エバーグリーンコンテンツ作成のススメ

 

質のよいコンテンツを増やすのが大事! 定期的に更新するのも大事!

 

小手先のテクニックが通用しなくなった現在のSEO対策として、
「コンテンツの質と量」を考えていくことが大切と言われていますが、
具体的にどんなコンテンツを作って更新すればいいのでしょうか?

 

そこで今回はSEO対策や集客に有効なコンテンツ作成を考えてみたいと思います。

 

 

エバーグリーンコンテンツ

 

内容が古くなったり変わったりせず、価値を失わないコンテンツを
『エバーグリーンコンテンツ』(いつも緑=常緑)と言います。

 

エバーグリーンコンテンツはユーザーに有益な情報を提供し続けるため、
長い間、集客に役立つだけでなく、SEO的なメリットを得ることもできます。

 

質の高いコンテンツを作ろうとすると、専門的な内容を書くだけでなく、
分かりやすさや読みやすさも考える必要があるので、時間がかかります。
同じ時間をかけるなら、エバーグリーンコンテンツに取り組んでみましょう。

 

 

エバーグリーンコンテンツに向いてるテーマ

 

先々もずっと必要とされ、流行り廃りのないコンテンツにする必要があります。
SEO対策や集客に有効で、作りやすいコンテンツをいくつか挙げてみます。

 

○よくある質問

実際にお客様に聞かれた質問を優先して載せ、回答をしっかり書きましょう。
一人のお客様が疑問に思ったことは、他の多くのお客様にもあてはまるはずです。
不動産会社にとって当たり前のことでも、お客様が知っているとは限りません。
専門家らしく、でも誰にでもわかるような丁寧な回答を心がけましょう。

 

○お客様の声

お客様に感想をもらう流れを作って、掲載するコンテンツを作りましょう。
できるだけ手書きでもらい、画像として載せておくとやらせに見えません。
ただし、画像を並べただけではSEOや集客の効果につながりませんし、
手書きの文字は読みづらい場合も多いので、テキストでも掲載します。

 

○相談事例

実際にお客様にいただいた相談と、どのように解決したか事例紹介するページです。
一般的な疑問と違い、ケースバイケースの悩みや相談は検索しても解決しないため、
似たような内容があるだけで価値になりやすい上、安心や信頼にもつながります。

 

○不動産用語集

 

上の3つに比べると簡単に作成できる分、自社の運営に紐づいていないため、
エバーグリーンコンテンツとして効果を得るためには、少し工夫が必要です。
どこのサイトにも載っている一般的な用語はどこよりも詳しく説明したり、
あまり取り上げられない用語や少し難しい用語を分かりやすく解説するなど、
ここにしかない価値をつけて丁寧に作成するのがポイントになると思います。

たとえば「IT重説」「インスペクション」など。言葉を聞いたことはあっても、
よく知らなかったり、自分に関係あるのかすら気づけない場合もあったりします。
ユーザーへの貢献を考えながら作ると、質の高い用語集ができそうですね。

 

 

エバーグリーンコンテンツまとめ

 

ご紹介したようなコンテンツを作るのは、はじめは大変かもしれませんが、
作ってしまえばネタ切れの心配もなく、月イチなど定期的な更新がしやすいです。
不動産に関する単語が自然に盛り込まれ、専門的な内容で文字数も増えるので、
コンテンツの質も上がり、検索にかかりやすくなって新規獲得も期待できます。

 

エバーグリーンコンテンツを作ったり、コツコツ更新したからといって、
直接、反響になるものではありませんが、SEO対策や集客にも貢献する上、
専門性や信頼性の向上などブランディングの面からも長期的に役立ちます。

 

3年後、5年後を視野に入れたサイト運営、質向上を考えていきましょう。

 

 

Googleの言う「質のよいコンテンツ」ってナニ?
Googleの言う「質のよいコンテンツ」ってナニ?
前々回のイマドキSEOの大事なことをおさらい!では、これからのSEOは 「質のよいコンテンツ」「質のよいリンク」の2点が重要というお話をしました。
2017-05-11 15:00

 

サイトやコンテンツの更新を意識しよう
サイトやコンテンツの更新を意識しよう
更新と聞いて「毎日アップロードしているから大丈夫!」と思っていませんか? ここでの更新とは「アップロードする」ことや「更新日付を変える」ことではなく、
2017-10-16 15:00

 

今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう
今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう
2018年も残すところあとわずか。今年は常時SSL化やモバイルファーストインデックス、 スピードアップデート、あるいはGoogleマイビジネスでのローカル検索
2018-12-20 15:00

 

 

 

 

 

@dream-Progre及び@dream-Lightの新元号対応について

 

2019年5月1日の新天皇即位に伴い、新元号が施行されますが、
これに伴いマイクロソフト社でWindows Updateの更新が行われ、
新元号(和暦)対応プログラムが提供される予定です。

 

⇒Windows 7、8.1、10 
⇒Windows Server 2008SP2 2008R2SP1 2012 2012R2 2016 2019

 

弊社でもこの対応に合わせ、@dream-Progre、@dream-Lightの
新元号対応を実施することになりました。

 

○リリース日

 2019年4月11日(木)

○対応対象・対応方法

 @dream-Progre賃貸・売買最新版
  ※2019年1月1日時点でスタンダード保守加入のユーザー様
 
 @dream-Light賃貸版・売買版

 アプリケーション起動時の自動更新にて適用されます。

○対応対象外の@dream-Progreについて
 
 保守未加入またはライト保守でご利用中の@dream-Progreにつきましては、
 バージョンに関わらず、新元号対応対象外となります。

 そのためマイクロソフトから提供される新元号対応プログラムが適用されると、
 物件マスタ・棟マスタで、新元号の築年月を「登録」した際、エラーになるため、
 物件登録時の運用で対処していただく必要があります。

 

 ▼@dreamテクニック集 新元号対応について

 

 恐れ入りますが、これを機に最新版にしていただけますようお願いいたします。

 今回の新元号対応に続き、10月には消費増税も予定されていることから、
 スタンダード保守へのご加入も合わせてご検討ください。

 

————————————————————————–

また、『売買版』希望条件登録フォームをご利用されている場合、
「引越希望時期」の入力項目を修正していただく必要がございます。

 

編集方法は4月11日(木)より、下記ページでご案内させていただきます。

希望条件登録フォームの編集方法
 ⇒https://user.dream2000.jp/2019era/

 

※自動希望条件登録システムをご導入の方

売買希望条件登録フォーム編集後、『自動希望条件登録ステム2.28』への
レベルアップも必ずセットで行ってください。

 ⇒http://at-dream-soft.jp/dream2000/soft/kibo2.htm

 

尚、この新元号対応に関するご不明点やご相談につきましては、
リングアンドリンクまでお問い合わせください。

TEL:0120-465-146 受付時間9:30~17:00 (土日祝日を除く)
※お電話の際は「新元号対応の件」とお伝えいただくとスムーズです。

メールでのお問い合わせ
https://user.dream2000.jp/contact/new_eraname/

 

弊社では今後もよりよいサービスの提供が行えるよう努めてまいります。
引き続き、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。