Googleサーチコンソールとは?まずは機能をまとめておきます

 

Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)は検索結果でのサイトの掲載順位を
監視、管理、改善するのに役立つ Google が提供する無料のサービスです。

 

2018年2月に従来のサーチコンソールがリニューアルされた後、正式版になり、
ほとんどの機能が移行した現在は、機能が大きく向上しています。

 

Google では現在、Search Console の新しいバージョンの作成を進めています。この新バージョンは最終的に従来のバージョンに取って代わることになります。多くのレポートとツールの新バージョンが作成され、今後もさらに移行が続く予定です。新バージョンがリリースされている場合は、これを使用することを強くおすすめします。

旧バージョンの Search Console から新バージョンの Search Console に移行する

 

上手に活用することで、SEO対策やサイト改善に役立てることができます。
今回は新しいサーチコンソールの役割と機能についてご紹介していきます。

 

※サーチコンソールをご利用になる場合は登録が必要です。
▼@dreamテクニック集 Google Search Consoleの登録方法

 

 

サーチコンソールとは? Googleアナリティクスとの違いは?

 

サーチコンソールでは、検索結果でサイトがどのくらい表示されているか、
クリックされたかといった実績や、検索されたキーワードやクエリの他、
サイトがGoogleにどのように見られているか、ペナルティを受けていないか
といった状況を調べることもできます。

 

一見、Googleアナリティクス(GA)と同じように思えるかもしれませんが
GAはアクセス解析。「サイトに訪問した人」がどこから来て何を見たか、
どのくらい滞在したかなど、サイトにアクセスした後の動きを見るものです。

 

対してサーチコンソールではサイトにアクセスする直前の動きが分かるので、
検索からの集客が上手くできているか確認するために使い分けをします。

 

 

新しいサーチコンソールの主な機能

 

新しいサーチコンソールの画面と主な機能について紹介していきます。
それぞれのデータの見方や、どう活かせるかといった具体的な使い方は、
今後のエントリーで改めてご説明していく予定です。

 

今回はまず、サーチコンソールで分かることをザックリつかんでみてください。

 

▽新しいサーチコンソール
https://search.google.com/search-console

 

 

 

画面を開くと「サマリー」が表示され、過去3ヶ月のデータを見ることができます。

 

 

 

エラーや極端な数字の増減など気になることがあれば、
「レポートを開く」から詳細を確認することができます。

 

項目によっては、左側のメニューから開くこともできます。

 

 

「検索パフォーマンス」

 

サイトに訪れた人がどのキーワードで検索したのか、検索画面にどのくらい
表示されて何回クリックされたのか、といった検索に関わる指標が表示されます。

 

検索からの集客がどのような状況か詳しく見ることができるので、
サーチコンソールで一番よく見ることになる画面だと思います。

 

サーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携させていると、
検索パフォーマンスのデータがアナリティクスでも確認できるようになります。

 

 

 

SSL化したらやっておきたいGoogleアナリティクスの設定
SSL化したらやっておきたいGoogleアナリティクスの設定
常時SSL(https)対応を完了したユーザー様がずいぶん増えてきました。 URLに鍵マークがついて安全なサイト運営ができるようになったら、 忘れずやって
2019-02-21 15:00

 

 

「URLの検査」

 

URLのページが正常にインデックスに登録されているかを確認する機能です。
合わせてページが、モバイルユーザビリティになっているかも判定されます。
登録されていない場合、「インデックス登録をリクエスト」することもできます。

 

 

「カバレッジ」

 

インデックス数や、 問題が起きてインデックスされないページが確認できます。
エラーになる場合は、サーバーエラーや重複など原因の詳細も表示されます。

 

 

「サイトマップ」

 

Googleにサイトの構造やページを正しく伝えるために、サイトマップを追加します。
「成功しました」となっていない場合は、サイトマップを送信しておきましょう。

 

 

「モバイルユーザビリティ」

 

モバイルフレンドリーになっていないページがエラーとして表示されます。
スマホ対応していないホームページや静的の物件ページを出力している場合、
エラーの数も多くなりますので、早めに改善していくことをお勧めします。

 

 

「セキュリティと手動による対策」

Googleのガイドラインに違反した場合、ここにペナルティ内容が表示されます。
またサイトがハッキングされたり、マルウェアなどに感染した場合も詳細が表示されます。
問題があったらすぐに対処できるよう、時々確認しておきたいところです。

 

 

「リンク」

 

内部リンクやサイトに紐づく外部リンク、リンク元サイトの確認ができます。
データのエクスポートもできるので、リンクの精査をする時にも利用します。

 

 

新しいサーチコンソールまとめ

 

新しいサーチコンソールの主な機能をザックリご紹介しました。

 

Google検索で自分のサイトがどのような状況になっているか把握すれば、
マイナス要素を改善し、プラスはさらに活かしていくことができます。

 

これまであまりサーチコンソールを見たことがないという方も、
新しいサーチコンソールは以前より画面やデータもわかりやすくなったので、
Googleアナリティクスと連携して、今後のサイト運営に活用していきましょう。

 

今後はそれぞれの機能の具体的な活用についても随時、ご紹介していきたいと思います。

 

 

信頼性アップのためにFacebookページの認証をしよう!

 

Facebookページの認証をご存知ですか? Googleマイビジネスと同じように
Facebookページも実在性を認証してもらうことで、信頼性がアップします。

 

今回はこのFacebookページの認証についてお伝えしたいと思います。

 

 

Facebookページの認証手順

 

まずはページの認証の条件を満たしていることを確認しましょう。

 

  • ・Facebookページが公開されていること
  • ・プロフィール写真とカバー写真が設定されていること
  • ・投稿されていること

 

認証を行う際は、Facebookページの管理者として行ってください。

 

自社で運営しているFacebookページを開いて「設定」をクリックします。

 

 

ページの認証が「ページは未認証です」となっていることを確認して「編集する」をクリック。

 

 

「このFacebookページを認証」をクリックします。

 

 

Facebookページに登録した電話番号を入力して「今すぐ電話を受け取る」をクリック。

※「+81」が国番号の「0」に該当するで、最初の「0」を取って入力します。

例:04-1234-5678 ⇒ 412345678

 

 

Facebookから電話がくるので、4桁の認証コードを入力して「次へ」。

コードが確認されると、認証は完了です。

 

 

直後、またはしばらくした後、Facebookページ上にグレーバッジが付きます。

 

グレーバッジは、Facebookがそのビジネスまたは組織・団体の
公式ページである(なりすましじゃない)と認めたという印です。

 

 

※電話番号での認証がうまくいかない場合

 

中には電話番号で上手く認証されないケースもあるようです。
その場合は「書類の提出でこのページを認証する」で手続きをしてください。

 

公共料金の請求書など、指定書類をアップロードして申請することで、
Facebook側で確認、認証されるとシルバーバッジが付きます。

 

Facebookでは、認証コードまたはビジネスに関する書類を受け取ると、お送りいただいた情報が公開記録と一致することを確認します。その後、認証ステータスに関する通知またはメールを数日以内にお送りします。必ずしもページを認証する必要はありません。Facebookページのグレーの認証バッジをリクエストするにはどうすればよいですか。

 

 

Facebookページ認証のメリット

 

ページの認証をすると、いくつかのメリットが得られます。

 

  • ・実在性が認証されることでビジネスの信頼が高まります
  • ・Facebook検索やGoogle検索結果に表示されやすくなります
  • ・Facebookページの評価があがり、見てもらえる可能性が広がります。

 

 

Facebookページ認証まとめ

 

Facebookページの情報はGoogleも見ているので、信頼性アップはもちろん、
評価につなげていくためにも、ページ認証を受けておいて損はありません。

 

Facebookページをお持ちの方は是非、やってみてください。

 

定期的な投稿を行ったり、積極的にコミュニケーションを図るといった
Facebookページの運用ももちろん継続してしっかり行っていきましょう。

 

Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う
Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う
すでに自社のFacebookページを立ち上げ活用している方も多いと思いますが、 昨年末のドリームデイ、Yext様の特別講演でも運用を勧める話しが出ていたため、
2019-01-31 15:00