Windows7のサポート終了まであと1年。そろそろ移行の検討を

 

Windows 7 のサポートが 来年の今頃、2020年1月14日に終了します。

 

Windows 7 がリリースされた 2009 年 10 月 22 日に、Microsoft では、Windows 7 の製品サポートを 10 年間提供することをお約束しました。この 10 年の期間が終了するとともに、Microsoft では Windows 7 のサポートを終了します。2020 年 1 月までに Windows 10 に移行することを強くお勧めします。Microsoft Windowsサポート

 

Windows 7 は人気のあるOSだったので利用している方もまだ多いと思いますが、
個人利用にしろビジネス用にしろ、安心して使えるのは残りあと1年です。
終了間近になって慌てないようWindows 10 への移行を考えていきましょう。

 

 

サポート終了によるデメリット

 

サポートが終了したOS(オペレーションシステム)は不具合などを修正する
更新プログラムが配布されなくなるので、2020年1月15日以降も利用し続けた場合、
ウイルスに感染したり、情報漏洩を起す可能性が極めて高くなってしまいます。

 

また新しいソフトウェアやハードウェアへの対応も行わなくなるため、
プリンターや複合機、周辺機器の利用ができなくなる可能性も出てきます。

 

たとえセキュリティソフトが入っていても、OSに重大な欠陥があった場合、
修正してくれるわけではないので、とても安全とは言い切れません。

 

お客様の個人情報が流出したり、業務に支障が出るリスクを考えると、
1年後のサポート終了までにWindows 10 に移行するのがベストと言えます。

 

 

@dreamユーザー様のWindows 10 移行について

 

@dreamをご利用中のWindows 7 を移行される際は、以下をご確認ください。

 

動作確認済み対応OSは以下の通りです。

 

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Windows 10 Professional(64bit)

 

@dream-Progre及び付帯商品の対応要件は以下の通りです。

 

  • @dream-Progre 賃貸版 Ver8以降、売買版 Ver8以降
  • 地図ソフト スーパーマップルデジタル Ver17以降
  • 間取りソフトルームドロー Ver3.70a以降
  • 自動希望条件登録システム Ver2.25以降
  • Next FTP4  Ver4.94.03以降

 

その他、ご自身で利用されている周辺ソフト(ホームページビルダーやメールソフト)、
また周辺機器などがWindows10 対応になっているかも合わせてご確認ください。

 

 

Windows 7 サポート終了まとめ

 

2014年のWindows XP サポート終了時は、間際にパソコンが品薄になったり、
移行作業や周辺機器の対応が間に合わないといったケースも多くありました。
またサポート終了後も使い続け、個人情報漏えいやウイルス蔓延により、
被害を受けた企業が出るといった大混乱もあったと記憶しています。

 

ネット上の脅威はますます増えているので、自社の信頼を守るためにも、
Windows 7 をご利用の場合は、ぜひ早めに移行することを検討してください。
事前準備などがあることも考えると、余裕を持って進めるのがよさそうです。

 

尚、Office 2010 についても、同様にサポート終了期間が近づいています。

 

Office 2010 のサポート ライフサイクルは 2020 年 10 月 13 日に終了します。 Office 2010 を使用している場合は、Office 365 に移行するか、サポートされるバージョン の Office (Office 2013、Office 2016、または  Office 2019) にアップグレードする 計画をすぐに始めることをお勧めします。Microsoftサポート

 

Office2010 をご利用の場合は、合わせて最新にしていただくことをご検討ください。

 

 

 

2019年新年のご挨拶

 

 

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

 

旧年中の格別のご温厚に改めて深謝し、 本年も引き続きご高配を賜りたく、
謹んでお願いを申し上げるとともに、 皆様の本年のご活躍、ご多幸を心より祈念申し上げるしだいです。

 

今年で@dreamも発売から18年目となりました。
インターネットの世界は10年ごとに大きな変化があるといわれていますが、
10年前に登場したスマホ以来の大きな変化を感じる今日この頃です。
これからどんな方向で皆さんと歩いていくのか。こんな風に我々は考えています。

 

日本は南北に長い国土を持つがために四季があります。また歴史の長い国であるがために、
地域によって建物の作り、不動産業界の慣習などが様々に多様化されています。
これが不動産業界で大手の参入を防ぐ防波堤になっていました。
(大手ハウスメーカーを全部足してもシェアは20%)

 

しかしITの発展により様々なデータの統合が可能になり、またコンプライアンスの社会的認知によって、
不動産物件の規格の統一化が粛々と進んできています。国土交通省は来年には地域統括情報に
不動産物件データを統合した上で公開しようとしていますし、消費者保護の観点からも、
不動産情報の非対称性の克服はどんどん進んでいくでしょう。

 

それは、他の業界と同じように大手の参入を容易にし、Amazonで不動産を売ったり
買ったり出来るようになっていくでしょう(もう出来ますが)。

 

それでも、誰から買うか、誰に売るかという人に関しての問題は必ず残ると我々は考えています。
そのときに選ばれる不動産会社になる為には、

 

  • 実際に能力があり誠実な不動産会社。
  • ブランドを構築する。

 

この2点が最終的に選ばれる不動産会社になる為の条件だと考えています。

 

実際に能力があり誠実である為に、@dreamを使い(大変だし)、
仲間と勉強していく必要があると考えて全国で勉強会を開き、
ソフトウエア開発はきれいだとか簡単にだけでなく、
誠実に会社のレベルを上げる手助けとなる事を目的として行っていきます。

 

しかし、だとしてもお客様にそれが認知されなければ仕方がありませんので、
ブランドを構築するために、リピーターや紹介の獲得だけでなく、
全国の@dreamユーザーの本物さを知らしめるべく組織を作ったり、
新規のお客様の獲得に向けてGoogleをはじめとしたソーシャルメディア対策に
これから力を入れていくつもりです。

 

もし、10年ぶりの変化がソーシャルメディアによるものであった場合、
FCはその存在が無力になり(会社の評判は看板に関係なく評価される)、
ポータルサイトも物件探しのひとつのツールと成り下がり(掲載した会社に問い合わせしない)、
実力のない会社は必ず淘汰されるでしょう。

 

2019年はせっかく本物の不動産会社である皆さんが世の中に認知されるよう、
微力ながらお手伝いさせていただこうと考えています。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2019年1月 
リングアンドリンク株式会社 
代表取締役社長 金丸信一