注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます

 

近年、SEOやMEOに効果があるとして「サイテーション」が注目されています。

 

SEOはホームページを検索結果で上位表示するための検索エンジン対策ですが、
MEO(Map Engine Optimization)はGoogleマップ検索(ローカル検索)で、
Googleマイビジネスを上位表示をさせるために最適化する対策のことです。

 

今回はこの「サイテーション」についてご説明したいと思います。

 

 

サイテーションとは?

 

サイテーション(Citation)とはもともと「引用・言及」を意味する単語で、
SEOやMEO対策では、第三者にサイト名などを載せてもらうことを言います。

 

具体的には「サイト名(会社名)」、「住所や電話番号」、「サイトのURL」が
他のサイトやSNS上などで、引用・言及される(紹介や話題にされる)ことで、
被リンクとは違い、自社サイトへリンクを張ってもらう必要はありません。

 

・○○不動産で家を借りたら対応がすごくよかったからお勧め!
・○○不動産は物件の情報が詳しくて助かるから見てみて! https://xxx.jp

 

リンクがなくても好意的な引用が多ければ、人気があって信頼性が高いと
考えられることから、サイテーションも評価の対象になってきています。

 

「ネット上でどう思われているか?、SNS上でどう言われているか?」

 

現在のGoogleはこうした点も重視して見ているということですから、
今後は『サイテーション獲得』も意識していく必要がありそうです。

 

※被リンク(質のよいリンクをもらう)も引き続き、SEO対策で重要です。

被リンクとは? 今も有効な被リンクについておさらい
被リンクとは? 今も有効な被リンクについておさらい
Googleは「ユーザー第一主義」。ユーザーに役立つサイトが上位表示されるべき と考えていて、検索順位を決める評価の基準も全てはそこに基づいています。
2018-03-15 11:00

 

 

サイテーションの効果

 

サイテーションを獲得すると、他のサイトやSNSで自社が紹介されることになるので、
その数が増えることで、知名度や信頼性の上昇が期待できます。

 

ローカル検索のランキングでは「知名度」「距離」「関連性」が重視されるため、
知名度を上げることで、Googleマップ検索で上位表示の可能性につながります。

 

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み

 

また多くの人に言及されるのは、必要とされている情報とも言えるので、
サイトの信頼性が増すことにもつながり、SEO対策としての効果も期待できます。

 

 

サイテーションのためにできること

 

サイテーションは「他サイトやSNSで自分のサイトが紹介される」こと。
被リンク同様、簡単に獲得したり、計画的に増やせるものではないので、
まずは基本どおり、ユーザーのためになるサイト運営をしていきましょう。
よい意味で言及や引用されるためには、有益な情報が不可欠だからです。

 

その上で、会社の存在を正しく伝えるため正確な情報への統一をしたり、
GoogleマイビジネスやSNSを活用して認知を上げる活動を行っていきます。

 

 

○正確な情報への統一

 

自社サイトはもちろん、GoogleマイビジネスやSNSなどに載せた
会社情報の表記がすべて一致しているようにしておきましょう。

 

Name(名前)、Address(住所)、Phone(電話番号)は特に重要です。

 

戦国不動産株式会社、戦国不動産(株)、戦国不動産と表記が違ったり、
住所の番地や建物名の記載、電話番号のハイフンが有り無し一致していない・・

 

表記がまちまちだと、別の会社と認識されたり混乱する恐れがあるため、
サイテーション効果を得るには、これら情報の統一が必須になります。
(半角・全角も同じにするくらいの徹底を意識するとよいでしょう)

 

○SNSの活用

 

会社のTwitterやFacebookページを作って、コツコツ情報発信していきましょう。
アカウントを作って登録することが、ひとつサイテーション獲得にもなります。
情報配信を続けて認知を高めることで、引用される機会が増えていきます。
間違った情報が拡散・引用されないよう、常に正確な情報を伝えてください。

 

Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う
Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う
すでに自社のFacebookページを立ち上げ活用している方も多いと思いますが、 昨年末のドリームデイ、Yext様の特別講演でも運用を勧める話しが出ていたため、
2019-01-31 15:00

 

○Googleマイビジネスの運営

 

GoogleマイビジネスはMEO対策としてとても重要なだけでなく、
口コミもサイテーションや知名度に大きく関わってきますので、
必要な情報を正しく入れて、しっかり活用していきましょう。

 

Googleマイビジネスの基本情報をあらためて確認しませんか?
Googleマイビジネスの基本情報をあらためて確認しませんか?
Googleマイビジネスに登録して、実際に活用している方が増えてきました。基本情報を充実させて、写真や投稿機能、口コミ管理などもぜひ活用してください。
2018-12-06 15:00

 

 

サイテーションの注意点

 

サイテーションも被リンクと同様、自然獲得したものに価値があります。
自作自演であちこちに会社名やURLを載せまくるのは絶対にやめましょう。
ペナルティになって悪い結果につながってしまったら元も子もありません。

 

またサイテーションを増やしても、それだけでは上位表示にはなりません。
他の色々な評価要因も関わるので、とらわれすぎないようにしてください。

 

 

サイテーションまとめ

 

良いコンテンツやサービスには、自然に良い評価や好意的な引用が増えます。

 

サイテーションの意味や効果を知って、少しずつ増やしていきたいと思うと、
サイト運営はもちろん、GoogleマイビジネスやSNS活用の意識も新たになりますね。

 

まずは「正確な情報の統一」がされているか確認することから始めてみましょう。

 

 

 

 

エバーグリーンコンテンツ作成のススメ

 

質のよいコンテンツを増やすのが大事! 定期的に更新するのも大事!

 

小手先のテクニックが通用しなくなった現在のSEO対策として、
「コンテンツの質と量」を考えていくことが大切と言われていますが、
具体的にどんなコンテンツを作って更新すればいいのでしょうか?

 

そこで今回はSEO対策や集客に有効なコンテンツ作成を考えてみたいと思います。

 

 

エバーグリーンコンテンツ

 

内容が古くなったり変わったりせず、価値を失わないコンテンツを
『エバーグリーンコンテンツ』(いつも緑=常緑)と言います。

 

エバーグリーンコンテンツはユーザーに有益な情報を提供し続けるため、
長い間、集客に役立つだけでなく、SEO的なメリットを得ることもできます。

 

質の高いコンテンツを作ろうとすると、専門的な内容を書くだけでなく、
分かりやすさや読みやすさも考える必要があるので、時間がかかります。
同じ時間をかけるなら、エバーグリーンコンテンツに取り組んでみましょう。

 

 

エバーグリーンコンテンツに向いてるテーマ

 

先々もずっと必要とされ、流行り廃りのないコンテンツにする必要があります。
SEO対策や集客に有効で、作りやすいコンテンツをいくつか挙げてみます。

 

○よくある質問

実際にお客様に聞かれた質問を優先して載せ、回答をしっかり書きましょう。
一人のお客様が疑問に思ったことは、他の多くのお客様にもあてはまるはずです。
不動産会社にとって当たり前のことでも、お客様が知っているとは限りません。
専門家らしく、でも誰にでもわかるような丁寧な回答を心がけましょう。

 

○お客様の声

お客様に感想をもらう流れを作って、掲載するコンテンツを作りましょう。
できるだけ手書きでもらい、画像として載せておくとやらせに見えません。
ただし、画像を並べただけではSEOや集客の効果につながりませんし、
手書きの文字は読みづらい場合も多いので、テキストでも掲載します。

 

○相談事例

実際にお客様にいただいた相談と、どのように解決したか事例紹介するページです。
一般的な疑問と違い、ケースバイケースの悩みや相談は検索しても解決しないため、
似たような内容があるだけで価値になりやすい上、安心や信頼にもつながります。

 

○不動産用語集

 

上の3つに比べると簡単に作成できる分、自社の運営に紐づいていないため、
エバーグリーンコンテンツとして効果を得るためには、少し工夫が必要です。
どこのサイトにも載っている一般的な用語はどこよりも詳しく説明したり、
あまり取り上げられない用語や少し難しい用語を分かりやすく解説するなど、
ここにしかない価値をつけて丁寧に作成するのがポイントになると思います。

たとえば「IT重説」「インスペクション」など。言葉を聞いたことはあっても、
よく知らなかったり、自分に関係あるのかすら気づけない場合もあったりします。
ユーザーへの貢献を考えながら作ると、質の高い用語集ができそうですね。

 

 

エバーグリーンコンテンツまとめ

 

ご紹介したようなコンテンツを作るのは、はじめは大変かもしれませんが、
作ってしまえばネタ切れの心配もなく、月イチなど定期的な更新がしやすいです。
不動産に関する単語が自然に盛り込まれ、専門的な内容で文字数も増えるので、
コンテンツの質も上がり、検索にかかりやすくなって新規獲得も期待できます。

 

エバーグリーンコンテンツを作ったり、コツコツ更新したからといって、
直接、反響になるものではありませんが、SEO対策や集客にも貢献する上、
専門性や信頼性の向上などブランディングの面からも長期的に役立ちます。

 

3年後、5年後を視野に入れたサイト運営、質向上を考えていきましょう。

 

 

Googleの言う「質のよいコンテンツ」ってナニ?
Googleの言う「質のよいコンテンツ」ってナニ?
前々回のイマドキSEOの大事なことをおさらい!では、これからのSEOは 「質のよいコンテンツ」「質のよいリンク」の2点が重要というお話をしました。
2017-05-11 15:00

 

サイトやコンテンツの更新を意識しよう
サイトやコンテンツの更新を意識しよう
更新と聞いて「毎日アップロードしているから大丈夫!」と思っていませんか? ここでの更新とは「アップロードする」ことや「更新日付を変える」ことではなく、
2017-10-16 15:00

 

今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう
今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう
2018年も残すところあとわずか。今年は常時SSL化やモバイルファーストインデックス、 スピードアップデート、あるいはGoogleマイビジネスでのローカル検索
2018-12-20 15:00