ローカル検索ではNAP情報がとにかく大事!

 

以前お伝えしたサイテーションの記事内でも触れた「NAP情報」。

 

サイテーションとは「他サイトやSNSでNAP情報が(好意的に)引用されると
評価につながる」というもので、ユーザーに正しい情報を掲載してもらい、
それをGoogleに評価してもらうためには、このNAP情報が重要になります。

 

そこで今回はNAP情報のポイントについて詳しくお伝えしたいと思います。

 

注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
近年、SEOやMEOに効果があるとして「サイテーション」が注目されています。 SEOはホームページを検索結果で上位表示するための検索エンジン対策ですが、
2019-04-18 15:04

 

 

NAP情報とは

 

NAP情報とは「名前」「住所」「電話番号」を表し、頭文字を取って「NAP」と呼ばれます。

 

  • Name=店舗や会社の名前
  • Address=住所
  • Phone=電話番号

 

このNAP情報が正確に統一されていないと、せっかく他サイトで引用・紹介されても、
同じ会社(お店)の情報ではないと判断され、評価につながらなくなってしまいます。
ローカル検索でとても重要なポイントになります。出来る限り統一していきましょう。

 

 

NAP情報の統一とは?

 

NAP情報の統一とは、自社サイトはもちろん、Googleマイビジネスやブログ、
SNSなどに載せたNAP情報が、完全一致していることを言います。

 

「戦国不動産株式会社」「戦国不動産(株)」⇒株式会社の表記が違う

「所沢市東所沢1-2-3」「所沢市東所沢1丁目2番地3号」⇒ハイフンと番地で表記が違う

「04-1234-5678」「04-1234-5678」⇒半角と全角で表記が違う

「Ring and Link」「Ring and Link」→半角と全角で表記が違う

 

全角半角は特に、入力した時期の違いなどで混在してしまうケースが高いです。
日本語は数字とアルファベットしかない英語に比べると表記の種類が多いので、
人ではなく、Googleのロボットが見ているということを意識していきましょう。

 

 

ネット上に散らばる自社の情報

 

自社サイトや自社が運営する媒体は、自力でNAP情報を統一することができます。
しかしネット上には様々な情報が散らばっていて、実はGoogleが情報を取得している、
あるいは他のサービスが情報を利用しているといった状況になっています。

 

たとえばGoogleはFacebookページやTwitterなどSNSの情報だけでなく、
不動産会社であればポータルサイト、飲食店なら食べログなどのレビューサイトも
「第三者サイトからの情報」として見ていると言われています。
またFacebookはInstagramにチェックイン情報を提供していますし、
YelpFoursquareといったサービスも、あまり馴染みがないかもしれませんが、
Twitterに位置情報を提供しているそうです。

 

自社で利用や把握をしていなくても、NAP情報が掲載されているものは膨大なので、
まずは自社サイトのNAP情報の確認(トップページ以下全ページの表記)すること。
そしてGoogleマイビジネスやFacebookページ、ブログやTwitterなど自社で管理し、
修正できるネット上の媒体から確認して、出来るだけNAPを統一していきましょう。

 

NAP情報が正しく統一されることで、サイテーションの効果が得られやすくなり、
Googleマップ検索で自社を見つけてもらえる可能性を高めることができます。

 

とはいえ、全てを見つけて、ひとつひとつ直していくのは現実的ではありませんし、
Googleマイビジネスなどユーザーが情報を書き換えてしまえばいたちごっこです。

 

インターネット上の地図やSNS、検索エンジンなどに載っている情報を一元管理する
サービス「MITUCAL(ミツカル)」のご利用もぜひご検討いただければと思います。

 

 

NAP情報まとめ

 

NAP情報の大切さについてお伝えしました。

 

他のサイトやSNSで(好意的に)NAP情報が掲載されると評価につながるので、
その効果を最大限に得るため、出来る限りNAP情報を正しく統一していきましょう。

 

来店型ビジネスでは今後ますます、ローカル検索(MEO対策)が重要になってきます。
先々の音声検索にも関わると言われますので、今から出来ることをしていきましょう。

 

 

エバーグリーンコンテンツ作成のススメ

 

質のよいコンテンツを増やすのが大事! 定期的に更新するのも大事!

 

小手先のテクニックが通用しなくなった現在のSEO対策として、
「コンテンツの質と量」を考えていくことが大切と言われていますが、
具体的にどんなコンテンツを作って更新すればいいのでしょうか?

 

そこで今回はSEO対策や集客に有効なコンテンツ作成を考えてみたいと思います。

 

 

エバーグリーンコンテンツ

 

内容が古くなったり変わったりせず、価値を失わないコンテンツを
『エバーグリーンコンテンツ』(いつも緑=常緑)と言います。

 

エバーグリーンコンテンツはユーザーに有益な情報を提供し続けるため、
長い間、集客に役立つだけでなく、SEO的なメリットを得ることもできます。

 

質の高いコンテンツを作ろうとすると、専門的な内容を書くだけでなく、
分かりやすさや読みやすさも考える必要があるので、時間がかかります。
同じ時間をかけるなら、エバーグリーンコンテンツに取り組んでみましょう。

 

 

エバーグリーンコンテンツに向いてるテーマ

 

先々もずっと必要とされ、流行り廃りのないコンテンツにする必要があります。
SEO対策や集客に有効で、作りやすいコンテンツをいくつか挙げてみます。

 

○よくある質問

実際にお客様に聞かれた質問を優先して載せ、回答をしっかり書きましょう。
一人のお客様が疑問に思ったことは、他の多くのお客様にもあてはまるはずです。
不動産会社にとって当たり前のことでも、お客様が知っているとは限りません。
専門家らしく、でも誰にでもわかるような丁寧な回答を心がけましょう。

 

○お客様の声

お客様に感想をもらう流れを作って、掲載するコンテンツを作りましょう。
できるだけ手書きでもらい、画像として載せておくとやらせに見えません。
ただし、画像を並べただけではSEOや集客の効果につながりませんし、
手書きの文字は読みづらい場合も多いので、テキストでも掲載します。

 

○相談事例

実際にお客様にいただいた相談と、どのように解決したか事例紹介するページです。
一般的な疑問と違い、ケースバイケースの悩みや相談は検索しても解決しないため、
似たような内容があるだけで価値になりやすい上、安心や信頼にもつながります。

 

○不動産用語集

 

上の3つに比べると簡単に作成できる分、自社の運営に紐づいていないため、
エバーグリーンコンテンツとして効果を得るためには、少し工夫が必要です。
どこのサイトにも載っている一般的な用語はどこよりも詳しく説明したり、
あまり取り上げられない用語や少し難しい用語を分かりやすく解説するなど、
ここにしかない価値をつけて丁寧に作成するのがポイントになると思います。

たとえば「IT重説」「インスペクション」など。言葉を聞いたことはあっても、
よく知らなかったり、自分に関係あるのかすら気づけない場合もあったりします。
ユーザーへの貢献を考えながら作ると、質の高い用語集ができそうですね。

 

 

エバーグリーンコンテンツまとめ

 

ご紹介したようなコンテンツを作るのは、はじめは大変かもしれませんが、
作ってしまえばネタ切れの心配もなく、月イチなど定期的な更新がしやすいです。
不動産に関する単語が自然に盛り込まれ、専門的な内容で文字数も増えるので、
コンテンツの質も上がり、検索にかかりやすくなって新規獲得も期待できます。

 

エバーグリーンコンテンツを作ったり、コツコツ更新したからといって、
直接、反響になるものではありませんが、SEO対策や集客にも貢献する上、
専門性や信頼性の向上などブランディングの面からも長期的に役立ちます。

 

3年後、5年後を視野に入れたサイト運営、質向上を考えていきましょう。

 

 

Googleの言う「質のよいコンテンツ」ってナニ?
Googleの言う「質のよいコンテンツ」ってナニ?
前々回のイマドキSEOの大事なことをおさらい!では、これからのSEOは 「質のよいコンテンツ」「質のよいリンク」の2点が重要というお話をしました。
2017-05-11 15:00

 

サイトやコンテンツの更新を意識しよう
サイトやコンテンツの更新を意識しよう
更新と聞いて「毎日アップロードしているから大丈夫!」と思っていませんか? ここでの更新とは「アップロードする」ことや「更新日付を変える」ことではなく、
2017-10-16 15:00

 

今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう
今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう
2018年も残すところあとわずか。今年は常時SSL化やモバイルファーストインデックス、 スピードアップデート、あるいはGoogleマイビジネスでのローカル検索
2018-12-20 15:00