Googleが全サイトモバイルファーストインデックス化を発表

 

先日、Googleが「2020年9月からすべてのWebサイトのモバイルファーストインデックス
作成に切り替える」と発表しました。(モバイルファーストインデックス以下:MFI)

 

MFIとは「PC向けページで評価するのではなく、スマホ向けページでの評価に
基づいて検索結果を決定します」というもの。2016年11月にGoogleから発表され、
2018年3月には準備の整ったサイトからMFIへの移行が段階的に始まりました。
そして現在、結果に表示されるサイトの70%が移行を完了しているそうです。

 

すでにMFIに切り替わっているサイトはこの発表について心配いりませんが、
スマホ対応をしていない、あるいはスマホ向けサイトはあってもPCサイトに比べて
省略されているコンテンツが多い場合は、まだMFIになっていないので、
9月からの切り替えに備え、今からしっかり準備を進めていくことをお勧めします。

 

 

全サイトのMFI移行とは?

 

これまではGoogleが「モバイル対応を完了して準備が整った」と判断したサイトが
MFIへ移行され、スマホ向けページが評価対象として見られるという流れでした。
そのためモバイル対応がなくても、PC向けページを対象に評価されていましたが

 

2020年9月からすべてのWebサイトのモバイルファーストインデックス作成に切り替えます。その間、システムが準備が整ったことをシステムが認識すると、引き続きサイトをモバイルファーストインデックス作成に移行します。その後、従来のデスクトップのGooglebotを使用してクロールすることもありますが、検索のほとんどのクロールはモバイルスマートフォンユーザーエージェントで行われます。 googleウェブマスターセントラルブログ

 

MFIへの移行後は、スマホ向けページの評価に基づいた検索結果になります。
スマホ向けページでの評価がデフォルトになるとPCページのクロール頻度は
圧倒的に少なくなるので、かなり評価されづらくなってしまいそうです。

 

 

MFIの確認

 

自分のサイトがMFIになっているかの確認はサーチコンソールから行えます。

 

サーチコンソール>設定

 

インデックスクローラが「スマートフォン用Googlebot」となっていれば、
すでにMFIになり、スマホ向けページが評価対象になっているので問題ありません。

 

 

「パソコン用Googlebot」となっている場合は、まだMFIに移行していない状態です。

 

レスポンシブサイトやスマホ向けサイトがあってモバイル対応ができていれば、
Googleの方で順次、切り替えてくれるので待っていれば大丈夫です。
ただスマホ向けサイトの場合は、PCサイトに比べてコンテンツが省略されているなど、
準備が整っていないことから、MFIに切り替わらないケースもあるようです。

 

 

考えられる影響と対策

 

MFIで評価対象になるスマホページの準備・確認をしましょう。

 

○スマホ対応ができていない場合

PC向けページしかないサイトでは評価されづらくなってしまうことで、
じわじわと検索順位に影響が出てくる可能性が考えられます。
レスポンシブサイトにするか、PCサイトと別にスマホサイトを作るか、
とにかくモバイルフレンドリーなスマホ対応を準備する必要があります。

※Googleはレスポンシブウェブサイトを推奨しています。

 

○PCサイトとスマホサイトを別に運営している場合

 

PCサイトと別でスマホサイトを運営する(セパレート)場合は、
どちらで見ても同じコンテンツ内容やボリュームにするのがポイントです。
PCサイトにあってもスマホサイトになければMFIで評価対象になりません。
タイトルやディスクリプションもページごとしっかり入れておきましょう。

 

 

全サイトMFI化まとめ

 

準備が整わないままMFIに移行された結果、どんな影響が出るか分かりませんが、
次第に検索順位が下がるなど、何らかの影響を受けるだろうことは予想されます。

 

PCサイトのみの場合は、スマホ対応を行う。
PC/スマホの場合は、PCと同等のコンテンツか確認する。

 

お客様にスマホで見やすいサイトを提供していくためにも、
2020年9月からのMFI移行に備えた準備をぜひ進めていってください。
今から対応していくことは来年の繁忙期に向けた備えにもつながります。

 

 

 

2020年@dream全国ユーザーミーティング年間開催予定

 

2016年から4年に渡って開催してきた「@dream全国ブロック勉強会」に代わり、
今年は「@dream全国ユーザーミーティング」を開催することとなりました。

 

全国ブロック勉強会では、各ブロックのキャプテン方を中心にユーザー様間の
コミュニケーションが密に取られ、情報交換の場として活用いただきました。
と同時に@dreamを中心とした操作講習を望まれるお声も多く寄せられたため、
価値ある関係を継続しながら、より成果に結びつけるための@dream活用と、
来るべき縮小のマーケットに耐えるための情報提供の場にしたいと思います。

 

@dream全国ユーザーミーティングの開催概要は以下を予定しております。

 

  • ・@dreamの操作講習
  • ・ゲストユーザー様による事例発表
  • ・当社からトレンド情報の提供
  • ・懇親会

 

@dream操作講習は新機能の他、活用のポイントなどもお伝えしますので、
実務を担うスタッフ様にも参加いただくことで活用の幅も広がると思います。

 

年8回、全国8か所の開催となります。年間開催予定は次のとおりです。

 

  • ・@dream全国ユーザーミーティングIn 上野 4/21(火)
  • ・@dream全国ユーザーミーティングIn 岡山 5/19(火)
  • ・@dream全国ユーザーミーティングIn 新宿 6/9(火)
  • ・@dream全国ユーザーミーティングIn 大阪 7/7(火)
  • ・@dream全国ユーザーミーティングIn 福岡 8/25(火)
  • ・@dream全国ユーザーミーティングIn 横浜 9/8(火)
  • ・@dream全国ユーザーミーティングIn 名古屋 10/6(火)
  • ・@dream全国ユーザーミーティングIn 仙台 10/27(火)

 

各会とも、開催前月の月初にお申込み開始のメールをお送りします。
4月より順次ご案内させていただきます。

 

これまでの全国ブロック勉強会にご参加いただいていた方はもちろん、
ご参加いただけなかった方も今年の「@dream全国ユーザーミーティング」に
是非お越しいただき、最新情報や今後のヒントをつかんでください。

 

▼@dream全国ユーザーミーティング