口コミをもらうには手間をかけさせない工夫も必要!

 

今年度のブロック勉強会でもトピックに上がっているGoogleマイビジネス。
「口コミの数」と「評価の高さ」も重要な要素になっているということで、
口コミの集め方や返信の仕方についてもディスカッションされています。

 

口コミは「お客様が自発的に書いてくれて」少しずつ増えるのが理想ですが、
待っているだけでは(数が少ないうちは特に)思うように集まらないもの。
そこで成約したお客様などに、口コミのお願いすることになるわけですが、
口コミを投稿するのは、その画面を出すまでが意外と面倒だったりします。

 

Googleで自社名検索してもらい、Googleマイビジネスを見つける。
そして「口コミ」をクリック。スマホならさらに下へスクロールして・・
口コミはスマホから投稿することも多いので、これではちょっと大変。

 

投稿の仕方を知っていてもめんどくさい⇒「あー後でやっときますね!」
知らないとたどり着けない⇒「入れてあげたいけど分からないからいいか」

 

となってしまったらもったいない!

 

お客様に出来るだけ手間をかけさせないよう準備しておくのがベストです。
そこで今回はQRコードで直接、口コミ投稿ページを開く方法をご案内します。

 

 

QRコードから口コミ投稿ページを開く

 

まずはQRコードから自社の口コミ投稿ページが開く状態を確認してみましょう。

 

【サンプル】

スマホで下記のQRコードを読み取ると・・・

 

リングアンドリンクの口コミ投稿ページに遷移します。

※Googleにログインしていないと投稿ページは開きません。(口コミ投稿にはログインが必要なため)

 

 

プレイスIDを取得してQRコードを作成

 

まずは Place ID Lookup Tool を使って、プレイスIDを取得しましょう。

 

「Enter a location」にビジネス名を入力、候補から正しいものを選択します。
(ビジネス名はGoogleマイビジネスに登録している会社・店舗名)

 

ビジネスを登録した場所に移動し、Place IDが表示されました。

 

Place IDをコピーします。

 

下記の URL にコピーしたPlace ID を追加してリンクを作成します。

https://search.google.com/local/writereview?placeid=<place_id>

 

リングアンドリンクの場合はこのようになります。

https://search.google.com/local/writereview?placeid=ChIJUxVzIYvnGGARCr68G6Ogg7Y

※パソコンの場合はこのリンクURLを送れば、直接、投稿ページを開いてもらえます。

 

 

スマホ用として、作成したリンクURLを使ってQRコードを作成します。

 

QRコード作成サービスでリンクURLを挿入。画像を作成します。

 

任意の場所に保存して、口コミ集めに活用していきましょう。

 

 

QRコードを印刷しておき、お客様に投稿をお願いする時に渡すとよさそうですね。
丁寧なお願いの言葉も添えるなど、自社なりの工夫をするのもよいかもしれません。

 

 

口コミをもらうための工夫まとめ

 

お客様に余計な手間をかけさせず、口コミ投稿をお願いする方法をご案内しました。
こうした工夫や配慮をすることは「丁寧で行き届いている」「相手の立場を考える」
という印象も与えるため、ただお願いするよりずっと効果があると思います。

 

口コミは数が増えてくると、自然発生でもつきやすくなっていきますし、
バンドワゴン効果(人気のあるもの、評価されているものに惹かれる)も得られ、
Googleの評価だけでなく、反響面での恩恵も期待できるようになります。
時間はかかりますが、リアルな口コミを地道に増やす努力をしていきましょう

 

※自作自演や、やらせ口コミはGoogleのガイドラインで禁止されています。
Googleは投稿者のIPアドレスやアカウント、投稿頻度を見ていると言われるので、
きっとバレます。不正はもちろん、不自然な投稿などもしないようにしましょう。
また口コミのお礼に謝礼を渡すことも禁止されているので合わせてご注意ください。

 

 

 

第1回東京ブロック勉強会開催報告(2019)

 

5月21日(火)、第1回の東京ブロック勉強会が新宿会場で開催されました。
今回は他ブロックからの参加も合わせ、22社28名の方にご参加いただきました。

 

遠藤キャプテンからご挨拶をいただき、皆さまの自己紹介からスタート。
今回、初めて参加されるユーザー様もいらっしゃいました。

 

午前中は今回のメインテーマ
「ブランディングに取り組んで競合他社への優位性を持とう」
についてテキストをもとに解説をさせていただきました。

 

事前アンケートでブランディングについて、”知ってはいたがよく分からない”
という参加者様が多い中、「ブランディングとは?」から皆さまで考えていき、
実際に自分たちの活動に落とし込みながら考えられたのではないでしょうか。

 

街の不動産会社で考えると、パーソナルブランディングに近くなるのでは?
という話から、如何に自分たちのことをお客様に伝えるか。
そのためにまずひとつ、SNSの重要性を再認識しなければならない・・・
そうした話が中心になりました。

 

また誰に対して発信・アピールしていくか。ターゲットを明確にする手法として、
”ペルソナ設定”を紹介。ブランディング構築の流れを確認するとともに、
自社のブランディングについて、真剣に考える機会になったと思います。

 

午後からはメインテーマをもとにしてのディスカッション。

 

実際にブランディングをどうとらえているのか?

 

SNSの利用はすでに取り組んいる会社が多いですが、さらに質を高めるために、
自動投稿などをやめ、手間はかかるが、できるだけ自力で投稿することで、
フォロー離れなども防げている会社様。

 

LINEのタイムラインにもブログを上げている。
マイビジネスにも毎日投稿している会社様など、
いろいろと各会社様、実験的なこともやられているようです。

 

そしてそれが自分たちのブランディングにもつながっている、
そうした実感を持たれたのではないでしょうか?

 

残り時間は事前アンケートの結果を取り上げながらのディスカッション。
まずは今年の繁忙期は去年より良かったという会社様に要因をヒヤリングしました。

 

検索条件ページへ「キーワード」「ディスクリプション」などを
地道に入れたという会社様は、効果を実感できていらっしゃるようでした。

 

また関東ブロックでも話題がでた「キャッシュレス化」では
【PayPay】を導入した会社から、現時点ではあまり不動産業界では使えない、
といった具体的な話もでました。

最終的に、これからの不動産業界という話にも広がり、OYO LIFE 等
新しい動きも起こってきているので、そうした環境変化がどう不動産業界に影響を与えるか、
皆さま、次の手を考えていらっしゃるようです。

 

https://www.oyolife.co.jp/

 

多くの方から発言があり、有意義な時間になりました。

 

 

 

勉強会後の懇親会にも多くの方にご参加いただき、大変盛り上がりました!

 

お忙しい中、参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました!

 

【ご参加いただいた皆さま】

東京ブロックキャプテン 株式会社南部不動産 遠藤直史様
アシスタント  有限会社二葉不動産 原 啓輔様

荻窪ハウジング株式会社 山崎 徳子様
さくら不動産 小倉 靖彦様
江古田プランニング株式会社
株式会社いやさか不動産 神田 美佳様 中村 一美様 斉藤 美月様 石井 奈津美様
有限会社ケイ・ライフ 黒田 国彦様
有限会社サンオフィス 鶴岡 亮輔様
サワダ企画有限会社 野村 政美様
株式会社川の手不動産 赤熊 晋一様
株式会社 ニイチ 伊井 崇智様
有限会社高円寺不動産 田中 広孝様
株式会社武松工務店  武松 伸人様 武松 さちこ様
株式会社ホームリンク 椿 真由美様
株式会社トーシンスペース 中山 新様 川田 諒様
株式会社Room’s Bar 濱口 明大様
株式会社ファミリータイズ 村田 拓様
株式会社福田 福田 照男様 福田 高士様
株式会社光が丘エステート 鳥海 寿徳様
有限会社ジュセイ 前川 正寿様
株式会社リームス 佐藤 耐介様
不動産センター株式会社 中井 和久様
株式会社 カナエ・アドバンス 叶内 美千代様