション時間…1セッションの平均時間(平均滞在時間と言う場合も)
直帰率…1ページ見て離脱した訪問を直帰といい、その割合。
新規セッション率…サイト全体のセッションのうち新規訪問の割合

 

毎日、あるいは毎週など、定期的にユーザーサマリーを見ていると、
PV数が増えた、直帰率が悪くなったというような変化が掴めるようになります。
日ごとの増減を気にしても仕方ありませんが、「アレ、悪くなってきた?」に
まず自分で気づくことは大切です。定期的に見る習慣をつけてみてください。

 

 

■2期間での比較

 

1年前と現在、あるいは改善前と改善後など、2つの期間を比較してみることができます。

 

 

1) 期間選択をクリックします。デフォルトの集計期間は1週間になっています。

2) 期間を指定します。確認したい期間を選択します。

3) 比較期間の指定をします。「比較」にチェックを入れると、直前の同期間が選択されます。

4) 「適用」をクリックすると、2期間の比較データが表示されます。

 

 

「比較」時に「カスタム」を選ぶと、任意の期間を選択することもできます。

 

 

■まとめ

 

まずは自社サイトの集客状況をしっかり把握することから始めましょう。
最初はアレコレ見なくても大丈夫。決めたデータを継続して見るだけ!

 

サイトの集客状況を意識している状態になるのはとても良いこと。
そして「何となくアクセスが下がった」という漠然としたことではなく、
何の数値がどのくらい落ちたのか、具体的に把握することもすごく大切。
なぜならフワフワしているより、効率的に対策が進められるからです。

 

まだGoogleアナリティクスを活かせていないな・・と思われる場合は、
ぜひ、ユーザーサマリーをじっくり見ることから取り組んでみてください。

 

 

Googleアナリティクスで絶対やっておきたい初期設定3つ

 

GoogleアナリティクスはGoogleが提供している基本無料のアクセス解析ツール。
サイト内に設置することで、ページビュー数や滞在時間、訪問者数やその行動など、
自社サイトの状況を知る上で必要なデータを見ることができるようになります。

 

すでにサイトやブログ内に設置しているユーザー様がほとんどだと思いますが、
見てもわからない、見ているけど活用できていないという声も多く聞かれます。

 

基本的なデータの見方や改善点の考え方を知ってサイト運営に活かしましょう。
そのために、まずは出来るだけ正しいデータが取れるよう初期設定を行います。

 

設定はGoogleアナリティクスにログイン後、左下にある歯車マークから。
管理画面内「ビュー」の並びにある項目から、設定に必要なものを開いてください。

 

 

 

 

 

■トップページURLの統一

 

トップページは「http://xxx.co.jp/」と「http://xxx.co.jp/index.html」
どちらでもアクセスできますが、Googleアナリティクスでは同じページであっても、
それぞれ別のURLとして認識します。同じページだという設定をしておきましょう。

 

管理画面「ビュー」>「ビュー設定」

 

「デフォルトのページ」に「index.htm」と入力して「保存」します。

 

※戦国不動産は「index.htm」ですが、サイトにより「index.html」などになります。
自社トップページのファイル名を確認して、正しいものを設定してください。

尚、Wordpress ひな形をご利用の場合は「index.php」となりますのでご注意ください。

 

 

■ボットのフィルタリング

 

サイトには情報収集ロボット(スパムも含む)からのアクセスもありますが、
こうしたアクセスが多く混じると、正しい分析ができなくなってしまいます。
Googleがスパムと判別するアクセスを除外する設定をしておきましょう。

 

管理画面「ビュー」>「ビュー設定」

 

 

「既知のボットやスパイダーからのヒットを全て除外します」にチェック、「保存」します。

 

 

 

■自分のアクセス除外

 

自分のサイトは何度も見るので、自分のアクセスがカウントされてしまうと
正しいデータが得られません。自分のアクセスは必ず除外しておきましょう。

 

管理画面「ビュー」>「フィルタ」

 

フィルタを追加して、会社や自宅など除外したい場所のIPアドレスを設定します。
IPアドレスの取得ほか、いくつか手順があるので下記ページをご確認ください。

 

テクニック集 Google AnalyticsのIP除外方法

 

※スマホの場合はIPアドレスが変動する上、環境にも左右されるため、
簡単な初期設定だけでは、完全に除外することは難しいようです。

 

 

■まとめ

 

Googleアナリティクスには他にも細かな設定がたくさんありますが、
まずはこの3つの初期設定から、しっかり確認しておきましょう。

 

必要なデータを確認して改善点を見つけ、対策を行って効果を測る・・
この一連の流れを繰り返していくことが「アクセス解析」です。

 

Googleアナリティクスをもっとサイト運営に活用してもらえるよう
今後は項目やデータの見方、改善策の考え方などもお伝えしていきます。