仲介業のあり方が問われる!

 

昨年の6月、唐突に出た記事でしたが、

宅地建物取引業(宅建業)の免許を持たない個人や法人が、
不動産業者へ顧客を紹介した際に手数料を受け取る行為

について経済産業省が合法であるという認定をしました。

 

物件の紹介は媒介にあたるが、不動産業者の紹介だけなら媒介にあたらない

 

とのことで、顧客を不動産業者へ送客する行為ということであれば、
利益目的で繰り返し、行ってもよいことになったのです。

 

また12月には、契約の場に顧客を紹介した事業者が立ち会い、契約成立時に
手数料を受け取る行為に対しても、物件の説明、取引条件の交渉・調整の行為は
顧客と不動産業者との間で直接行われ、事業者が一切関与しないことから
「宅地建物取引業」には該当しないという見解も出されています。

 

この認定や見解は規制を所管している国土交通省の確認を得た経済産業省から
出されたもので、狙いは「新たなサービスの創出及び拡大」だそうですが、
免許がなくても不動産に関わるビジネス(紹介)が出来るようになることで、
異業種からの新規参入を促し、業態の活性化を図りたいということのようです。

 

不動産会社へ顧客を送客しえる事業者はビジネスチャンスを探っていることでしょう。
(この辺りのことについては今後、もっと掘り下げて考えていきたいと思います)

 

免許をもつ不動産業者はルールに基づいて契約に至るプロセスを踏むのに比べ、
紹介事業者のルールはとてもあいまいに見えます。

 

不動産業界が活性化するのは良いことですし、送客してくれる窓口が増えて
需要につながるのであれば尚、良いことですが、悪質な事業者が現れる懸念もあります。
トラブルを抱える顧客や不動産業者も出てくるのではないでしょうか・・・

 

これからの時代はこれまで以上に、正しい情報と信頼される対応
重要度がさらに増すことになっていくと強く感じます。

 

紹介ビジネス合法の流れが今後どうなるか、まだハッキリわかりませんが、
アンテナを高く立ててつつ、やはり「真面目に一生懸命」が大切ですね。

 

全国ブロック勉強会では、こうした業界動向に絡んだことについても
取り上げていきますので、ぜひ有益な情報を得る機会にしてください!

 

今後の開催申込はこちらから(神奈川、大阪、名古屋、福岡

 

 

 

インターネット不動産業者交流会2017開催報告

インターネット不動産業者交流会2017

 

2017年5月16日(火)インターネット不動産業者交流会2017が開催されました。

今回はウェブ動向が新しい方向に変わりつつある節目に来ていることに加え、
LINE@セミナーへの関心も高く、朝からたくさんの方にご来場いただきました。

 

賃貸の部屋(午前)

賃貸午前の部屋

株式会社フロンティア技研 三浦様
佐萬不動産株式会社 佐久間様

 

ホームページをすでにレスポンシブ化しているパネラー2社様からは、
レスポンシブページへのリニューアル後、アクセスが増えたことや、
ブログをドメイン内に設置できるWordpressに変更して運営していること。

またSNS(TwitterやYoutube)の考え方や使い分け、工夫などに加え、
LINE@の活用と合わせて、注意している点についても触れられていました。

@dreamでは棟マスタを利用した独自の運用も一例として紹介されました。

 

売買の部屋(午前)

売買午前の部屋

有限会社アイエステート 赤山様
前橋住まいる 徳江様

 

売買午前の部屋では「反響を得られたきっかけ」「WordPressのホームページへ
リニューアルしたきっかけ」についての具体的な内容や考え方が発表されました。

ターゲットを女性に絞り、徹底したホームページを作りをして成果に結びつけたこと。

手を入れすぎて重くなり、モバイルフレンドリーに引っかかったことから発想を転換、
ブログも出来て、更新作業も素早くできるWordPressへのリニューアルを決めたこと。

また導入当初、反響は半年ゼロ、1年でやっと1、2件。それでも寝る間を惜しんで
あきらめずに物件登録を続け、1000件を超えたところからようやくアクセスが増えて
反響も出てきた、といった貴重な経験についても質疑応答の中で回答されました。

 

賃貸の部屋(午後)

ミカハウジング 郡司様
ミナージュ有限会社ミナミ住宅販売 増原様

 

自社を選んでもらうために何をすべきか考え、決めたことをコツコツと
やり続けていくことの大切さが語られたのは賃貸午後の部屋。

ターゲット傾向を分析し、ニーズのある物件を優先的に充実させていく工夫や、
エリアの絞り方、写真、間取り、コメントの充実、SNSを使ったアピールなど、
基本に真面目に取り組むことが反響につながるのだとお話しされていました。

また入居時にお花を贈ったり、誕生日や年始などにハガキを送るといった
忘れられないためのフォローも、次も選ばれるための工夫として挙がりました。

 

売買の部屋(午後)

売買午後の部屋

ひまわり不動産株式会社 小林様
ハーバルホーム株式会社 湯浅様

 

売買午後の部屋では具体的な取り組みに加え、その「取り組みの質」や、
「サイト運営に対する姿勢」といった点についても語られていました。

物件数やコメント充実に注力し、情報の質を高める続けることはもちろん、
写真への徹底したこだわり、ブログを継続することや、SNSの効率よい活用など
特別なことや奇をてらうのではなく、出来ることを本当に徹底してやる大切さ。
パートさんの作業分担やアナログ営業の併用なども含めたお話となりました。

 

「不満はすべてやってから」という言葉に衝撃を受けた方も多かったと思います。

 

 

選ばれる会社になるためには真剣に取り組み続ける必要がある。

 

8社様に発表いただいた内容は取り上げられたテーマや切り口こそ様々でしたが、
この点は必ず共通していて、それが出来ればこそ、反響や成果を得られるのだと
参加された皆さんに改めて再認識していただけたのではないかと思います。

 

TV撮影の取材を受ける場面もありました

 

当日は会場となったTKP市ヶ谷カンファレンスセンターに某TV番組の取材が入っていて、
分科会の様子の撮影他、弊社代表の金丸がインタビューを受ける一コマもありました。

 

全体会(モバイル対応について)

情報交換会

全体会は3部構成。

 

まずは主席コンサルタント斎藤から全国ブロック勉強会についてのご説明。

集客やサイト運営といったテーマを決めて、本音の議論が行われる勉強会を
自分で考えていてもわからない気づきやヒントを見つける機会にしてください。
反響を得るため、生き残るためにアンテナを高く持つことの大切さもお伝えし、
来週以降の東北、神奈川、近畿、九州エリアの開催もご案内しました。

 

そして次に今後のモバイル対応について。

PC/スマホまたはレスポンシブ化という主に2つの選択肢があることと合わせ、
現在開発中の@dreamレスポンシブ対応ページも少しだけご紹介しました。

またGoogleが強く求めている「質の高いコンテンツ」についても触れ、
評価を得るためには「手間を惜しまず情報を充実させる」ことが不可欠だが、
それは、これまで皆さんが取り組んできた真面目に一生懸命やることとイコール。
真剣な取り組みが今後の最善策になっていくことを改めてお伝えしました。

 

LINE@セミナー

LINE@セミナー

 

第2部は、LINE Business Partners 様による「LINE@活用セミナー」。

LINE@のサービス内容やアカウント体系の話だけにとどまらず、
メッセージでの情報配信は読んでもらえるメリットが高く、その後に
HP閲覧などのアクションにつながる確率も高く反応が良いという統計や
1:1トーク機能を利用すると問合せのハードルがグッと下がるといったことが
実際に導入されている店舗の事例を挙げながら具体的に紹介されました。

 

今やスマホユーザーのほとんどが日常的に使っているLINE。
エンドユーザーの行動のきっかけを作るツールとしてご提案いただきました。

 

金丸講演 テーマは「IotとAI」

 

Iotとは「Internet of Things」の略。「モノのインターネット」と訳されます。
すべての「モノ」がインターネットにつながることやその仕組みを表していて、
これにより生活やビジネスが変わるかもしれないというものです。

 

IotやAIが進んでいくと、取って代わられる色々なビジネスがなくなっていく。

不動産業界も、レインズ改修やビッグデータ公開、価格の透明化、
全国データベース構築などの流れから、今後の見通しが明るいものではなく、
先々は不動産会社が必要なくなってしまうことすら懸念される状況。

 

生き残るためには「賃貸管理を増やす」「売買の買客を取る」といった対策だけでなく、
1人1人がセンサーとなり新しい解を作っていくこと(レスポンシブへの挑戦など)、
そして得た知識や思いをみんなで共有して、消費者に伝えるブランドを作っていく・・

IotやAIが進んでいく世の中だからこそ、人と人とのつながりを大切に、
今後はさらに団結して乗り切っていきましょうというメッセージをお伝えしました。

 

情報交換会

情報交換会

 

情報交換会は今回もたくさんの方にご参加いただきました。

 

事例発表や全体会の内容についての意見交換が行われているテーブルや、
ブロック勉強会のエリアの仲間で集まって歓談されている場面なども見られ、
非常に盛り上がっての、あっという間の1時間半でした。

 

 

お忙しい中、また遠方からも多くの方にご参加いただきまして

本当にありがとうございました!!

 

 

Googleの言う「質のよいコンテンツ」ってナニ?

 

前々回のイマドキSEOの大事なことをおさらい!では、これからのSEOは
「質のよいコンテンツ」「質のよいリンク」の2点が重要というお話をしました。

 

細かいテクニックより中身が大事!

 

Googleと同じスタンスで、ユーザーを裏切らないサイト運営をしましょう。
楽な方法も裏技もないから、自分でちゃんと頑張らないといけないね!

 

・・と、ここまではきっと伝わってますよね!?

 

なので今回は「質のよいコンテンツ」というのが具体的に何なのか、
実際にまず何にどう取り組めばいいのかを考えてみようと思います。

 

■質のよいコンテンツの要素

 

コンテンツというのは「情報の中身」といった意味のことです。

質のよいコンテンツとして一般的に言われているのがこの3点。

 

1、正確性・・・正しく信頼できる事実に基づいた情報

2、具体性・・・知りたいに応えられるより詳しい情報

3、独自性・・・自分の考えや言葉で書かれたオリジナルの情報

 

最近の検索ロボットは更に優秀になり、検索されたワードに見合う情報の
有無だけでなく、テキストの内容を正確に理解することも出来るそうです。

 

また、より必要な情報があるサイトならクリックも多いはず→クリック率、
正しく充実した情報があれば読む時間もそれなりにかかるはず→滞在時間
なども見て判断すると言いますから・・・小手先が通用しないはずです。

 

だからページごとに何かする的な細かなテクニックにこだわるよりも、
まずはコンテンツを充実させてサイト全体の質を上げることを優先しましょう。

 

不動産サイトでいったら、価格や面積などどこでも載ってる項目だけでなく、
学区や住環境などの具体的な情報や、独自の説明なんかも充実している方が、
コンテンツとしての質は上がるでしょうし、キーワードとの一致や関連性に
つながる可能性もより高くなっていきます。

 

また例えば、不動産購入のノウハウといった専門的なコンテンツを作り、
自分の言葉で詳しく書いたページをコツコツ増やしているサイトの方が、
長い目で見て「ユーザーのためになる」という評価がされやすいはずです。

 

コンテンツの質を上げるために手間をかける、努力を続ける

 

・・・テクニック的に難しいとかではないけど、そのかわり「大変」です。

 

でもそれを続けていくことが、これからは最大のSEO対策になっていきます。

努力を続け、お客様に選ばれて必要とされるサイトになっていくことが、
結果、GoogleのSEO的な評価を得ることにもつながっていくからです。

 

ユーザー重視でちゃんとやれば、結果は後からついてくる

 

Googleが言っているのはこういうこと!

 

コンテンツの質を上げるために、何が出来るか考えてみましょう。
考えたらすぐ取り掛かること、始めたら頑張って続けることも大切です。

 

出来ることからコツコツ進めて、チャンスを広げていきましょう。