オンライン接客や非対面営業に取り組んで利便性アップを

 

コロナウイルス感染拡大の影響による外出自粛の広がりや新しい生活様式の定着を受け、
不動産業界でもオンライン接客や非対面営業を取り入れる会社が増えています。

 

外出や人との接触を控えたい方が多いことに加え、テレワークやテレビ会議に慣れて、
非対面でもたいていのことが出来たり、効率の良さにも気づいたことで、
オンライン接客は一過性でなく「対応していて当たり前」にシフトしているのです。

 

不動産業の場合、取引完了までの全てを非対面で行うのが難しい面もありますが、
面談や内見、IT重説など、すぐに取り組めることから対応していくことが大切です。

 

 

オンライン接客とポイント

 

オンライン接客に対応していないと、お客様にとっては利便性が低いことになるので、
ニーズあった便利なサービスを提供する競合他社があれば選ばれなくなってしまいます。

 

まずはオンライン面談(相談)の準備を整えましょう。
ウェブ会議ツールは利用者が多く、簡単に使えるものがお勧めです。

 

Zoom
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

 

利用者も多く、画面共有やファイル送信もできて使いやすいサービスです。
お客様と1対1なら制限はありませんが、グループミーティングの場合、
無料版は40分までの利用になります。(1度切って再接続するのは可)

 

Skype 
https://www.skype.com/ja/

 

アカウントやサインインなしで会議を行うことができる無料サービスです。
画面共有やファイル送信ができ、1対1でなくても時間制限はありません。

 

利用するウェブ会議ツールを決めたら、使い方を練習して操作に慣れ、
接続の案内や画面共有、ファイル送信などがスムーズに行えるようにしてください。

 

その上でホームページやブログ、SNSなどで積極的にオンライン接客サービスを
行っていることをアピールしましょう。お客様向けの利用手順を準備して、
慣れていない方でも簡単に接続できるようにしてあげるといいですね。
来店しなくても、顔を見て物件探しの相談や説明を聞いてもらえるように
オンライン面談のサービスを行っていることをしっかり表現してください。

 

不要な外出や接触は避けたい方だけでなく、お店に行く時間がもったいない、
電話は苦手、電話で上手く説明できるか心配、お店に行くのは抵抗があるなど、
色々な事情の方がいるので、具体的な相談に限らず、希望条件のヒヤリングや、
手続きの説明など、出来るだけ来店時と同じような対応が行えるといいですね。

 

接客時は画面の向こうのお客様が顔を見せてくれるかはわかりませんが、
こちらの顔を見てもらって対応することは確実に安心や信頼につながります。

 

 

オンライン内見とポイント

 

オンライン接客の準備ができたら、オンライン内見にもトライしてみましょう。

 

オンライン内見はお客様の代わりに現地に行き、ウェブ会議ツールを使って
お客様とお話をしながら、物件や設備、近隣状況などを確認してもらうことです。
実際の内見同様、画面越しに室内を見ながら説明が受けられるだけでなく、
気になることもすぐ聞けるので、以前にもましてニーズが高まっています。

 

オンライン内見にはZoomやSkypeの他、LINEビデオ通話も使えます。

 

LINEビデオ通話
https://line-howtouse.net/video.php

 

オンライン内見もツールの使い方を覚えて慣れることが大切ですが、
お客様側として見た時、どう映っているかも確認しておくようにしましょう。
オンライン内見の申込方法や予約の仕方、当日の段取りを手順にまとめて
ホームページにアップしたり、メールで案内するなどの準備もしてください。

 

 

@dreamのオンライン接客アシスト機能

 

8月31日のレベルアップで@dreamに「オンライン接客アシスト機能」が追加されます。

 

 

Zoom/Skypeで作成したウェブ会議を「オンライン接客」でスケジュール登録し、
お客様へのリマインダーメールや、ポップアップでのお知らせを行う機能です。
オンライン面談、オンライン内見の運用に合わせて是非ご利用ください。

 

 

オンライン接客や非対面営業に取り組んで利便性アップを まとめ

 

ウィズコロナ、アフターコロナに向けて色々なことに変化が求められています。
変化についていかないと、周りが変わっていく中で取り残されてしまいます。

 

こうした非対面営業の体制が整えば、遠隔地や海外の方、あるいはこれまで
営業時間中に来店が出来なかった方など新たな機会創出の可能性も生まれます。
お客様のために対応力や利便性を高めて、自社の優位性にもつなげましょう。
ぜひ出来ることから少しでも早く取り組んでください。

 

参考Zoomの使い方を徹底解説 ビデオ会議の開催・参加方法など

参考Skype Meet Nowの使い方

 

 

 

 

 

コロナ禍の今、街の不動産会社が考えたいこと

 

新型コロナウイルスの感染拡大により、命と生活を守るための対策に追われる日々が続いています。
収束の目途が立たない中、大不況の到来も予想され、今後への漠然とした不安は拭えませんが、
それでも立ち止まるのではなく、前向きに環境変化に対応していく必要があると思います。

 

そこで今回はコロナ禍の今、不動産会社が対応すべきことを考えてみたいと思います。

 

自社のコロナ対策 への取り組み・対応方針のアナウンス

 

すでに対応済みの会社が多いと思いますが、営業時間短縮やマスク着用は当然として、
スタッフの検温、消毒アルコール設置、定期的な換気や除菌の実施、透明シート設置など、
自社で取りうる限りのコロナ対策を実施した上で、できればそれぞれの写真も載せて、
信頼感につながるよう取り組みの内容も詳しく説明しておきましょう。

 

また自社の対応方針についても、できるだけ明確に表示されているのが望ましいです。
例えば、問合せは電話やメール、LINEを推奨といった基本的な対応はもちろん、
来店は予約のみ、1度に1組だけといった密を避ける接客のルールも決めておきます。
内見もソーシャルディスタンス確保や換気の徹底など配慮して行うのであれば、
それらは全て自社の対応方針として、詳しくしっかりアピールしてください。

 

こうした状況下なので、ほとんどの会社で何かしら取り組みは行われていますが、
どんな対策をしてるのか、徹底してるのかといったことはお客様には見えません。
世の中の状況に合わせた配慮ができる会社かという点も選ばれる理由になりえます。
安心して選んでもらうために、対策や対応方針を具体的に伝える必要があるのです。

 

自社の対策や対応方針は、サイト内コンテンツやブログに載せるのがおすすめです。
そしてそのページを使ってTwitterやメールでも継続的に発信していきましょう。

 

 

売買メインの不動産会社

 

購入については、不動産価格の下がっている状況や融資を受けられるうちに、
あるいは生活の変化に伴う事情などで、コロナ禍とはいえ物件を探す人はいます。

 

通常時であれば、詳しい物件情報や豊富な写真掲載で差別化できるかもしれませんが、
この状況下です。コロナ禍の中で購入を検討する人たちに向けたコンテンツがあれば、
「信頼できる専門家」として、相談を得るチャンスが広がるのではないでしょうか。
コロナショックの今、家を買うメリットは? 考えなければいけないリスクは何か。
融資が出るかも心配ですし、ローンが組めても先々への漠然とした不安もあります。
不動産のプロとして、今だからこそ必要な情報や考えたい資金計画、融資のことなど
分かりやすくブログに書いたり、メルマガとして配信するのが有効だと思います。

 

また売却についても、物件を処分して現金化したい、ローンが払えず任意売却
というケースが増え、今後も増加しながらしばらくは続いていくと思われます。

 

ここで売却相談を得るには、査定依頼のフォームが置いてあるだけというのでなく、
たとえば「任意売却」「住宅ローンが払えない」「不動産 現金化」といった
売却の関連ワードでヒットするようなコンテンツを用意しておく方が有利です。
つらい状況だからこそ親身に対応してくれる会社を探しているはずなので、
分かりやすいだけでなく、相談者に寄り添った内容でも差別化を図ってください。

 

 

賃貸メインの不動産会社

 

繁忙期に動きが止まり、賃料未払いや減免・猶予など厳しい状況もありますが、
売買と同様、色々な事情により賃貸物件を探している方はいます。

 

仕事がなくなり安いところに引っ越したい、寮を出ることになってしまった、
節約のため2人で住むことにした、リモート拠点としての部屋を探している、
電車通勤を避けるため職場の近くに住みたいなど理由は様々だと思いますが、
こうした状況下だからこそ、いつも以上の部屋探しの難しさもありそうです。

 

無職でも部屋は借りられるのか・・・
初期費用をできるだけかけずに借りられないか・・・
1年の短期契約はできるのか・・・
親身に相談に乗ってくれる不動産会社はあるのか・・・

 

厳しいかもとあきらめる前に相談してみた方がいいということや、
選択の幅は狭まるけれど条件次第で借りれる物件もあるといったこと。
自社で対応可能であれば、そうした情報を丁寧に発信することが大切です。

 

合わせて今ならではのニーズに応える物件を集めて特集ページを作ったり、
逆に、収束した頃の引越しを考えて今から部屋探しを始める人に向けて、
アフターコロナで需要が増えそうな物件情報を発信するのもいいかもしれません。

 

また部屋探しをしている人の中には外出や人との接触を控えたい方も多く、
非対面での接客対応を始め、それを打ち出している会社も増えています。
費用をかけて設備をそろえ、今すぐ完全非対面にするのは難しいことですが、
たとえばZoomを使ってオンラインでの営業やIT重説に取り組んでみたり、
お客様の代わりに内見に行ってLINEビデオ通話で部屋を紹介したり・・・
何ができるかを考えて、是非できることからトライしてみてください。

 

店舗については、今新しく入るテナントは少ないかもしれませんが、
新しい生活様式でデリバリーが当たり前になれば立地条件が変わるかもしれず、
そうした視点からのメリットデメリットを今からコメントに入れていくことも
アフターコロナへの備えとして取り組めるのではないかと思います。

 

管理をしている場合は大家さんに住宅確保給付金申請、テナントに持続化給付金、
入居者には補助金や給付金についての情報発信をすることも必要かもしれませんし、
空室対策としてインターネット無料などを提案するチャンスもありそうです。

 

小さなことばかりですが、こうしたことも差別化の一つとして考えてみましょう。

 

 

コロナ禍の今、街の不動産会社が考えたいことまとめ

 

この先もまだまだコロナの影響は続きますが、これまでやってきたことをベースに、
状況に合わせた対応をしっかり行いながら、先々を考えた活動にも取り組んで、
とにかく思考や行動を止めてしまわないことが大切だと思います。

 

質のよいコンテンツやブログを書くのは簡単なことではありませんが、
おうち時間の多い今は検索が増えていて、ヒットしやすいことは有利な上、
じっくり見てもらえる可能性も高まります。今やることに「価値あり」です。

 

独自に柔軟な対応ができる中小企業ならではメリットを最大限に生かして、
これまで忙しくてできなかったことにも前向きに取り組んでみてください。
生き残るための変化にぜひ対応していっていただきたいと思います。

 

ホームページ運営や今やっておきたいことについてお困りな点がありましたら、
どうぞお気軽に当社サポーターまでご相談ください。