つぶやきを増やすにはTwitter自動投稿サービスが便利!

 

Twitterの自動投稿サービスとは、あらかじめ設定しておいた投稿内容(つぶやき)を、
一定の間隔や決めた時間に自動でツイートしてくれる仕組みのことです。

 

Twitterは次々に新しい情報が流れるので、コンスタントに回数をつぶやくことが
フォロワーを増やし、集客につなげるポイントなのですが、手動で続けるは難しい。
自動投稿サービスを使って、効率よくつぶやき回数を増やしていきましょう。

 

無料の自動投稿サービスはいくつかありますが、今回は本ブログのTwitterでも
利用しているtwittbotの使い方をご紹介します。

 

 

twittbotの登録

 

まずは「twittbot」のユーザー登録をします。 → twittbot

 

「LOGIN」ボタンをクリック(Twitterにはあらかじめログインしておきましょう)

 

画像認証を行います。数字を選択して「クエリ送信」

 

再度「LOGIN」ボタンが表示されます。クリックします。

 

「連携アプリを認証」をクリック

 

ユーザー登録が完了しました。「お気に入り」に入れておきましょう。

 

 

時間指定でつぶやく設定

 

あらかじめ登録したツイートを時間指定でつぶやく設定を行います。

 

「時間指定」をクリックします。

 

時間だけ指定したつぶやきをセットしてみました。

 

「つぶやき追加」で登録。登録したツイートは下に一覧表示されます。

 

ちなみに時間の指定は色々な組み合わせで行うことができます。

 

  • ・時刻だけ指定
  • ・日付と時刻を指定
  • ・曜日と時刻を指定
  • ・月と日付と時刻を指定
  • ・全部を指定(年・月・日・時間)

 

曜日と時刻を指定してみました。(1行になるのは仕様のようです)

 

組み合わせ次第で、盆暮れの長期休業や記念日などの設定もしておけますね。

 

 

画像付き投稿の自動投稿

 

Twitter投稿した画像付ツイートを利用すると、画像を付けた自動投稿もできます。
ツイートは画像付きの方が目立つので、投稿内容に合わせて活用してください。

 

使いたい画像が付いたツイートを表示して「リプライ(返信)」をクリック。

 

表示されている画像の短縮URLをコピーします。

 

コピーしたURLを貼り付けて、投稿したいツイートを登録します。

 

写真付きで自動投稿されました。

 

※権利上の問題がある画像などは登録しないようにしましょう

 

 

twittbotを使ったツイート自動投稿まとめ

 

twittbotを使った自動投稿のやり方をご説明しました。

 

あらかじめ投稿内容を必要に応じて登録しておく手間はあるものの、
つぶやけない時間に自動でツイートしてくれるのはとても便利です。

 

とはいえ、ツイートを自動投稿だけに頼って定型文ばかりになると、
せっかくのフォロワーにも飽きられてしまいます。

 

つぶやく回数が増えるとフォロワーは少しずつ増えていきますので、
twittbotを使った自動投稿と@dreamからのTwitter連携投稿、
そして手動でのつぶやきを上手く織り交ぜて、効率よくSNS活用しましょう。

 

 

 

Internet Explorerの使用はやめた方がよいそうです

 

Internet Explorer(IE)はマイクロソフトが開発してきたウェブブラウザですが、
他ブラウザへの移行を呼びかける記事がアップされたので確認しておきましょう。

 

マイクロソフトの呼びかけ

 

2月6日、マイクロソフトのサイバーセキュリティアーキテクト、クリス・ジャクソン氏が
デフォルトのブラウザとしてInternet Explorerを使いづつけることの危険」という記事を
「Windows IT Pro Blog」で公開しました。

 

専門的で難しい部分もありますが、要約すると次のような内容になると思います。

 

IEを使い続けることで企業に技術的負債をもたらすことになる。 移行しなければ目先の手間や費用はかからないが、逆に余計なコストを生み出すので、 長期的に見てIEを使い続けることは最適な選択ではない。 IEは新しいWeb標準をサポートしていません。ほとんどの開発者はIEでテストせず、 現代のブラウザでテストしています。最新のモダンブラウザに移行するのが最適です。 Internet Explorerを使いづつけることの危険性

 

モダンブラウザというのは、Microsoft EdgeやGoogle Chrome、Firefoxなどのこと。
デフォルト(既定)ブラウザとして、これらに移行するのがお勧めということです。

 

 

Internet Explorer の今後について

 

マイクロソフトは2018年7月時点でも、Internet Explorerの今後について言及しています。

 

これによると、最新のIE11以外(IE8、9、10)のサポートが終了していることに加え、
世の中にあふれるリッチコンテンツは、すでに Internet Explorer ではサポートしていない
最新技術を利用して実現されており、その流れは今後もさらに加速していくと言え、
「Internet Explorer でなければ表示できない Web コンテンツ」は徐々に少なくなっていく
といったことも書かれています。

 

また「Internet Explorer はいつまでサポートが提供されるのか?」といった
将来の予定についても回答できないと言っており、モダンブラウザへの移行を
余裕を持った計画で進める必要があると意識するようにも促しています。

 

サポートが終了したIEはセキュリティ更新プログラムの提供がないため、
利用することにより、ウイルス感染や個人情報漏えいのリスクが高まります。

 

現在のところ、最新のIE11についてはサポート対象となっていますが、
マイクロソフトの見解を見ると、先々どうなるかわからない感じもするので、
やはり早めにIE以外のブラウザのデフォルト利用を検討するのがよさそうです。

 

 

まとめ

 

Internet Explorerについてのマイクロソフトの見解をお伝えしました。

 

デフォルトブラウザとしてInternet Explorerを利用している場合は、
まずバージョンを確認して、最新のIE11であることを確認しましょう。

 

歯車アイコン>バージョン情報

 

IE11の場合はセキュリティ更新プログラムの提供があるのでひとまず安心ですが、
Internet Explorerが対応していない新しいWebページが見られないなどの支障が
出てくる可能性もあるので、余裕をもって他ブラウザへの移行をしましょう。

 

IE8、IE9、IE10などサポートが終了したInternet Explorerをご利用の場合、
ウイルス感染や個人情報漏えいのリスクが高い状態であることが何より心配です。
ひとまずIE11に更新するか、あるいはこれを機にEdge、Chrome、Firefox など
他ブラウザへの移行を早急に行っていただくことを強くお勧めします。

 

自社のためにも、お客様のためにも安全で快適な環境を確保したいですね。
Internet Explorerをご利用されている方は、どうぞご留意ください。