とにかく選ばれること。そして全力で満足してもらうこと。

 

RSCが毎年実施している「不動産情報サイト利用者意識アンケート」の調査結果から、
今年は「ユーザーの不動産会社選択」について取り上げてみたいと思います。

 

不動産情報サイト利用者意識アンケート調査結果不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)

 

 

物件を契約した人が訪問した不動産会社数

 

物件を契約した人が訪問した不動産会社数は平均2.5社。2社までの合計が6割を超えています。
賃貸・売買別では賃貸が1.9社と過去最少。売買(3.0社)より1.1社少ない結果となりました。

 

 

ユーザーが実際に訪問する不動産会社数は年々減っている傾向があるので、
今後さらに「訪問前に選別されている」ことを意識した方がよさそうですね。

 

では、ユーザーは何をポイントに不動産会社を選んでいるのでしょうか?

 

 

不動産会社を選ぶ時のポイント・気にする点は?

 

問合せや訪問を行う際に不動産会社を選ぶ時のポイントは約7割が
「写真の点数が多い」がトップ。「特にポイントとなる点」でも1位です。

 

 

  • 写真の点数が多い
  • 店舗がアクセスしやすい場所にある
  • 他にもたくさんの物件を掲載している
  • 写真の見栄えがよい
  • 会社案内(会社の写真等)が詳しく紹介され安心感が持てる
  • 地元で知名度のある会社である
  • その物件のウィークポイントも書かれている

 

写真が多い・見栄えがよい、ウィークポイントも書かれているといった点は
事例発表やブロック勉強会などで、これまで何度も出ているマスト要件!
ちょっとしたこだわりを持つことで、他社との差別化につながります。

 

物件写真もやっぱりユーザー目線が大切だった!
物件写真もやっぱりユーザー目線が大切だった!
物件写真の充実している不動産会社が選ばれやすい傾向にある昨今、 写真を載せるのはもちろん、枚数を載せることも当たり前になっています。 物件や不動産
2017-12-22 15:00

 

 

会社案内ページも店内写真やスタッフ紹介など自社の雰囲気を伝える工夫を
ドンドンしてみましょう。何年も前の社長挨拶を見直すのもいいかもしれません。

 

店舗の場所は、送迎サービスがあればカバー出来るかもしれませんし、
地元での知名度もGoogleマイビジネス運用やSNS、地域ブログを活用した
ブランディングに取り組むことで、少しずつついていくと思います。

 

まずは「実際に訪問してもらえる1社」になる確度を上げていくために、
選ばれる要素を、他社より1つでも多く持てるようにしていきましょう。

 

では、選ばれた後は、どんなことに注意した方がよいのでしょうか?

 

 

不動産会社の接客で満足だったこと・不満だったことは?

 

不動産会社の接客について満足だったことは「レスポンスが早かった」がトップ。
一方、不満だったことは賃貸・売買とも対応面についての不満が目立ちます。
誠意ある接客姿勢が契約につながる大きなポイントになっているといえそうです。

 

 

売買の不満1位は「営業がしつこかった」、2位が「契約の意思決定を急かされた」。
賃貸は「その物件はもうないと言われた」「問い合わせをしたら返答が遅かった」と続きます。
賃貸の場合は満足だった点からも「とにかくスピーディな対応」が重要と分かりますね。

 

せっかく選んでもらえたのに、接客に不満を持たれたら元も子もありません。
接客の良さ、悪さは口コミやその後の紹介などにも影響する可能性があるので、
今後もいっそう、お客様の立場になって考えた対応を心がけていきたいですね。

 

 

とにかく選ばれること。そして全力で満足してもらうことまとめ

 

一般消費者(実際に物件を契約した人を対象)が回答したアンケート結果から、
「ユーザーの不動産会社選択」についての行動や意識を見てきました。

 

とにかく選ばれること。全力で満足してもらうこと。
そのために改善できること、取り組まなければならないことは何ですか?

 

ユーザーが不動産会社を選ぶ目は今後もますます、さらにさらに厳しくなります。
たとえ手間はかかっても、できる限りのことをしていきましょう。

 

 

 

 

今年度のブロック勉強会でもトピックに上がっているGoogleマイビジネス。
「口コミの数」と「評価の高さ」も重要な要素になっているということで、
口コミの集め方や返信の仕方についてもディスカッションされています。

 

口コミは「お客様が自発的に書いてくれて」少しずつ増えるのが理想ですが、
待っているだけでは(数が少ないうちは特に)思うように集まらないもの。
そこで成約したお客様などに、口コミのお願いすることになるわけですが、
口コミを投稿するのは、その画面を出すまでが意外と面倒だったりします。

 

Googleで自社名検索してもらい、Googleマイビジネスを見つける。
そして「口コミ」をクリック。スマホならさらに下へスクロールして・・
口コミはスマホから投稿することも多いので、これではちょっと大変。

 

投稿の仕方を知っていてもめんどくさい⇒「あー後でやっときますね!」
知らないとたどり着けない⇒「入れてあげたいけど分からないからいいか」

 

となってしまったらもったいない!

 

お客様に出来るだけ手間をかけさせないよう準備しておくのがベストです。
そこで今回はQRコードで直接、口コミ投稿ページを開く方法をご案内します。

 

 

QRコードから口コミ投稿ページを開く

 

まずはQRコードから自社の口コミ投稿ページが開く状態を確認してみましょう。

 

【サンプル】

スマホで下記のQRコードを読み取ると・・・

 

リングアンドリンクの口コミ投稿ページに遷移します。

※Googleにログインしていないと投稿ページは開きません。(口コミ投稿にはログインが必要なため)

 

 

プレイスIDを取得してQRコードを作成

 

まずは Place ID Lookup Tool を使って、プレイスIDを取得しましょう。

 

「Enter a location」にビジネス名を入力、候補から正しいものを選択します。
(ビジネス名はGoogleマイビジネスに登録している会社・店舗名)

 

ビジネスを登録した場所に移動し、Place IDが表示されました。

 

Place IDをコピーします。

 

下記の URL にコピーしたPlace ID を追加してリンクを作成します。

https://search.google.com/local/writereview?placeid=<place_id>

 

リングアンドリンクの場合はこのようになります。

https://search.google.com/local/writereview?placeid=ChIJUxVzIYvnGGARCr68G6Ogg7Y

※パソコンの場合はこのリンクURLを送れば、直接、投稿ページを開いてもらえます。

 

 

スマホ用として、作成したリンクURLを使ってQRコードを作成します。

 

QRコード作成サービスでリンクURLを挿入。画像を作成します。

 

任意の場所に保存して、口コミ集めに活用していきましょう。

 

 

QRコードを印刷しておき、お客様に投稿をお願いする時に渡すとよさそうですね。
丁寧なお願いの言葉も添えるなど、自社なりの工夫をするのもよいかもしれません。

 

 

口コミをもらうための工夫まとめ

 

お客様に余計な手間をかけさせず、口コミ投稿をお願いする方法をご案内しました。
こうした工夫や配慮をすることは「丁寧で行き届いている」「相手の立場を考える」
という印象も与えるため、ただお願いするよりずっと効果があると思います。

 

口コミは数が増えてくると、自然発生でもつきやすくなっていきますし、
バンドワゴン効果(人気のあるもの、評価されているものに惹かれる)も得られ、
Googleの評価だけでなく、反響面での恩恵も期待できるようになります。
時間はかかりますが、リアルな口コミを地道に増やす努力をしていきましょう

 

※自作自演や、やらせ口コミはGoogleのガイドラインで禁止されています。
Googleは投稿者のIPアドレスやアカウント、投稿頻度を見ていると言われるので、
きっとバレます。不正はもちろん、不自然な投稿などもしないようにしましょう。
また口コミのお礼に謝礼を渡すことも禁止されているので合わせてご注意ください。