増えつつある音声検索について今知っておきたいこと

 

2016年時点でGoogleが「グローバルでは検索の約20% 」と言っていた音声検索。
現在はスマホに加え、AIスピーカーの利用者もどんどん増加していることから、
「2020年までに全検索の50%が音声検索になるだろう」と言われているようです。

 

「自分はあまり使わない」「よくわからない」という方もいるかもしれませんが、
自社ホームページを運営して集客するというウェブを使ったビジネスをしている以上、
音声検索を使うユーザーが増えている状況や影響は知っておく必要がありますよね。

 

そこで今回は音声検索について、今知っておきたいことをお伝えしたいと思います。

 

 

音声検索とは

 

音声検索とは「声で検索」すること。検索窓にテキストを入力するのではなく、
スマホやAIスピーカーに向かって発する言葉により検索することを指します。

 

「Hey Siri 明日の都内の天気は?」 (Apple)

「OK Google 近くのおしゃれでおすすめのカフェを教えて」 (Googleアシスタント) 

「Alexa 大さじ1は何グラム?」 (Amazon Echo)

 

こんな風に利用するシーンをCMでご覧になったことがあると思います。

 

ブラウザや検索アプリを起動してから検索キーワードを入力する手間がなく、
運転中でも両手が塞がっていても話しかけるだけで検索できて便利なため、
最近では若い世代以上に、中高年層の音声検索利用者が増えています。

 

 

音声検索が増えていくとどうなる?

 

音声検索が増えていくと、これまでと違った変化が出てくると予想されます。

 

1、検索回数が増える

キーワード入力の手間もなく、ハンズフリーで検索できる便利さから、
「近くの~」「おすすめの~」など含め、検索回数が増えると言われています。

 

2、検索キーワードが単語から話し言葉へ

「所沢 不動産」「所沢 イタリアン」といった数個の単語を並べた検索から、
「所沢の信頼できる不動産会社を教えて」「所沢で人気のおいしいイタリアンは?」
という風に文章や話し言葉での検索が多くなってきます。

 

3、検索結果の上位が圧倒的有利に

検索結果を上から見ていくテキスト検索では比較検討などもされるため、
10位以内(1ページ目)にいればサイトを見てもらう機会が十分にあります。
一方、音声検索の場合は直接回答、あるいは結果が順に読み上げられるため
1位が圧倒的に有利。少なくても3位以内を目指すことが重要になっていきます。

 

 

音声検索に出やすくなるためのポイント

 

現時点で音声検索に大きく関わっていると言われるのが「ローカル検索」です。
ローカル検索とは「地域名+サービス(業種)」での検索やマップ検索のこと。
音声検索の対策を考える場合、とにかくまずローカル検索の最適化を行いましょう。

 

Googleマイビジネスの基本情報をあらためて確認しませんか?
Googleマイビジネスの基本情報をあらためて確認しませんか?
Googleマイビジネスに登録して、実際に活用している方が増えてきました。基本情報を充実させて、写真や投稿機能、口コミ管理などもぜひ活用してください。
2018-12-06 15:00

 

ローカル検索ではNAP情報がとにかく大事!
ローカル検索ではNAP情報がとにかく大事!
以前お伝えしたサイテーションの記事内でも触れた「NAP情報」。 サイテーションとは「他サイトやSNSでNAP情報が(好意的に)引用されると 評価につなが
2019-06-13 15:09

 

 

また、音声検索の結果に影響していると言われる要素もいくつかあります。
ある調査結果から、主なものをいくつか抜粋してお伝えします。

 

  • ・ページの表示速度が速いサイトが評価されやすい
  • ・結果に出るサイトのほとんどがHTTPS
  • ・検索語句に対して簡潔な回答が選ばれやすい
  • ・ドメインオーソリティの高いサイトの方が結果に出やすい
  • ・FacebookやTwitterなどSNSの反響が多い方が評価される傾向
  • ・デスクトップ検索の結果で上位にいるサイトが選ばれやすい
  • ・シンプルで読みやすいコンテンツが音声検索に役立つ

 

SNSの反響やドメインオーソリティ(権威性)は自分ではどうにもなりませんが、
HTTPSや表示速度、シンプルで読みやすいコンテンツなどは取り組んでいけますね。

 

なお、デスクトップ検索で上位の方が音声検索でも選ばれやすいということから、
スマホ対応(モバイルフレンドリー)や、コンテンツの質、適切なタイトル、
被リンクやサイテーションといった従来の基本的なSEO対策も引き続き重要です。

 

注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
近年、SEOやMEOに効果があるとして「サイテーション」が注目されています。 SEOはホームページを検索結果で上位表示するための検索エンジン対策ですが、
2019-04-18 15:04

 

Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う
Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う
すでに自社のFacebookページを立ち上げ活用している方も多いと思いますが、 昨年末のドリームデイ、Yext様の特別講演でも運用を勧める話しが出ていたため、
2019-01-31 15:00

 

エバーグリーンコンテンツ作成のススメ
エバーグリーンコンテンツ作成のススメ
質のよいコンテンツを増やすのが大事! 定期的に更新するのも大事! 小手先のテクニックが通用しなくなった現在のSEO対策として、 「コンテンツの質と量」を
2019-04-11 15:00

 

やっぱり大事なTitleとdescriptionを見直そう
やっぱり大事なTitleとdescriptionを見直そう
前回のSEO関連エントリーでは、検索数は少なくても需要があるスモールワードを コンテンツに取り入れて、チリツモで検索流入を増やしましょうという話でした。
2017-09-04 15:00

 

 

音声検索まとめ

 

音声検索について、今知っておきたい情報をお伝えしました。

 

先々は音声検索が主流になるとしても、今すぐどうこうという話ではないので、
変に焦らず、まずは世の中がそういう流れになるということを知っておいてください。

 

そうしたアンテナを立てた上で、SEO対策やMEO対策など今から出来ること、
自分で出来ることをしっかりやる。自分の力ではどうにもならないことも多いので、
これはとても大切なことだと思います。地道に必要な対策を進めていきましょう。

 

テキスト検索でも音声検索でも「ユーザーにとって価値のあるサイトや情報が重要」
という点は変わりません。今後もユーザーファーストはぜひ重視してください。

 

今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう
今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう
2018年も残すところあとわずか。今年は常時SSL化やモバイルファーストインデックス、 スピードアップデート、あるいはGoogleマイビジネスでのローカル検索
2018-12-20 15:00

 

 

 

ローカル検索ではNAP情報がとにかく大事!

 

以前お伝えしたサイテーションの記事内でも触れた「NAP情報」。

 

サイテーションとは「他サイトやSNSでNAP情報が(好意的に)引用されると
評価につながる」というもので、ユーザーに正しい情報を掲載してもらい、
それをGoogleに評価してもらうためには、このNAP情報が重要になります。

 

そこで今回はNAP情報のポイントについて詳しくお伝えしたいと思います。

 

注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
近年、SEOやMEOに効果があるとして「サイテーション」が注目されています。 SEOはホームページを検索結果で上位表示するための検索エンジン対策ですが、
2019-04-18 15:04

 

 

NAP情報とは

 

NAP情報とは「名前」「住所」「電話番号」を表し、頭文字を取って「NAP」と呼ばれます。

 

  • Name=店舗や会社の名前
  • Address=住所
  • Phone=電話番号

 

このNAP情報が正確に統一されていないと、せっかく他サイトで引用・紹介されても、
同じ会社(お店)の情報ではないと判断され、評価につながらなくなってしまいます。
ローカル検索でとても重要なポイントになります。出来る限り統一していきましょう。

 

 

NAP情報の統一とは?

 

NAP情報の統一とは、自社サイトはもちろん、Googleマイビジネスやブログ、
SNSなどに載せたNAP情報が、完全一致していることを言います。

 

「戦国不動産株式会社」「戦国不動産(株)」⇒株式会社の表記が違う

「所沢市東所沢1-2-3」「所沢市東所沢1丁目2番地3号」⇒ハイフンと番地で表記が違う

「04-1234-5678」「04-1234-5678」⇒半角と全角で表記が違う

「Ring and Link」「Ring and Link」→半角と全角で表記が違う

 

全角半角は特に、入力した時期の違いなどで混在してしまうケースが高いです。
日本語は数字とアルファベットしかない英語に比べると表記の種類が多いので、
人ではなく、Googleのロボットが見ているということを意識していきましょう。

 

 

ネット上に散らばる自社の情報

 

自社サイトや自社が運営する媒体は、自力でNAP情報を統一することができます。
しかしネット上には様々な情報が散らばっていて、実はGoogleが情報を取得している、
あるいは他のサービスが情報を利用しているといった状況になっています。

 

たとえばGoogleはFacebookページやTwitterなどSNSの情報だけでなく、
不動産会社であればポータルサイト、飲食店なら食べログなどのレビューサイトも
「第三者サイトからの情報」として見ていると言われています。
またFacebookはInstagramにチェックイン情報を提供していますし、
YelpFoursquareといったサービスも、あまり馴染みがないかもしれませんが、
Twitterに位置情報を提供しているそうです。

 

自社で利用や把握をしていなくても、NAP情報が掲載されているものは膨大なので、
まずは自社サイトのNAP情報の確認(トップページ以下全ページの表記)すること。
そしてGoogleマイビジネスやFacebookページ、ブログやTwitterなど自社で管理し、
修正できるネット上の媒体から確認して、出来るだけNAPを統一していきましょう。

 

NAP情報が正しく統一されることで、サイテーションの効果が得られやすくなり、
Googleマップ検索で自社を見つけてもらえる可能性を高めることができます。

 

とはいえ、全てを見つけて、ひとつひとつ直していくのは現実的ではありませんし、
Googleマイビジネスなどユーザーが情報を書き換えてしまえばいたちごっこです。

 

インターネット上の地図やSNS、検索エンジンなどに載っている情報を一元管理する
サービス「MITUCAL(ミツカル)」のご利用もぜひご検討いただければと思います。

 

 

NAP情報まとめ

 

NAP情報の大切さについてお伝えしました。

 

他のサイトやSNSで(好意的に)NAP情報が掲載されると評価につながるので、
その効果を最大限に得るため、出来る限りNAP情報を正しく統一していきましょう。

 

来店型ビジネスでは今後ますます、ローカル検索(MEO対策)が重要になってきます。
先々の音声検索にも関わると言われますので、今から出来ることをしていきましょう。