そろそろ本気で考えたい常時SSL化のこと

 

この10月、Googleが「Chrome の HTTP 接続におけるセキュリティ強化」を行います。

 

Chromeでは現在、パスワードフィールドまたはクレジットカードフィールドがある
HTTPページを「Not secure」とマークしています。2017年10月からは、
新たに2つの状況(ユーザーがHTTPページにデータを入力した場合と、HTTPページに
シークレットモードでアクセスした場合)において「Not secure」の警告が表示されるようになります。

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

常時SSL化を推進してきたGoogleは、2017年1月の時点からクレジットカードや
パスワードの入力時にhttps接続でない場合、「保護されていません(Not secure)」の
マークを表示していましたが、10月からはさらにその対象を広げるというものです。

 

 

■2017年10月に加わる2つの状況について

 

2017年10月からChrome(ブラウザ)で暗号化されていないページにでアクセスすると

 

 1、HTTPページにデータを入力した時に「Not Secure」と表示

 2、シークレットモードでアクセスした全てのHTTPページに「Not Secure」と表示

 

されるようになります。

 

特に1の状況について、クレジットカードやパスワードに関わらず、入力箇所のあるページが
「https://」で始まるURLでない場合、「安全でない」と警告が出てしまうことになります。

 

つまり、メールフォームや問合せフォーム、会員ログインページなどの入力はもちろん、
ページ内にサイト内検索を設置している場合も全て1の状況に該当するということです。

 

 

でもそれってChromeだけでしょ? と思いますか?

 

Chromeのブラウザシェアは50%以上。この数字は無視できません。

 

今まで「https://」などを特に気にしていなかったChromeユーザーであれば怖がって、
すぐに離脱する人やリピート訪問をやめようとする人も出てくるかもしれませんし、
同じ情報なら安全への意識が高い会社のサイトを選ぶ人が増えることも考えられます。

 

そしてじわじわセッションが減っていくことによるSEO評価への影響も心配です。

 

 

■常時SSL化する場合の流れ

 

dreamユーザーさんが常時SSL化をする場合、大きく分けて3つの作業が必要になります。

 

1、SSL証明書を取得する

 

  実在性を証明するもので、第3者認証機関の審査を基準として発行されます。
  Canonetの場合、シマンテックのSSL証明書 81,000円(税別)。

  ※SSL証明書は毎年更新する必要があります。(81,000円/年)

 

  常時SSL化した戦国不動産でセキュリティを確認できます(ページ左下)

 

2、@dreamの設定変更

 

  常時SSL対応の@dream(賃貸版8.17~ 売買版9.17~ 売却版1.6~)が必要です。
  「https://」へのURL変更他、出力設定やリンク先変更など多数の変更を行います。

  ※動作要件を満たした@dreamでない場合は出力エラーとなります。

 

3、htmlファイルのリンク先修正

 

  SSL証明書を置けば「安全な接続」と表示されるわけではありません。 
  ページ内のリンクについて常時SSL化に伴う適切なURLへの修正が必要です。

  ※ページにより「not secure」にならないようサーバー上の全ページが対象

 

上記のとおり、常時SSL化するには大変な作業が伴います。
必要に迫られた時にすぐ出来ることではない点も踏まえて考える必要があります。

 

 

■常時SSL化まとめ

 

常時SSL化は「様子を見て考えればいい」から「する必要がある」へ。

 

Googleは今後もさらにChromeのセキュリティ強化を進めていくようです。

 

最終的には、シークレットモードではないときも、すべてのHTTPページに
対して「Not secure」警告を表示する予定です。

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

 

モバイルフレンドリー同様、常時SSLも先々スタンダードになるはずで、
インターネット不動産をする以上、避けては通れないと思うしかありません。

 

気づいたら取り残されてた・・・ということにだけはならないよう
今から自社での対応を考え、計画的に進めていくことをお勧めします。

 

お客様のためにもあらゆる面で万全なサイト運営をしていきましょう。

 

 

 

第2回九州・沖縄ブロック勉強会開催報告

 

9月12日(火)に福岡で行われた第2回九州・沖縄ブロック勉強会の報告です。

当日は熊本、福岡、大分、鹿児島、宮崎、沖縄と幅広いエリアから
9社10名のユーザー様にご参加いただきました。

 

今回は事前に参加社様に「商圏規模 ・ライバル会社 ・導入からの経過年月
現在のアクセス数 ・反響実績」をヒアリングシートに記載いただいて情報共有し、
各々の状況を踏まえた意見が出せるような形で進めました。

 

まずは操作講習会からスタートです。

 

メールリンク(mail to)の見直しからフォーム紹介

レスポンシブページのアップデート(色変更・フォーム設置)紹介

・HPアップロード>基本設定>地図設定>ルート検索の活用

@dream道~御社のProgre見せてください(西京地所編)から

  ∟物件マスタのコンポボックス項目の工夫

  ∟顧客カルテ「接客履歴」の活用事例

・@dreamスケジュールマスタの活用

 

 

その後、Google Analyticsの基本的な見方を、東京ブロックキャプテン南部不動産様の
実際のデータを使ってご紹介しました。(遠藤社長ご協力ありがとうございます!)

 

後半は事前にいただいたヒアリングシートを元に各社の悩みや疑問、相談について
参加者の皆さんでディスカッションを行いました。

 

また、九州ブロックキャプテン小松社長からは最近ご導入いただいた
サイト内ブログの効果について、サイト内全体のアクセス上位30位にブログ記事が約6割。
そしてリファラー(参照元)の3割がブログ経由しているという実績も発表されました。

 

サイト内でブログを書くことで、一定の効果が見込めるのは間違いなさそうです!
参加ユーザー様の反応も高く、早めに取り組んだ方がいいという声が挙がりました。

 

その後も少人数ならではの濃厚な意見交換で、あっと言う間に勉強会は終了。

 

 

 

懇親会には6社7名のユーザ様に参加いただき、こちらも大変盛り上がりました!

 

【参加いただいた皆さま】

九州・沖縄ブロックキャプテン
  シガレットホーム 小松秀行様

 

以下、申し込み順

毎日リビング株式会社    山野晋平様
Kカンパニー    寺本貴美代様
ハミング不動産有限会社    岩下寛人様
ありがとう不動産    寺園秀毅様
日本オフィス商事㈱    秦肇様  金髙多恵子様
株式会社 コントス    幸壮一郎様
オレンジホーム株式会社    志堅原隆様
株式会社だんだんホーム    藤井木ノ実様
有限会社丸美不動産    安河内裕一様

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
次回、11月14日(火)のご参加もお待ちしています!

 

 

【今後の開催】

9月26日 関東ブロック勉強会 (上野会場)
10月10日 東京ブロック勉強会(新宿会場)
10月17日 中四国ブロック勉強会(高松会場)

 

詳細については@dream全国ブロック勉強会ページでご確認ください。

 

 

 

作るだけじゃもったいない!検索条件ページのSEO

 

前回のSEO関連エントリーでお伝えした「Titleとdescription」のこと。

 

 

スモールワードでの検索に強い@dream検索条件ページにも適切なものを
きちんと設定してあげることで検索流入の可能性がさらに広げられます。

 

今回は@dream検索条件ページのSEO対策についてご紹介します。

 

 

■検索条件ページの初期状態

 

検索条件ページを作ると、自動的に検索条件名がtitleやdescriptionの一部に入ります。
下記は「GoogleMap公開」という検索条件ページのソースを表示したものです。

 

 

description 検索条件名+物件の不動産物件情報は「会社名」にお任せください

keyword  検索条件名+不動産、賃貸(売買)

title    検索条件名+物件情報

 

 

だから自分で何かしないと空になってしまうというわけではないのですが、
ソフトで一律に吐き出されるため、Googleへのアピールにはイマイチな気が・・・

 

せっかくスモールワードの検索に強い検索条件ページですから、
検索条件設定を入れるひと手間をかけて、効果をより高めましょう。

 

 

■効果的な検索条件設定

 

検索条件ページを作成したら、個別に「検索条件設定」を入れましょう。

 

 

個別に設定を入れる場合は、titleも検索条件名をベースに工夫することができます。
ページ内容が分かる簡潔な説明的なタイトルを28文字以内で入れましょう。

 

descriptionについても、その検索条件ページに載せている情報の概要や
物件の特徴などを分かりやすく120文字以内を目安に登録してください。

 

 

実際の検索条件ページでのtitle表示部分

 

 

ソース側にも個別の検索条件設定がきちんと反映しています。

 

 

■検索条件ページのSEOまとめ

 

検索条件設定を個別に入れたら、スモールワードでの色々な検索に
すごく引っかかるようになった、というケースが少なくありません。

 

 

 

これから検索条件ページを作る場合は、検索条件設定も一緒に入れてください。

 

すでに検索条件ページがたくさんある場合、個別に入れていくのは大変ですが、
ニーズの高そうなものから優先順位をつけて地道に進めていくようにしましょう。

 

検索条件ページの内容をロボットにもユーザーにもより正しく伝える方がいい!

 

やっておけば先々ずっと検索され続けます。こうしたひと手間は是非かけてください。

 

 

テクニック集 @dream 検索条件ページの作成と検索条件設定