Google Chromeが混合コンテンツのブロックを段階的に開始

 

Google Chromeは2019年12月リリースの「Chrome79」から、
段階的に混合コンテンツをブロックしていくとしています。

 

Chrome 79以降の一連の手順で、Chromeはデフォルトですべての混合コンテンツのブロックに徐々に移行します。 googleセキュリティブログ

 

混合コンテンツとは、SSL化されたhttpsページの中に、通信が暗号化されていない
httpで読み込まれたファイルが存在する状態のことで、ブロック=表示されないということ。

 

Chromeではすでにhttpで読み込まれるiframeやスクリプトはブロックされていますが、
動画や音声、画像は読み込まれていました。次はこれらの部分が対象になるようです。

 

今回はChrome79以降でどのようになっていくのかお伝えしたいと思います。
すでにサイトのSSL化をしている方には必ずご確認いただきたいですし、
まだ検討中という方も今後の重要なウェブ動向としてぜひご一読ください。

 

 

Chrome79~81にかけて実施される混合コンテンツについての変更点

 

2019年12月にChrome79、1月にChrome80、2月にChrome81がリリースされ、
混合コンテンツがある場合の警告やブロックが段階的に強化されていきます。

 

○Chrome79(12月リリース)

混合コンテンツでブロックされた時にアドレスバーに表示されるシールドボタンが無くなり、
「サイト設定」画面を開いて、ブロック解除(読込の許可)を行うようになります。

 

Chrome78では混合コンテンツとしてiframeがブロックされると、シールドアイコンが表示。

 

読み込みを許可することで、ブロックの解除が行えました。

 

Chrome79からは「サイト設定」を開いて、解除を行うことになります

 

 

○Chrome80(1月リリース)

httpの指定がされた「動画」や「音声」ファイルを自動的にhttps接続し、
httpsで読み込めない場合はブロックされます。この段階では「画像」はhttpでも
表示されますが、アドレスバーに「保護されていない通信」と警告が表示されます。

 

画像がブロックされなくても警告は表示されてしまう

 

 

○Chrome81(2月リリース)

「画像」も自動的にhttps接続で読み込まれ、読み込めない場合はブロックされます。

 

 

 

段階的といいながら、3ヶ月の間に変更されていくので細かいことはさておき、
2月以降、https接続で読み込みできなかったコンテンツはすべてブロックされる
という点をぜひ知っておいてください。

 

 

混合コンテンツの確認方法と対策

 

自社サイトのSSL化がきちんと完了している場合、あまり心配はないと思いますが、
気になるページがあれば、混合コンテンツでないか念のため確認しておきましょう。

 

 

アドレスバーに「!」マークが表示されてしまう(鍵マークがつかない)とか、
シールドアイコンが表示されていれば、混合コンテンツということになります。

 

http~から始まるURLを入れている動画や画像ファイルなどを見つけ、

 

1、SSL化されているなら「https~」から始まるリンクURLに修正する
2、SSL化されていないならリンクを削除するなど読み込まれないようにする

 

dreamユーザー様の場合、ウェブコメントなどにご自身で入れた画像リンクが
該当する可能性があります。(ご不明な点はサポートまでご相談ください)

 

適切な対応を行ってアップし直し、混合コンテンツを解消しておきましょう。

 

 

 Chromeが混合コンテンツのブロックを段階的に開始まとめ

 

Chrome79からの混合コンテンツにおける変更点についてお伝えしました。

 

Googleが常時SSL化を推奨し、Chromeのセキュリティを強化してきた流れの中、
ついに混合コンテンツもブロックされ、https化が当たり前になりつつあります。

 

今回の変更は、すでに常時SSL化をされている方が注意しておきたい内容でしたが、
これらはGoogleがhttpsスタンダードを目指していく一連の動きの中のこと。
先々は表示されるのはhttpsのサイトのみ…になることも十分に予想されますので、
まだ検討中、未対応という方も、早めに対応されることを強くおすすめします。

 

 

 

 

増えつつある音声検索について今知っておきたいこと

 

2016年時点でGoogleが「グローバルでは検索の約20% 」と言っていた音声検索。
現在はスマホに加え、AIスピーカーの利用者もどんどん増加していることから、
「2020年までに全検索の50%が音声検索になるだろう」と言われているようです。

 

「自分はあまり使わない」「よくわからない」という方もいるかもしれませんが、
自社ホームページを運営して集客するというウェブを使ったビジネスをしている以上、
音声検索を使うユーザーが増えている状況や影響は知っておく必要がありますよね。

 

そこで今回は音声検索について、今知っておきたいことをお伝えしたいと思います。

 

 

音声検索とは

 

音声検索とは「声で検索」すること。検索窓にテキストを入力するのではなく、
スマホやAIスピーカーに向かって発する言葉により検索することを指します。

 

「Hey Siri 明日の都内の天気は?」 (Apple)

「OK Google 近くのおしゃれでおすすめのカフェを教えて」 (Googleアシスタント) 

「Alexa 大さじ1は何グラム?」 (Amazon Echo)

 

こんな風に利用するシーンをCMでご覧になったことがあると思います。

 

ブラウザや検索アプリを起動してから検索キーワードを入力する手間がなく、
運転中でも両手が塞がっていても話しかけるだけで検索できて便利なため、
最近では若い世代以上に、中高年層の音声検索利用者が増えています。

 

 

音声検索が増えていくとどうなる?

 

音声検索が増えていくと、これまでと違った変化が出てくると予想されます。

 

1、検索回数が増える

キーワード入力の手間もなく、ハンズフリーで検索できる便利さから、
「近くの~」「おすすめの~」など含め、検索回数が増えると言われています。

 

2、検索キーワードが単語から話し言葉へ

「所沢 不動産」「所沢 イタリアン」といった数個の単語を並べた検索から、
「所沢の信頼できる不動産会社を教えて」「所沢で人気のおいしいイタリアンは?」
という風に文章や話し言葉での検索が多くなってきます。

 

3、検索結果の上位が圧倒的有利に

検索結果を上から見ていくテキスト検索では比較検討などもされるため、
10位以内(1ページ目)にいればサイトを見てもらう機会が十分にあります。
一方、音声検索の場合は直接回答、あるいは結果が順に読み上げられるため
1位が圧倒的に有利。少なくても3位以内を目指すことが重要になっていきます。

 

 

音声検索に出やすくなるためのポイント

 

現時点で音声検索に大きく関わっていると言われるのが「ローカル検索」です。
ローカル検索とは「地域名+サービス(業種)」での検索やマップ検索のこと。
音声検索の対策を考える場合、とにかくまずローカル検索の最適化を行いましょう。

 

Googleマイビジネスの基本情報をあらためて確認しませんか?
Googleマイビジネスの基本情報をあらためて確認しませんか?
Googleマイビジネスに登録して、実際に活用している方が増えてきました。基本情報を充実させて、写真や投稿機能、口コミ管理などもぜひ活用してください。
2020-01-09 00:00

 

ローカル検索ではNAP情報がとにかく大事!
ローカル検索ではNAP情報がとにかく大事!
以前お伝えしたサイテーションの記事内でも触れた「NAP情報」。 サイテーションとは「他サイトやSNSでNAP情報が(好意的に)引用されると 評価につなが
2019-06-13 15:09

 

 

また、音声検索の結果に影響していると言われる要素もいくつかあります。
ある調査結果から、主なものをいくつか抜粋してお伝えします。

 

  • ・ページの表示速度が速いサイトが評価されやすい
  • ・結果に出るサイトのほとんどがHTTPS
  • ・検索語句に対して簡潔な回答が選ばれやすい
  • ・ドメインオーソリティの高いサイトの方が結果に出やすい
  • ・FacebookやTwitterなどSNSの反響が多い方が評価される傾向
  • ・デスクトップ検索の結果で上位にいるサイトが選ばれやすい
  • ・シンプルで読みやすいコンテンツが音声検索に役立つ

 

SNSの反響やドメインオーソリティ(権威性)は自分ではどうにもなりませんが、
HTTPSや表示速度、シンプルで読みやすいコンテンツなどは取り組んでいけますね。

 

なお、デスクトップ検索で上位の方が音声検索でも選ばれやすいということから、
スマホ対応(モバイルフレンドリー)や、コンテンツの質、適切なタイトル、
被リンクやサイテーションといった従来の基本的なSEO対策も引き続き重要です。

 

注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
近年、SEOやMEOに効果があるとして「サイテーション」が注目されています。 SEOはホームページを検索結果で上位表示するための検索エンジン対策ですが、
2019-04-18 15:04

 

Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う
Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う
すでに自社のFacebookページを立ち上げ活用している方も多いと思いますが、 昨年末のドリームデイ、Yext様の特別講演でも運用を勧める話しが出ていたため、
2019-01-31 15:00

 

エバーグリーンコンテンツ作成のススメ
エバーグリーンコンテンツ作成のススメ
質のよいコンテンツを増やすのが大事! 定期的に更新するのも大事! 小手先のテクニックが通用しなくなった現在のSEO対策として、 「コンテンツの質と量」を
2019-04-11 15:00

 

やっぱり大事なTitleとdescriptionを見直そう
やっぱり大事なTitleとdescriptionを見直そう
前回のSEO関連エントリーでは、検索数は少なくても需要があるスモールワードを コンテンツに取り入れて、チリツモで検索流入を増やしましょうという話でした。
2017-09-04 15:00

 

 

音声検索まとめ

 

音声検索について、今知っておきたい情報をお伝えしました。

 

先々は音声検索が主流になるとしても、今すぐどうこうという話ではないので、
変に焦らず、まずは世の中がそういう流れになるということを知っておいてください。

 

そうしたアンテナを立てた上で、SEO対策やMEO対策など今から出来ること、
自分で出来ることをしっかりやる。自分の力ではどうにもならないことも多いので、
これはとても大切なことだと思います。地道に必要な対策を進めていきましょう。

 

テキスト検索でも音声検索でも「ユーザーにとって価値のあるサイトや情報が重要」
という点は変わりません。今後もユーザーファーストはぜひ重視してください。

 

今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう
今後のサイト運営のためGoogleが重視していることを知っておこう
2018年も残すところあとわずか。今年は常時SSL化やモバイルファーストインデックス、 スピードアップデート、あるいはGoogleマイビジネスでのローカル検索
2018-12-20 15:00

 

 

これからの検索・・・ローカル検索(地図検索)や音声検索で見つけてもらうために、
ネット上にちらばる店舗や会社情報を一元管理する「MITUCAL」もぜひご利用ください!