Twitterアナリティクスで運用状況を確認してみよう

 

Twitterで情報発信すると「いいね!」やリツイートなどすぐの反応に目が行きがちですが、
実際どのくらいツイートが見られたか、クリックされたのか気になりませんか?

 

そこで今回はTwitterアナリティクスのデータの見方と活用についてご説明します。

 

 

Twitterアナリティクスとは?

 

TwitterアナリティクスはTwitterが公式で提供しているツイートの分析ツールです。
Twitterをやっていれば登録などしなくても利用することができます。
スマートフォンでは簡易的な確認しかできないのでパソコンで見るのがお勧めです。

 

 

Twitterにログイン後、「もっと見る」>「アナリティクス」で見ることができます。

 

 

Twitterアナリティクス画面の見方と活用のポイント

 

Twitterアナリティクスを開くとホーム画面が表示され、過去28日の変動と、
月ごとのツイート概要を見ることができます。各項目について見ていきましょう。

 

 

「過去28日でのパフォーマンスの変動」

○ツイート
ツイートした回数

○ツイートインプレッション
ツイートが表示された(見られた)回数

○プロフィールへのアクセス
プロフィールページが見られた回数

○@ツイート
@ツイート(返信)の数

○フォロワー数
フォロワー数と増加数

 

ホーム画面では他に、月ごとの概要も見ることができます。

○トップツイート
1ヶ月の間に最もインプレッションを得た(表示された)ツイート

○トップの@ツイート
1ヶ月の間に最も@ツイート(返信)を得たツイート

 

慣れないうちは数値を見てもピンと来ないかもしれませんが、
まずはこのホーム画面で、自分のツイートの全体を把握しましょう。
毎日あるいは定期的にツイートを行って情報発信をしている場合、
「ツイートインプレッション」を増やすことを目標にするとよいですね。

 

ツイートの回数を増やしたり、時間を変えたり、ハッシュタグを使ったり、
反応のよい傾向のツイートを増やしてみるなど工夫してみましょう。

 

投稿ごとの反応は「ツイートアクティビティ」で確認することができます。
画面上部の「ツイート」タブで移動します。

 

 

各ツイートの「インプレッション」「エンゲージメント数」「エンゲージメント率」
が表示されるので、どのツイートにどんな反応があったか確認することができます。

 

○インプレッション
ツイートが表示された(見られた)回数

○エンゲージメント数
ツイートにアクションが行われた回数

○エンゲージメント率
インプレッション対するエンゲージメントの割合

 

エンゲージメント数としてカウントされるツイートへのアクションとは、
いいねやリツイート、返信の他、クリックやフォローなどです。

 

各ツイートの上でクリックすると、詳細が確認できます。

 

 

ユーザーのアクションがエンゲージメントとしてカウントされます。
フォロワーを増やしたい、拡散されたいなどツイートする目的によりますが、
例えば、自社ウェブサイトへの集客や認知を増やそうとしているなら、
いいねより、詳細やリンク、プロフィールのクリックが多い方がよさそうです。

 

エンゲージメント数が多いほど、興味を持たれたということになるので、
詳しく分析して傾向を見つけ、同じようなツイートしばらく試してみる。
その結果、インプレッション数やエンゲージメント数は上がったのか?
そこからTwitter経由のサイト訪問は増えたのか? 確認していきましょう。

 

 

「詳細」タブからは「動画」「コンバージョントラッキング」の画面に遷移します。

 

 

動画アクティビティは動画投稿を行っている場合、動画の分析ができます。
コンバージョントラッキングはTwitter広告を行っている場合に利用できます。

 

 

Twitterアナリティクスまとめ

 

Twitterアナリティクスで定期的に状況を確認することで、いいね!がついたり
フォロワーが増える以外の色々な反応が見えると、モチベーションが上がったり、
新たな目標や取り組みにもつながりやすいですね。

 

Analytics(アクセス解析)というのは見なければダメというものではありませんが、
「何となく増えてきた!」「今週はちょっと減った」など漠然としているより、
数値として見える方が状況が分かりやすく、また改善点も見えやすくなります。

 

Twtterの活用は反応に関わらずコンスタントなツイートをとにかく続けること。
そしてインプレッションが増え、いいね!やフォローなどの反応が出てきたら、
Twiterアナリティクスを活用して、目的に向けた改善に役立てましょう。

 

つぶやきを増やすにはTwitter自動投稿サービスが便利!
つぶやきを増やすにはTwitter自動投稿サービスが便利!
Twitterの自動投稿サービスとは、あらかじめ設定しておいた投稿内容(つぶやき)を、 一定の間隔や決めた時間に自動でツイートしてくれる仕組みのことです。
2019-03-22 15:00

 

 

MITUCAL(ミツカル)のメリットを詳しく説明してみます

 

MITUCALはネット上にある店舗の情報を「正しく」「まとめて」管理できるサービスです。
GoogleやGoogleマップはもちろん、Facebook、InstagramなどのSNS、Bingなどの検索エンジンや
Amazon AlexaやGoogle Homeなどに公開された情報を一元管理・リアルタイム更新することで
見つけてもらいやすくなり、ウェブ集客、売上アップにつなげることができます。

 

と言っても、具体的なメリットや、どんな効果が得られるのかは十分伝わらないかもしれません。
そこで今回はMITUCALについて、出来るだけ分かりやすくご説明したいと思います。

 

MITUCAL導入によるメリット

 

近年スマホ検索やSNS活用が当たり前になり、ユーザーの検索の仕方が多様化しています。
以前のようにホームページに力を入れているだけでは集客するのが難しくなっていくので、
検索エンジンやマップ、SNS、ウェブサービスと出来るだけ多くの接点を持つ必要が出ています。

 

1、会社や店舗の情報を一元管理。一括配信・更新、書き換えも抑止

ウェブ集客に必要な「会社・店舗名」「住所」「電話番号・メールアドレスなどの連絡先」
「サイトURL」「営業時間」「支払い方法」「サービス内容」「事業説明」「キーワード」「写真」
といった情報をMITUCALに登録するだけで、連携しているあらゆる検索エンジン、SNS、マップ、
ウェブサービスへ一括配信・登録します。また営業時間や支払い方法の追加といった変更も
MITUCALから行えば一括リアルタイム更新でき、誤った情報の修正やユーザー提案などによる
意図しない情報の書き換えも抑止します。

 MITUCALを利用することで、ユーザーが利用する様々な検索で常に正確な情報を
手間をかけずに提供することができます。そして世界で著名なサイトやサービスに
会社や店舗の情報が正しく登録されることも有効なSEO・MEO対策になります。 

 

参考注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます

参考ローカル検索ではNAP情報がとにかく大事!

 

2、あらゆる検索での情報配信をサポート

連携先はGoogleやGoogleマップのほか、Bing、TripAdvisor、百度(バイドゥ)といった
検索エンジンやレビューサイト、FacebookページやインスタグラムなどのSNS、
あるいは音声アシスタントのAmazon Alexa、Google Homeなど多数。

 ホームページが見てもらえるか分からない今、Googleマイビジネスはもちろん、
Google以外での集客経路もできるだけ持っておく方が断然有利です。とはいえ自力で
複数のサービスを管理する手間はかけられない、ノウハウがないといったジレンマも存在します。
MITUCALはその悩みを解消し、新規獲得に向けたあらゆる検索での情報配信をサポートします 

 

参考MITUCAL連携先 ※クリックで画像が開きます

 

3、顧客との関係性を高めるためのレビュー管理

お客様によるレビュー(口コミ)は検索エンジンからの評価につながるだけでなく、
他のお客様が持つブランドイメージにも影響を与えるため、とても重要な情報です。

 MITUCALは様々な連携先におけるレビューを常にモニタリング。レビューの返信や
依頼ができる他、レビュー内容と星の数から評価の傾向も具体的に分析します。
お客様の声を元に改善を行うことは次のレビューを生み出し、新規顧客の集客につながります。 

 

 

4、Google検索に最適化したホームページの構築

 MITUCALでGoogleに最適化したホームページにできます。会社・店舗名や住所はもちろん、
業種やサービス内容、営業時間などホームページの情報をGoogleに正しく確実に伝えることで、
検索でより見つかりやすいページになります。 

 

これを構造化対策といい、大企業のホームページでも対応できていないところの多い
新しいSEO対策のひとつです。検索が多様化しているとはいえ、詳しい情報が確認できる
サイト検索は今後も行われます。ホームページのSEO対策も必要でMITUCALはその一端も担います。

 

また大手企業(吉野家・ヤマト運輸・丸亀製麺・ウェルシア・三井住友銀行など)でも
すでに導入されており、中小ビジネスが同じサービスを使える点もメリットと言えます。

 

MITUCALがウェブ集客を強力にアシスト

 

ウェブ集客を成功させるには大きく2つポイントがあります。最終的な目的である
売上アップを狙うには漠然とではなく、以下を押さえたウェブ集客がとても重要です。

 

1、目に触れる機会を増やす

会社を知ってもらうには、できるだけ多くの検索に正しい情報が表示される必要があります。

MITUCALなら多くの連携先に一括登録・更新、流入経路拡大、MEO効果、Google構造化

 

2、選ばれる可能性を増やす

「問合せたい」「相談したい」につなげるには、興味を持ってもらえる情報の提供が不可欠です。

MITUCALならサービス概要や営業時間など常に正しい情報、レビュー管理と分析

 

ホームページやGoogleマイビジネス、SNSがあってもバラバラに運用するのでは効果が薄く、
手間もかかって非効率です。 MITUCALならユーザーが検索をした時に正しい情報を
提供することでこうした問題を解消し、ユーザーとの関わりを高めて売上アップに貢献します。 

 

こんなお悩みにおすすめです

 

  • ホームページの検索順位はいいのに集客や反響が減ってきた
  • ローカル検索(Googleマップ検索)で上位に出ない、表示されない
  • AppleマップやBingマップに出てこない
  • GoogleマイビジネスやFacebookへの投稿の手間を減らしたい
  • 新規顧客獲得のため新たな流入経路を増やしたい
  • レビュー管理の効率化・レビュー活用でリピーター獲得につなげたい
  • 検索結果に間違った情報が載ってしまい困っている
  • 音声検索に備えたウェブ集客にも取り組んでいきたい
  • 広告費やポータルサイトの費用対効果に疑問を感じている

 

MITUCALのメリットまとめ

 

ホームページやGoogleマイビジネスでの上位表示を狙ったGoogle対策は引き続き必要です。
しかし技術の進化に伴って、検索(ユーザーの行動やキーワード)が変わりつつあること、
そしてこの先さらに変わっていくのはすでに見えているため、今後のウェブ集客を考えるなら、
多様化の流れを読んだGoogle以外の対策にも取り組むことも必須と言えます。

 

あらゆる検索サイト、SNS、マップなど可能な限りの流入経路を効率よく増やし、
お客様に知ってほしい正確な情報を常に発信し続けていく。

 

こうした対策は先行して始めるほどアドバンテージが高くなります。
MITUCALを使って競合に先んじたウェブ集客に取り組んでみてください。