Google Maps PlatformのAPI 使用の上限設定

 

2018年7月16日から新サービス「Google Maps Platform」が適用開始され、
Googleマップを使うにはAPIキーや請求先アカウントの紐づけが必要になりました。
また、これに伴い料金体系も刷新され、1ヶ月あたり200ドル分は無料で利用でき、
無料枠を超えた以降は、使用量に応じて課金される仕組みにも変更されました。

 

1ヶ月200ドル分 = 約28000回Googleマップやストリートビューを表示
(以降は1000回あたり7ドルなので、1回あたり0.007ドルが課金されるようです)

 

表示1回は、ページを開いて地図などが読み込まれた場合はもちろん、
F5を押して、同じページを新たに更新した場合も1回とカウントされます。

 

7月16日以降、課金された請求が来ていなければ今のところ無料枠内ということで、
今後サイトの運用状況が大きく変わらない限り課金の可能性は低いと思いますが、
心配な場合は利用の上限設定ができるので、今回はその方法をご紹介します。

 

 

API使用の上限設定

 

設定は「Google Clpud Platform」にアクセスをして行います。
支払い情報を登録しているアカウントでログインしてください。

 

上限設定を行うAPIをクリックで選択します

 

「割り当て」から、各上限設定を行います。

 

  • Map loads per day ………………………………「1日の表示上限」
  • Map loads per 100 seconds ……………………「100秒間の表示上限」
  • Map loads per 100 seconds per user ……「100秒間かつ1ユーザーの表示上限」

 

えんぴつマークをクリックして数値を入力。「保存」します。

 

 

単純計算では無料枠の28000回を31日で割ると1日あたり900程度ですが、
利用するAPIは複数なので、1日の表示上限は適宜、割り当てる必要があります。

 

上限として入れる数値はサイトの運用状況によって異なりますので、
自社サイトの現在のリクエスト数を目安にして設定を行ってください。

 

API使用の上限設定の詳細はテクニック集でご紹介しています。

 

 

API使用の上限設定まとめ

 

API使用の上限設定の方法をご紹介しました。

 

上限を超えた場合、Googleマップなどが正しく表示されなくなりますので、
あまりに少ない回数を指定してしまうと、サイトを訪問してくれたユーザーが
必要な情報を見られなくなってしまうという本末転倒になりかねません。

 

特に「1日の表示上限」を極端に少なくしてしまうと、もし上限に達した場合、
太平洋時間の午前0時(日本時間16時)までリセットされないので注意が必要です。

 

上限設定は1円も課金されないようにするために行うものではなく、
想定外の高額請求をされないための保険と考えるのがいいと思います。

 

課金されない数値ありきで考えるのではなく、計算で出した目安回数プラスの
余裕を持たせて、サイト運営上必要な表示回数は担保した設定にしましょう。

 

必要に応じて上限設定を上手く使って不要なリスクは避けつつ、
訪問ユーザーの利便性を考慮したサイト運営を行ってくださいね。

 

 

 

いよいよ常時SSLが前提の流れ、Chrome70がまもなくリリース

 

7月にリリースされたChrome 68では全てのHTTP接続で「保護されていません」
警告表示されるようになりましたが、9月初旬すでにリリース済みのChrome 69、
そして10月リリース予定のChrome 70では、さらに次のステップに進んでいきます。

 

今回はChrome 69から70にかけてのSSL対応関連の変更内容を確認しておきましょう。

 

Chrome69ではHTTPSサイトは鍵マークだけに

 

9月上旬にリリースされたChrome 69では、これまで常時SSL化サイトでは緑色の鍵マークと
「保護された通信」が表示されていたものから、灰色の鍵マークのみの表示に変更されました。

 

 

Googleからするとユーザーにとって「安全であること」が当たり前。
「問題が発生した時に警告を受ける」というのが基本的な考えなので、
先々は鍵マークもなくして「何もない状態が安全」にする方向のようです。

 

 

Chrome 70ではHTTPサイトで入力時に「安全でない」と赤文字の警告

 

こうした方針に沿って、10月中旬リリースのChrome 70からは、常時SSL化されていない
HTTPページで文字を入力しようとすると、赤文字の警告が表示されるようになります。

 

 

すでにChrome 68から、全てのHTTPページで警告が表示されるようになっていますが、
入力しようとした瞬間「!」のついた赤字に変わると「危険」と思う人が増えるので、
今後はより、ユーザーの離脱につながる可能性が高まってしまうかもしれません。

 

 

Chrome69~70の常時SSL動向まとめ

 

Googleは最終的に、全てのHTTPページで警告表示する方針を掲げていますから、
入力時に限らず、常に赤字の警告が表示される日もそう遠くないかもしれません。

 

 

またGoogle chrome以外のブラウザ(Firefox・Safari・Operaなど)も
セキュリティ向上のため、今後は同様の流れになっていくと予想されます。

 

SSL化が未対応のサイトは、ユーザーのためにも、自社の今後のためにも
ぜひ前向きな検討をしてください。「まだ大丈夫」ではそろそろ心配です。
対応に時間がかかることも考慮して、計画いただくことをお勧めします。

 

Googleが初めてHTTPページでの個人情報入力時に「保護されていない通信」
と警告表示するようになったのは、2017年1月リリースのChrome 56から。
それから2年経たずしてのChrome 70ですから、すごい進化のスピードですよね。
今後もGoogleやChromeの情報があれば、随時、ご紹介していきたいと思います。