第2回近畿ブロック勉強会開催報告(2018)

 

8月7日(火)第2回近畿ブロック勉強会が大阪で開催されました。

 

午前中は不動産全般についてのディスカッションの予定でしたが、
越境参加されたユーザー様も3名いらっしゃったこともあり、
自己紹介を兼ねてそれぞれ今年の反響状況などを確認していきました。

 

前回の勉強会でも出ていましたが、売買では売りを取るしかない、
そのためにはアナログ対応が今は必要である。

 

ブロックキャプテンの赤山社長からはアナログ対応するために
クラウドワークスを使って作成したチラシを持参してもらいました。

 

また皆さんが関心を持ったのは「Googleの口コミ」でした。
参加者様の中には「★★★★★」の良い口コミが10件以上取れている方もいて、
実際、「Googleの口コミを見てきました」というお客様も結構いるそうです。

 

休憩をはさんで午後は勉強会2回目のメインテーマである
「反響を取るためのホームページのポイントを改めて確認しよう」という事で
1時間ほど、お話をさせていただきました。

 

冒頭では前日に@dream+PLUS(本ブログ)で公開した記事
APIキーなしのGoogleマップがついにエラー表示に!」のご説明。

 

請求アカウントはクレジットカード登録が必要という事もあり、
ためらっていた方も多いと思いますが、実際にエラーが出始めています。
APIキーの取得はもちろん、請求アカウントであるGoogle Platformとの
紐付けもすぐに行いましょう、といったことをお伝えしました。

 

ファーストビューを意識する

MFIの観点からスマホサイト、スマホ表示のファーストビューを特に意識

 

○コンテンツの適切な運用

RSC不動産協議会のページを紹介 ユーザーの動向が確認できる
写真掲載枚数の充実、物件のウィークポイントも書く

 

○写真の見栄えも重視する

Good roomのサイトを紹介

 
 
○会社概要、スタッフ紹介の充実

写真は笑顔で。コメントなどしっかり書くこと。特に社長の言葉は重要。

 

 

 

そして残りの時間はディスカッションへ。

 

関東ブロックの副キャプテンである三浦チーフが参加され、
事前に参加ユーザーのHPをチェックをしてくださった事もあり、
三浦チーフから参加ユーザー様のHP診断をしていただきました。

 

三浦チーフに指摘してほしいと希望される方も多く、皆さん非常に良かったと
言っていただきました。三浦チーフご協力ありがとうございました。

 

 

 

みっちりと17時まで勉強会を行った後は懇親会へ。
17名様のご参加でこちらも大変、盛り上がりました!

 

お忙しい中ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました!

 

近畿ブロックの次回開催は、11月20日(火)を予定しています。
次回も多くのご参加をお待ちしています。

 

 

【参加いただいた皆さま】

近畿ブロックキャプテン 株式会社エイトコーポレーション 赤山聡様

芦屋サンクスホーム  坂本彰市様
有限会社ケイ・ライフ  黒田国彦様
リブプライム不動産株式会社  木村洪林様 木村さやか様
株式会社フロンティア技研  三浦勝様
株式会社 丸文不動産  上村忠嗣様
ガイアエステート株式会社  向佳代様
株式会社 ファブリックホームズ  長崎敦様 中村景子様
藤井不動産  古澤卓宏様
株式会社さくらハウジング  高岡弘之様
千里山不動産株式会社  才本聖一様
株式会社ハウスプラウド  杉田泰志様
きくまる不動産株式会社  中村昭之様
株式会社 旭町3丁目不動産  竹村典子様
株式会社エースホーム  須佐見展之様
オークニ不動産  大山浩様
ミナージュ(有)ミナミ住宅販売  増原玲雄様

 

 

 

APIキー無しのGoogleマップがついにエラー表示に!

 

2018年7月16日から適用開始になったGoogle Maps Platformの新サービス

 

Googleマップを使うには、APIキーと請求先アカウントの紐づけが必要となり、
APIキー無しの場合、エラーになったり表示されなくなるとのことでしたが、
8月以降、ついにエラーの表示があちこちで確認されるようになりました。

 

APIキーのないGoogleマップは下記のような表示になります。

 

For development purposes only  と出るパターン

 

ピンが消えてしまうパターン

 

 

どのような状況でどちらが表示されるなど、詳しい仕組みは分かりませんが、
どちらにしろ、ユーザーにとって使いやすいものでないのは確かです。
今後もGoogleマップを利用する場合は、早急にAPIキー取得・設定をしてください。

 

また、このGoogle Maps PlatformではGoogleマップを利用する場合、
APIキーの他、請求先アカウントの登録も必要とされています。

 

APIキーを取得していても、請求先アカウントの登録をしていない場合、
ストリートビューの一部などで、すでにエラーが表示されています。

 

戦国不動産レスポンシブページ

※APIキー取得時の設定が間違っている場合は、請求先アカウントの登録がされていてもエラーになる場合があります

 

 

戦国不動産動的ページ

 

 

請求先アカウントの登録は、まだ様子を見ている方も多いと思いますが、
実際にエラーも出てきたので、こちらもやはり早めの対応をご検討ください。

 

 

 

 

@dream道~御社のProgre見せてください!(南部不動産編)

@dream道 御社のProgre見せてください

 

@dreamのちょっとしたアノ部分、他社がどう使っているのか気になりませんか?

 

業務の中で完結する機能は表に出ない分、スポットを浴びる機会が少ないけれど、
実は@dream使いこなしという意味では欠かせない「キモ」だったりするんです!

 

今回は東京ブロックのキャプテンでもある東京都武蔵野市の南部不動産様に
ご協力いただき、@dreamのチラシ印刷機能の活用についてご紹介します。

 

 

チラシ作成の工夫

 

南部不動産の遠藤社長は@dreamのチラシ印刷機能で作成したチラシを
ひと手間かけた冊子にして店頭に用意する運用をされています。

 

まずはチラシを「ファミリー向け物件」「シングル向け物件」の2種類で作成。
4コマでそれぞれ6枚ずつ印刷し、1冊子に24物件掲載になるよう準備します。

 

 

遠藤社長はテンプレートの使い分けもしていて、ファミリーは「フレッシュ」、
シングルには「シャープ」を選んでいます。区別がついて分かりやすいですね!

 

 

掲載する物件は、以前は自社の管理物件が中心だった時もあったそうですが、
何週にもわたってずっと同じ物件が載ってしまうといけないとのことで、
現在は7~8割が新着物件、2~3割が管理物件という割合になっています。

 

印刷したチラシは6枚1組にして、手作りの表紙をつけて冊子にしていきます。
ファミリーとシングル、それぞれ3冊ずつ用意するのが基本だそうです。

 

 

表紙にはA4サイズの厚紙を使い、二つ折りにしてチラシを挟んで冊子にします。
上図は遠藤社長にいただいた7月の表紙(スペースの都合で小さくしています)。
月ごとにイラストを変えて、変化や季節感などを出す工夫をするだけでなく、
スマホサイトやLINE@のQRコードも印刷して、反響を促すようにもしています。

 

表紙に変化があると新しい物件が紹介されている期待感につながるし、
手作りの温かみも伝わって、手に取ってもらいやすくなりますね。

 

 

出来上がった冊子は店頭に置いて、自由に持っていけるようにしてあります。

 

3冊おいた在庫が残り1冊になったら、同じものを印刷して補充したり、
新着のおすすめ物件数によっては、新たに3冊入れ替えるなどして、
在庫はもし残っていても、4~5日を目安に交換しているそうです。

 

ただ毎回、必ずしも冊子全物件を入れ替えるわけではなく、
おすすめしたい物件を前週のチラシから抜き取って用紙を再利用をしたり、
また取り下げた冊子も「いずれだけど相場だけ知りたい」「ひとまず資料を」
という感じで飛び込みでふらっと来店された方に渡したりすることも。

 

例えば接客中の場合、図面を1枚印刷するのも大変ですが、
手元にある冊子を渡すことで時間短縮になり、接客中のお客様を待たせず、
また来店した方にも邪険な印象を与えず対応することができます。

 

 

チラシの効果

 

お客様がよく店頭で冊子を手にしてチェックする姿を見かける他、
冊子を手に入店される方もいて営業ツールとして役立っているそうです。
繁忙期は半日で全てなくなることもあり、マメに在庫確認もすることも。

 

 

また、チラシを見ているお客様には年配の方も多く、通りすがりに手にとって、
そのままチラシを持って店内に入ってくる場合もしばしばあるそうです。
遠藤社長にチラシを持ち帰るお客様のだいたいの比率を聞いてみたところ、
「ネットを見ていない率は半分くらいだと感じています」と仰っていました。

 

手間はかかりますが、こうしたアナログな努力もやはり大切ということですね。

 

 

いかがでしたか?

 

@dreamから出した1枚のチラシはどのユーザー様も同じ「チラシ」ですが、
ひと手間かけた独自の工夫をすることで、効果的な営業ツールになりますね。
作りっぱなしにしない、定期的に続けているという点も大事なポイントです。

 

当ブログで活用例を伺ったどのユーザー様にも必ず共通しているのは、
こうする、このルールでやる、と決めたらブレずに続ける」ということ。

 

忙しくて時間がなかったり、面倒に思う時だってあると思いますが、
それを乗り越えて絶対に続けるからこそ、効果につながるんですね!

 

本企画の趣旨に賛同いただき、快くデータ協力をいただきました
南部不動産 遠藤社長、どうもありがとうございました!

 

@dream道は大好評につき、不定期連載としてまだまだ続きます!!