モバイルファーストインデックスが今春から導入

 

「2018年4月頃、多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行する。」

 

2018年2月22日 、Googleがモバイルファーストインデックス(以下MFI)について
このように発表しました。春以降、MFIが本格的に導入されていくようです。

 

そこで今回はMFIについてのおさらいと、考えておくべきことをまとめてみます。

 

 

■MFI(モバイルファーストインデックス)とは

 

まずはMFIとは何か、簡単におさらいしておきましょう。

 

概要を説明すると、Google の現在のクロール、インデックス登録、ランキングのシステムは、主にデスクトップ版のコンテンツを見ています。ただし、デスクトップ版とモバイル版でコンテンツが大きく異なる場合、この方法ではモバイル検索に不都合が生じる可能性があります。モバイル ファースト インデックスは、インデックス登録とランキングの決定についてモバイル版のコンテンツを使用することで、ユーザー(主にモバイル ユーザー)が探している情報を見つけやすくするための仕様です。この変更後は、スマートフォン用 Googlebot によるクロール回数が大幅に増え、検索結果に表示されるスニペットや Google のキャッシュ ページ内のコンテンツにはモバイル版のページのものが使用されるようになります。Google ウェブマスター向け公式ブログ

 

つまり、今までPCページの内容を見て評価していたものを、
今後はモバイル向けページでの評価に変えますよ、ということです。

 

 

■MFI導入による影響は?

 

モバイル向けページがない、あるけど何も手を付けてない場合はどうなるの?
MFIに向けてモバイルを意識して頑張ってるけど順位が落ちたらどうしよう。

 

色々と心配にはなりますが、4月以降、MFIが導入されたからといって、
急に検索順位が大変動することはない、という意見が大半のようです。

 

Googleはモバイル向けページが無ければPCページを見ると言っていますし、
コンテンツ充実などユーザーのためになるサイトは尊重するとも言っています。
すぐに大きな影響はなさそうなことが分かると、少し気が楽になりますね。

 

とはいえ、この流れで世の中のモバイル向けページ対応が加速したり、
MFIが落ち着いていくと、次の新しい評価基準が出てくるかもしれません。
PCページの価値は低くなっていくので、やはり何らかの対策は必要です。

 

 

■考えておきたいことと具体的な対策

 

考えておきたいことや対策は、サイト運営の状況によって異なります。

 

○モバイル向けページがない場合

見るデバイスに合わせて表示が変わるレスポンシブデザインでもいいし、
PCページとスマホページの運用でもいい。とにかくモバイル向け対応をしましょう。
「モバイル向けページが評価のメイン」ですから無いことには始まりません。

 

○モバイル向けページはあるが、何も対策していない場合

PCページとモバイル向けページでコンテンツに大きな差があったり、
ユーザビリティ(操作性)が良くない、表示速度が遅いなどがないか、
ユーザーの目線で確認しながら、必要な対策をしていきましょう。
コンテンツについては特に「PCページにあってモバイル向けページにない」
のが良くありません。重要なコンテンツから優先して対応してください。

 

○モバイル向けページがあって、MFIに向けた準備をしている場合

レスポンシブHPにしても、PC/モバイル向けページでの運用にしても、
基本的なポイントは押さえてあるか、念のため確認しておきましょう。

 

PCページとモバイル向けページで重要なコンテンツに不一致がないか。
モバイルでサイトを表示した時のスピードは極端に遅くないか。
TitleやDescrptionはコンテンツ内容の伝わるものが正しく入っているか。
画像のAltタグが適切に設定されているか。

 

「検索順位」に今すぐ大きな変動がないとしても、モバイルでのアクセスは
クリック率や直帰率、リピート率などはPCページと違ってくるはずです。
基本的な対策の見直しとともに、モバイル向けページのファーストビューや
使いやすさ、情報の探しやすさなども課題として考えていくのがいいですね。

 

 

■MFIについてのまとめ

 

MFIの導入は4月以降。検索結果に今すぐの大きな影響はなさそうだが、
先々を考えれば、モバイル向けページへの対応は進めた方がいいし進めるべき。
そして対応後はこれまでのPCページと同様、しっかりと考えた運営をしていく。

 

ということですね。

 

今は、次の5年10年に向け、時代の流れが変わっているところ。
MFIへの対応をすることは、今後のスタートととらえてください。

 

被リンクとは? 今も有効な被リンクについておさらい

 

Googleは「ユーザー第一主義」。ユーザーに役立つサイトが上位表示されるべき
と考えていて、検索順位を決める評価の基準も全てはそこに基づいています。

 

中でもGoogleが最も大事だと言っているのが「コンテンツ」と「被リンク」。
今回は「質の高いコンテンツ」に続き、被リンクについて確認してみましょう。

 

 

■被リンクとは

 

「被リンク」とは、外部サイトから自分のサイトに張ってもらうリンクのこと。

Googleは良いサイトほど被リンクを獲得しているという考え方を持っているため、
良質な被リンクが多いと評価されやすく、順位が上がりやすくなります。

 

 

■良質な被リンクとは

 

被リンクは何でもいいわけではなく「良質」なものである必要があります。
細かくは色々ありますが、ここでは主な質の良いリンクを挙げてみます。

 

○良質な被リンク

  • ページランクが高いサイトのリンク
  • 長くきちんと更新されているサイトのリンク
  • ドメイン価値があるサイトのリンク
  • 自社サイト内容と関連性の高いサイトのリンク

 

被リンクは数より質が大切です。少しずつ自然に増やすことを考えます。

 

○質低な被リンク

  • 不正なSEOを行っているサイトからのリンク
  • 質の低い中古ドメインからのリンク
  • 放置、コピーコンテンツなど質の低いサイトからのリンク
  • ツールやプログラムを使った不正なリンク

 

こうした質の低いリンクは数があっても効果がないばかりか、
ペナルティの対象になってしまう可能性が高くなってしまいます。
急激に増える、一定数が増え続けるような不自然さも確実にアウトなので、
買リンクはもちろん、不正にリンクを増やすことは絶対しないでください。

 

またGoogleは「過剰なリンクの交換はNG」とも言っていますので、
ただ数を集めるだけの相互リンクはやめておくのが無難でしょう。

 

 

■良質な被リンクを得る方法

 

良質な被リンクを得るには、地道な努力をしていく必要があります。

 

・お客様や知り合いにブログやサイトで自然な形で紹介してもらうお願いする。
 →コツコツ続ける必要はありますが、確実で有効な方法です。

・SNSなどで定期的に情報を提供して、サイトを見てもらう機会を増やす。
 →SNSのリンクに価値はありませんが、拡散されることで可能性を広げます。

 

被リンクは少しずつ、出来るだけ自然に増やしていくのがベターです。
長期的な対策として考えていくようにするのがいいですね。

 

 

■被リンクについてのまとめ

 

「被リンク」は他サイトからの支持! Googleはその質を重視しています。
ユーザーに役立つコンテンツを提供し、信頼されるサイト運営を続ければ、
少しずつ被リンクがついて、自然に増えて行きます。

 

被リンクのことを理解して、地道に増やしていく活動を取り入れていきながら、
でも被リンク数だけにとらわれすぎず、しっかりとサイト運営をしていきましょう。

 

 

画像のalt属性も改めて気にしておこう

写真を見る男性

 

alt属性とは画像を説明する文字情報のことで「代替テキスト」とも呼ばれます。

 

画像が表示できない場合に、何を表すか画像の代わりに表示される他、
文字情報しか読まない検索ロボットに画像が何を表しているか正しく伝えたり、
視覚障害者が読み上げ機能を利用する際、画像も含めた情報が提供できます。

 

視覚障害者にも優しいサイト運営されているのがベストなのはもちろん、
Googleが好む「正しい情報を詳しく伝える」ためにも欠かせない対策です。

 

今回はこのalt属性についてお伝えします。

 

 

■SEOとの関係

 

一昔前、小手先のSEOが通用していた頃には、このalt属性の性質を悪用して、
画像と全く関係のないキーワードを詰め込む施策が横行しました。

 

その結果、alt属性の不正利用がペナルティ対象となり、alt自体の評価も下がると、
次第にSEO対策での優先度が薄れ、alt属性がないケースも多くなってしまいます。

 

しかしGoogleが質の良いコンテンツを重視して評価するようになった現在では、
ページの情報を正しく伝える手段の一つとして、alt属性は入れた方がいいのです。

 

 

■alt属性(代替テキスト)の入れ方

 

alt属性の設定がない重要な画像に適切な代替テキストを入れていきましょう。

 

ここでの重要な画像というのは、コンテンツとして意味のある画像のことです。
リストアイコンや飾りとしての画像などへの設定は不要とされています。

 

その画像が何を表しているか、正しく伝えられる説明を入れるのが基本です。
画像がなくても写真の内容が理解できる簡潔な文章になっているのがベスト。
関係ないキーワードを詰め込むとペナルティになるので絶対にやめましょう。

 

適切ではない例:
<img src=”puppy.jpg” alt=””/>

適切な例:
<img src=”puppy.jpg” alt=”子犬”/>

最適な例:
<img src=”puppy.jpg” alt=”持ってこいをするダルメシアンの子犬”>

次のような記述は避けてください。
<img src=”puppy.jpg” alt=”子犬 犬の赤ちゃん 小さな子犬 レトリーバー ラブラドール
ウルフハウンド セッター ポインター ジャックラッセル テリヤ ドッグ フード ドッグフード 安い 子犬の餌”/>

 

引用:Google search console ヘルプ

 

 

 

■alt属性の設定方法

 

alt属性の設定方法はホームページビルダーとWordpressで異なります。

 

ホームページビルダーの場合

alt属性を入れる画像を右クリック。「属性の変更」をクリックします。

ビルダー属性の変更画面

 

「代替テキスト」を入力し「OK」します。

 

 

WordPressの場合

alt属性を入れる画像の上でクリック。「編集」をクリックします。

wordpressで画像にaltの設定

 

「代替テキスト」を入力して「更新」します。

 

 

 

■alt属性まとめ

 

検索エンジンに画像も含めた正しい情報を伝えるために行うのはもちろん、
画像の読込みが遅い環境での閲覧や視覚障害者へのユーザビリティ向上のためにも
alt属性のない画像には、適切な代替テキストを設定していくようにしましょう。

 

トップページや会社概要、スタッフ紹介ページなどサイト内にある
主要なページから優先して進めていくと効率がよさそうです。

 

その時、もし昔に設定したままのキーワードを詰め込んだalt属性があれば、
この際ペナルティにならないよう、ぜひ一緒に修正することをお勧めします。

 

それから大事なことがもう1つ。

 

先々、導入と言われるモバイルファーストインデックス も視野に入れ、
alt属性はスマホページにも同じようにしっかり設定するようしてください。