コンテンツマーケティングのことを簡単に分かりやすく

 

コンテンツマーケティングとは、価値あるコンテンツを発信しながら潜在顧客を集め、
将来的に自分のお客様に育て、自社サービスの購入や利用に導いていく活動のことです。

 

昨年末に開催された『全国@dreamオンラインユーザー会』のインタビュー配信
「今からでも遅くない地道に取り組むWeb対策」でお話しいただいたこともあり、
アンケートで興味を持った、取り組んでみたいというお声も多く見受けられました。

 

全国@dreamオンラインユーザー会2021開催報告
全国@dreamオンラインユーザー会2021開催報告
12月14日(火)全国@dreamオンラインユーザー会が開催されました。 去年に引き続き、今年もオンラインでの開催となりましたが、 200名以上のお申し込
2021-12-15 15:00

 

なぜコンテンツマーケティングなのか? どんなことに取り組めばいいのか?
やっぱり気になりますよね。詳しく見ていきましょう。

 

なぜコンテンツマーケティング?

 

店舗に行って実物を見て選んだり、話を聞いて買う買わないの判断をしていた以前と違い、
現在は多くの人がネットで収集した情報を元に、購入の判断をするようになっています。
ホームページや比較サイト、口コミを見て検討し、お店に行ったり問合せをする時には
すでに購入するものが決まっているという経験を皆さんもお持ちだと思います。
スマートフォンの普及もあり「自分で検索して探す」のが当たり前になっている今は、
購買の意思決定は来店よりも前、情報収集するウェブ上でされるようになったのです。

 

Googleではこれを「ZMOT(ジーモット)」と言い、消費者行動の概念として提唱しています。
ZMOTは「Zero Moment of Truth(ゼロ モーメント オブ トゥルース)」の略で、
「来店前のゼロ段階で購買の意思決定がされている」ということを表しています。

 

ゼロ段階が勝負どころになると、有益な情報提供をすることが重要になってきます。
たとえ検索順位がよくてもHP上の情報が薄かったり、自社の言いたいことばかりで
価値あるコンテンツがなければ、情報取集の段階で淘汰されてしまうからです。

 

そこで、情報収集している段階の潜在顧客が知りたいと思う情報を発信して、
自社の認知を上げたり、何度も来てもらってファン化につなげて関係を作りながら、
最終的に自社を選んでもらうよう促していくコンテンツマーケティングが広まりました。

 

では価値あるコンテンツとはどんなものでしょうか?

 

 

価値あるコンテンツとは?

 

「〇〇不動産(会社名)」や「〇〇市 中古マンション」と検索している人は
会社を認知している、あるいはある程度、ニーズが固まっていると考えられます。
自社サイトが検索でヒットすれば、接点を持つことが可能な層と言えます。

 

しかし、まだ情報収集を始めた段階の人たちが具体的な検索をするとは限りません。
まずは疑問や課題、悩みや不安を解決するための情報収集がメインになりますから、
問題解決に役立つコンテンツを作って検索でヒット、接点を得ることが大切です。

 

  • 不動産の購入にはいくらくらいかかるの?
  • 中古マンションの購入はどう進めたらいいのかな?
  • 失敗しない不動産選びのポイントが知りたい
  • 住宅ローン審査に通るのか、いくら借りれるのか?
  • 買うか買えるかわからないのに相談してもいいのかしら?
  • 頼りになりそうな不動産会社はどこだろう?

 

ほんの一例ですが、自社サイトにこうした問題解決に役立つコンテンツがあれば、
情報収集している段階の潜在顧客に出会うチャンスが生まれ、認知につながります。
そして何度も見に来て接触時間が増えるにつれ親しみを感じてもらいやすくなり、
知識がついてニーズが顕在化していく中で自社を選んでもらう流れが作れます。
関係性を作って自社のお客様に育てていくという点で顕在顧客にとっても重要です。

 

長期的に取り組んで地道にコンテンツを作っていく必要がありますが、
将来の成果やウェブ上の資産にもなるので、少しずつでも始めてみましょう。

 

ちなみに@dreamオンラインユーザー会のインタビューでも言及があった通り、
好きなことを自由に書く日記ブログはファン化するためのコンテンツです。
コンテンツマーケティングの記事とは別のものと考える必要があります。

 

 

コンテンツマーケティングまとめ

 

コンテンツマーケティングについてお伝えしました。
情報発信して自社を見つけてもらい、関係を作って顧客化につなげていく。
価値あるコンテンツを提供して、情報収集の段階で淘汰されないようにする。

 

たとえ実際の接客が丁寧、親切で話も分かりやすいという強みがあったとしても、
ウェブ上の情報発信が足らず選ばれなければ発揮する機会は減ってしまいます。

 

情報収集している人にとって価値あるコンテンツの提供に取り組んでみてください。
競合他社にあって自社にないなら、先々大きな差をつけられてしまうかもしれません。
コンテンツマーケティングは時間も手間もかかりますし、数本書いたからと言って
すぐ大きな効果が出るものではありませんが、チリツモの力が必ずあるはずです。

 

「自分で検索して探す」時代。ウェブ動向に合わせたサイト運営をしていきましょう。

 

 

 

 

Chrome94にhttpページをブロックする設定が実装。早めのSSL対応を!

 

 Chrome 94 に「HTTPS-First mode(HTTPSファーストモード)」が搭載されました。
これは常に安全な接続を利用できるようにするための設定で、この機能をONにすると
HTTPサイトにアクセスした場合、警告画面が表示されるようになります。

 

詳しく見ていきましょう。

 

SSL未対応HTTPサイトの場合の警告画面とは?

 

SSL対応とはサイト全体を丸ごと暗号化して安全な接続にすることで、
SSL対応済みのサイトはカギマークが付き、「https」から始まるURLになります。

 

 

一方、SSL未対応のhttpサイトは暗号化されていないため、
盗聴や改ざん、なりすましなどの恐れがあり危険です。

 

 

Chromeはこれまで「保護されていない通信」と表示して注意喚起していましたが、
Chrome94の「HTTPS-First mode(HTTPSファーストモード)」搭載により、
設定をONにした場合、サイトを表示せず警告画面を出すようになりました。

 

サイトにアクセスしてもホームページが表示されず警告画面が表示される

 

「サイトへ移動」をクリックすることで、警告を無視してページに移動できますが、
画面を閉じたり、検索結果に戻ってしまう方も多くなってしまうと思いますので、
これまで以上にアクセスを取ることが難しくなるだろうと想像できます。

 

 

Chrome「HTTPS-First Mode」の設定

 

Chrome94で設定がついたものの、デフォルトでは OFF になっています。
参考までに「常に安全な接続を使用する」設定をご案内します。

 

  1. Google Chrome右上の3点のアイコンをクリック>「設定」
  2. 設定画面>「プライバシーとセキュリティ」>「常に安全な接続を使用する」

 

右端のスイッチをクリックするとONに

 

「保存」ボタンはないので、ONにしたら画面を閉じてください。
今後はhttpサイトへのアクセス時、警告画面が表示されるようになります。

 

まとめ

 

Googleは以前から「最終的に全てのHTTPページで警告表示する」方針を掲げ、
Chromeのセキュリティ強化を進めてきました。今回の設定はデフォルトOFFですが、
これまでの流れを見ても、デフォルトONになる日はそう遠くないと思われます。

 

検索結果やリンクをクリックしたらサイトではなく「安全ではない」警告画面が出た…

 

となれば、驚いて画面を閉じたり、慌てて前の画面に戻る人が多いはずです。
仮に閲覧しても、信頼や安全がなければ問い合わせにもつながらないでしょう。

 

URL横に「保護されていない通信」と表示されるのとはインパクトが違うため、
デフォルトがONになれば、こうしたことが起こりえます。
Chrome以外のブラウザも同様の流れになっていくと予想されますので、
SSL未対応の場合は今のうちに是非やっておくべきです。

 

ビジネスでホームページ運営をしている以上、SSL化は避けて通れません。
お金のかかることですが、どうぞ最優先での対応を検討してください。