接客管理を使ってメール追客のバリエーションを増やす

 

顧客カルテの登録をする時、職業や理由、来店、ランクといった分類項目を
分かる範囲で入力すると思いますが、項目にない情報はどうされていますか?

 

LINEで友だち、○○さんからの紹介客、会員登録済み・・・などなど、
メモ欄に頻繁に入れる情報や分類があれば、接客管理を使うのが便利です。
今回は第2回ブロック勉強会でもお伝えしている接客管理についてご紹介します。

 

 

接客管理とは

 

顧客の「特色」のようなもので、自由に項目を作ってチェックを入れることで、
顧客の情報に「特定の属性」を持たせることができる管理機能です。

 

顧客カルテ>希望条件登録タブの並びにある「接客管理」

 

あらかじめ分類したい項目を作っておけば、チェックするだけで登録できます。

 

メモ欄は自由に入力できますが、情報が多くなると見づらい場合もありますし、
内容で検索しようとしても、入力した文字列が違っていれば抽出されません。

 

顧客固有の情報ややりとりの概要などをメモ欄、分類できる項目や属性は
接客管理でチェックと、管理したい情報によって使い分けるのがお勧めです。

 

メインメニュー>ツール>環境設定>顧客情報設定で追加・編集

 

 

 

接客管理の活用例

 

接客管理でチェックした項目は、検索で簡単に抽出することができるので、
金額(賃料)や学区といった物件の条件以外で送るメール追客に活用できます。

 

 

たとえば「Facebook友だち」には特典として通常より半日早く新着メールを送るとか。

 

 

「NOT検索」で動的アカウント発行してない顧客を抽出して案内のメールを送るなど、
接客管理を活用することで、未成約客へのメール追客のバリエーションが増やます。

 

また成約した後、必要に応じて「自社物」や「紹介客」などの分類をしておけば、
フォローや紹介のお願いなど、成約客へのメールもより充実させられそうです。

 

自社の運用都合で見込み度などによって分けることの多いランクとは別に、
顧客の状況やアクションに紐づいた分類があると、ニーズや関心に寄せたメールが
送りやすいため、開封率や問合せ率アップの可能性にもつながるかもしれません。

 

 

接客管理まとめ

 

接客管理についてご紹介しました。

 

刻々と変わる状況によって頻繁にチェックを付け替える必要がある項目は
不向きかもしれませんし、慣れないうちはうっかりチェックを忘れることも
あるかもしれませんが、メール追客にとても便利な機能だと思います。

 

ターゲット(標的)と違い、顧客を特定の属性で分類することが目的なので、
自社の運用に合わせて、使いやすい項目を作ってぜひ活用してみてください。

 

 

 

第2回東京ブロック勉強会開催報告(2019)

 

8月20日(火)第2回東京ブロック勉強会が新宿で開催されました。
他ブロックからの参加も合わせ、18社24名での実施となりました。

 

午前中は第2回目のメインテーマである「顧客化に欠かせないメール追客に
あらためて取り組もう」についてリングアンドリンクのスタッフより
ご説明を行いました。その後、参加者の皆様にいただいた事前アンケートを元に、
ディスカッションを行いました。

 

ステップメール・メルマガ配信をしているユーザー様が参加者の3割程度でした。
LINEを利用しているユーザー様もいらっしゃいましたが、
あくまでもコミュニケーションツールの一つであり、顧客化に関してはメールが
向いているという意見がでていました。

 

@dreamのステップメール機能を使った活用についてもお話しさせていただき、
「忘れられない、覚えてもらう、アクションを起こす時に思い出してもらう」ための
有効なツールとして再認識する良い機会になったと思います。

 

メール追客は大切だし今後も取り組んだ方がいい
メール追客は大切だし今後も取り組んだ方がいい
現在はSNSなどのコミュニケーションツールを使ったやりとりが増えていますが、 メールの利用者が減っているわけではなく、ビジネスでは今なお主流です。 第2
2019-08-01 15:00

 

 

午後の部は前回の勉強会の振り返りを踏まえてのフリーディスカッション。

 

Googleマイビジネスは定期的に投稿をしたり、口コミを地道に集めるなど
積み重ねが大事という意見が多く口コミを獲得するのもお客様に対面で
頼んで書いてもらうようにするしかない。同業者同士で入れても
Google側に削除される可能性が高いということが分かった。

 

写真も大事ですが、ビジネスに関係ない写真だと削除される場合もあったそうです。
特効薬ではないけれど、無料なので地道に運用した方が良いという声がありました。

 

Googleマイビジネスの基本情報をあらためて確認しませんか?
Googleマイビジネスの基本情報をあらためて確認しませんか?
Googleマイビジネスに登録して、実際に活用している方が増えてきました。基本情報を充実させて、写真や投稿機能、口コミ管理などもぜひ活用してください。
2018-12-06 15:00

 

口コミをもらうには手間をかけさせない工夫も必要!
口コミをもらうには手間をかけさせない工夫も必要!
今年度のブロック勉強会でもトピックに上がっているGoogleマイビジネス。 「口コミの数」と「評価の高さ」も重要な要素になっているということで、 口コミの
2019-05-30 15:00

 

 

ホームページのリニューアルついて。
デザインはセパーレートとレスポンシブどちらにした方が良いかという意見に対しては
Googleもレスポンシブを推奨しているので、レスポンシブを選んだ方が心配は少ない。
ただ、セパレートもレスポンシブもメリットデメリットはあります。
レスポンシブにリニューアルしたとしてもコンテンツを極端に減らすと
評価が低くなってしまう可能性もあるので、リニューアル前のコンテンツと
同様のページを準備しておくことも必要ということも確認しました。

 

レスポンシブとスマホHPで迷った時に考えたいこと
レスポンシブとスマホHPで迷った時に考えたいこと
最近「レスポンシブ」「スマホHP」についてのご相談が増えています。 ・初めてモバイル対応するんだけど、うちはどっちでやるのがいいかしら? ・スマホHPは
2017-03-23 16:00

 

 

最後に東京ブロックキャプテン遠藤様から来年の開催について話がありました。
今回でディスカッション形式の勉強会は終了し、来年からはリングアンドリンク主催で
講習会あるいは事例発表会という形での開催になります。
参加して必要な機能や情報をしっかり勉強することも大事だと思います。
キャプテンはなくなりますが自分もオブザーバーとして参加していきたいと思っています。

 

最後に弊社代表の金丸からもご挨拶させて頂き、東京ブロック今年度の開催は終了しました。
勉強会後の懇親会にも多くの方にご参加いただき、大変盛り上がりました。

 

お忙しい中、ご参加くださった皆さま。どうもありがとうございました。
次回は年末の@dreamDAYでお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

【参加いただいた皆さま】
東京ブロックキャプテン 株式会社南部不動産 遠藤 直史様

有限会社二葉不動産
株式会社Room’s Bar
株式会社トウリハウジング
サワダ企画有限会社
株式会社いやさか不動産
株式会社リームス
株式会社川の手不動産
株式会社光が丘エステート
株式会社トーシンスペース
株式会社KITOS
イデタ株式会社
株式会社ニイチ
有限会社三協不動産
有限会社オオタニ
前橋住まいる
有限会社サンオフィス
薫リビング