Internet Explorerの使用はやめた方がよいそうです

 

Internet Explorer(IE)はマイクロソフトが開発してきたウェブブラウザですが、
他ブラウザへの移行を呼びかける記事がアップされたので確認しておきましょう。

 

マイクロソフトの呼びかけ

 

2月6日、マイクロソフトのサイバーセキュリティアーキテクト、クリス・ジャクソン氏が
デフォルトのブラウザとしてInternet Explorerを使いづつけることの危険」という記事を
「Windows IT Pro Blog」で公開しました。

 

専門的で難しい部分もありますが、要約すると次のような内容になると思います。

 

IEを使い続けることで企業に技術的負債をもたらすことになる。 移行しなければ目先の手間や費用はかからないが、逆に余計なコストを生み出すので、 長期的に見てIEを使い続けることは最適な選択ではない。 IEは新しいWeb標準をサポートしていません。ほとんどの開発者はIEでテストせず、 現代のブラウザでテストしています。最新のモダンブラウザに移行するのが最適です。 Internet Explorerを使いづつけることの危険性

 

モダンブラウザというのは、Microsoft EdgeやGoogle Chrome、Firefoxなどのこと。
デフォルト(既定)ブラウザとして、これらに移行するのがお勧めということです。

 

 

Internet Explorer の今後について

 

マイクロソフトは2018年7月時点でも、Internet Explorerの今後について言及しています。

 

これによると、最新のIE11以外(IE8、9、10)のサポートが終了していることに加え、
世の中にあふれるリッチコンテンツは、すでに Internet Explorer ではサポートしていない
最新技術を利用して実現されており、その流れは今後もさらに加速していくと言え、
「Internet Explorer でなければ表示できない Web コンテンツ」は徐々に少なくなっていく
といったことも書かれています。

 

また「Internet Explorer はいつまでサポートが提供されるのか?」といった
将来の予定についても回答できないと言っており、モダンブラウザへの移行を
余裕を持った計画で進める必要があると意識するようにも促しています。

 

サポートが終了したIEはセキュリティ更新プログラムの提供がないため、
利用することにより、ウイルス感染や個人情報漏えいのリスクが高まります。

 

現在のところ、最新のIE11についてはサポート対象となっていますが、
マイクロソフトの見解を見ると、先々どうなるかわからない感じもするので、
やはり早めにIE以外のブラウザのデフォルト利用を検討するのがよさそうです。

 

 

まとめ

 

Internet Explorerについてのマイクロソフトの見解をお伝えしました。

 

デフォルトブラウザとしてInternet Explorerを利用している場合は、
まずバージョンを確認して、最新のIE11であることを確認しましょう。

 

歯車アイコン>バージョン情報

 

IE11の場合はセキュリティ更新プログラムの提供があるのでひとまず安心ですが、
Internet Explorerが対応していない新しいWebページが見られないなどの支障が
出てくる可能性もあるので、余裕をもって他ブラウザへの移行をしましょう。

 

IE8、IE9、IE10などサポートが終了したInternet Explorerをご利用の場合、
ウイルス感染や個人情報漏えいのリスクが高い状態であることが何より心配です。
ひとまずIE11に更新するか、あるいはこれを機にEdge、Chrome、Firefox など
他ブラウザへの移行を早急に行っていただくことを強くお勧めします。

 

自社のためにも、お客様のためにも安全で快適な環境を確保したいですね。
Internet Explorerをご利用されている方は、どうぞご留意ください。

 

 

 

Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う

 

すでに自社のFacebookページを立ち上げ活用している方も多いと思いますが、
昨年末のドリームデイ、Yext様の特別講演でも運用を勧める話しが出ていたため、
今回は改めてFacebookページについてまとめておきたいと思います。

 

Googleは第三者のサイト・ページ(Facebookページなど自社のビジネスに関わる情報)からも情報を取得しています。Google対策としてFacebookページを作ることもお勧めします。『デジタルナレッジマネージメントセミナー~AI・音声検索の時代に選ばれるために』特別講演

 

 

Facebookページとは

 

FacebookページはFacebook 上に作ることができるビジネスページのこと。
個人のFacebook アカウントとは別に開設、管理することができます。

 

 

企業名やサービス名で作成することができ、広告や分析機能なども備えているため、
最近ではホームページ代わりに、Facebookページを運用する自治体なども増えています。

 

 

Facebookページのメリット

 

Facebookページは個人のFacebookと違い、ログインしたり友達になっていなくても
誰でも見ることができます。(非公開ページにしている場合を除く)

 

日本でFacebookを利用している人は2800万人と言われているので(2019年1月現在)、
Facebookページを活用すれば、より多くの人に自社を知ってもらうことができます。
そして見た人がFacebookページに「いいね!」すると「ファン」という存在になり、
自社が発信する情報をずっと送り続けることができるようにもなるのです。

 

「いいね!」してくれた人の友達、さらに友達の友達と広がる可能性も増えますし、
情報がシェア(拡散)されれば、より多くの人に知ってもらうことも期待できます。

 

またFacebookページは、Googleが評価の元になる情報として見ているようですし、
投稿した内容は検索対象となるので、Googleなどの検索結果にも表示されます。

 

 

Facebookページ運用のポイント

 

ビジネスに関わるページである上、Googleも情報を見てるということなので、
まずはマイビジネス同様、基本情報がちゃんと入っているか確認しておきましょう。
お問合せボタンなどの設置もできるので、必要に応じて利用してみてください。

 

Facebookページの情報配信は、個人のFacebookとは切り分けるのがお勧めです。

 

お知らせやブログ記事のシェアもいいですが、会社としての活動を知らせたり、
ちょっとした役立ち情報の配信など色々なバリエーションがあるとよさそうです。

 

物件写真の撮影、オープンハウスの風景、書類を一生懸命作っているシーン。
あるいは最新の設備の簡単な紹介や、リフォーム中の一コマなどなど・・
文字やリンクURLを貼るだけより、画像がある方が目に留まりやすいので、
写真と合わせてちょっとした情報を載せるようにしてみてください。

 

 

検索に出ることを意識しすぎたり、ブログに書くほど気負ったりせず、
気楽に読めて、親しみを感じてもらえる投稿を定期的にしていきましょう。

 

またFacebookの閲覧は朝、昼休み、夕から夜寝る前が多いと言われているので、
多くの人に見てもらえるよう投稿のタイミングも工夫してみるといいですね。

 

Facebookページを始めたら「いいね!」を獲得する努力もしていきましょう。
Facebookの友達に「いいね!」のリクエストする他、顧客登録のあるお客様に
メールで案内したり、自社サイトにLikeボックスを設置するのも有効です。

 

 

「いいね!」してくれた人のFacebookには、自社の配信した情報が流れることになります。
有名企業が「いいね!」で○○サービス!などのプロモーションをするのはこのためです。
少しずつでも「いいね!」を増やしていくように心がけていきましょう。

 

 

Facebookページまとめ

 

Facebookページのメリットや運用のポイントをお伝えしました。

 

まだFacebookページがない場合は、ぜひ早めに作ることをお勧めします。

 

▼@dream テクニック集 Facebookページをはじめよう!

 

Facebookページを作成することで、Google対策として有効なだけでなく、
親しみやすさや誠実さなど会社の雰囲気を伝えるツールとして活用すれば
リアルに自社のファンを作る(ブランディング)ことにもつながっていきます。
自社を知ってもらうことは大切です。無理のない範囲で上手に運用しましょう。