ローカル検索ではNAP情報がとにかく大事!

 

以前お伝えしたサイテーションの記事内でも触れた「NAP情報」。

 

サイテーションとは「他サイトやSNSでNAP情報が(好意的に)引用されると
評価につながる」というもので、ユーザーに正しい情報を掲載してもらい、
それをGoogleに評価してもらうためには、このNAP情報が重要になります。

 

そこで今回はNAP情報のポイントについて詳しくお伝えしたいと思います。

 

注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
近年、SEOやMEOに効果があるとして「サイテーション」が注目されています。 SEOはホームページを検索結果で上位表示するための検索エンジン対策ですが、
2019-04-18 15:04

 

 

NAP情報とは

 

NAP情報とは「名前」「住所」「電話番号」を表し、頭文字を取って「NAP」と呼ばれます。

 

  • Name=店舗や会社の名前
  • Address=住所
  • Phone=電話番号

 

このNAP情報が正確に統一されていないと、せっかく他サイトで引用・紹介されても、
同じ会社(お店)の情報ではないと判断され、評価につながらなくなってしまいます。
ローカル検索でとても重要なポイントになります。出来る限り統一していきましょう。

 

 

NAP情報の統一とは?

 

NAP情報の統一とは、自社サイトはもちろん、Googleマイビジネスやブログ、
SNSなどに載せたNAP情報が、完全一致していることを言います。

 

「戦国不動産株式会社」「戦国不動産(株)」⇒株式会社の表記が違う

「所沢市東所沢1-2-3」「所沢市東所沢1丁目2番地3号」⇒ハイフンと番地で表記が違う

「04-1234-5678」「04-1234-5678」⇒半角と全角で表記が違う

「Ring and Link」「Ring and Link」→半角と全角で表記が違う

 

全角半角は特に、入力した時期の違いなどで混在してしまうケースが高いです。
日本語は数字とアルファベットしかない英語に比べると表記の種類が多いので、
人ではなく、Googleのロボットが見ているということを意識していきましょう。

 

 

ネット上に散らばる自社の情報

 

自社サイトや自社が運営する媒体は、自力でNAP情報を統一することができます。
しかしネット上には様々な情報が散らばっていて、実はGoogleが情報を取得している、
あるいは他のサービスが情報を利用しているといった状況になっています。

 

たとえばGoogleはFacebookページやTwitterなどSNSの情報だけでなく、
不動産会社であればポータルサイト、飲食店なら食べログなどのレビューサイトも
「第三者サイトからの情報」として見ていると言われています。
またFacebookはInstagramにチェックイン情報を提供していますし、
YelpFoursquareといったサービスも、あまり馴染みがないかもしれませんが、
Twitterに位置情報を提供しているそうです。

 

自社で利用や把握をしていなくても、NAP情報が掲載されているものは膨大なので、
まずは自社サイトのNAP情報の確認(トップページ以下全ページの表記)すること。
そしてGoogleマイビジネスやFacebookページ、ブログやTwitterなど自社で管理し、
修正できるネット上の媒体から確認して、出来るだけNAPを統一していきましょう。

 

NAP情報が正しく統一されることで、サイテーションの効果が得られやすくなり、
Googleマップ検索で自社を見つけてもらえる可能性を高めることができます。

 

とはいえ、全てを見つけて、ひとつひとつ直していくのは現実的ではありませんし、
Googleマイビジネスなどユーザーが情報を書き換えてしまえばいたちごっこです。

 

インターネット上の地図やSNS、検索エンジンなどに載っている情報を一元管理する
サービス「MITUCAL(ミツカル)」のご利用もぜひご検討いただければと思います。

 

 

NAP情報まとめ

 

NAP情報の大切さについてお伝えしました。

 

他のサイトやSNSで(好意的に)NAP情報が掲載されると評価につながるので、
その効果を最大限に得るため、出来る限りNAP情報を正しく統一していきましょう。

 

来店型ビジネスでは今後ますます、ローカル検索(MEO対策)が重要になってきます。
先々の音声検索にも関わると言われますので、今から出来ることをしていきましょう。

 

 

信頼性アップのためにFacebookページの認証をしよう!

 

Facebookページの認証をご存知ですか? Googleマイビジネスと同じように
Facebookページも実在性を認証してもらうことで、信頼性がアップします。

 

今回はこのFacebookページの認証についてお伝えしたいと思います。

 

 

Facebookページの認証手順

 

まずはページの認証の条件を満たしていることを確認しましょう。

 

  • ・Facebookページが公開されていること
  • ・プロフィール写真とカバー写真が設定されていること
  • ・投稿されていること

 

※認証の申請ができるのはFacebookページのカテゴリーが、
ローカルビジネス・会社・団体のページの場合に限ります。

 

認証を行う際は、Facebookページの管理者として行ってください。

 

自社で運営しているFacebookページを開いて「設定」をクリックします。

 

 

ページの認証が「ページは未認証です」となっていることを確認して「編集する」をクリック。

 

 

「このFacebookページを認証」をクリックします。

 

 

Facebookページに登録した電話番号を入力して「今すぐ電話を受け取る」をクリック。

※「+81」が国番号の「0」に該当するで、最初の「0」を取って入力します。

例:04-1234-5678 ⇒ 412345678

 

 

Facebookから電話がくるので、4桁の認証コードを入力して「次へ」。

コードが確認されると、認証は完了です。

 

 

直後、またはしばらくした後、Facebookページ上にグレーバッジが付きます。

 

グレーバッジは、Facebookがそのビジネスまたは組織・団体の
公式ページである(なりすましじゃない)と認めたという印です。

 

 

※電話番号での認証がうまくいかない場合

 

中には電話番号で上手く認証されないケースもあるようです。
その場合は「書類の提出でこのページを認証する」で手続きをしてください。

 

公共料金の請求書など、指定書類をアップロードして申請することで、
Facebook側で確認、認証されるとシルバーバッジが付きます。

 

Facebookでは、認証コードまたはビジネスに関する書類を受け取ると、お送りいただいた情報が公開記録と一致することを確認します。その後、認証ステータスに関する通知またはメールを数日以内にお送りします。必ずしもページを認証する必要はありません。Facebookページのグレーの認証バッジをリクエストするにはどうすればよいですか。

 

 

Facebookページ認証のメリット

 

ページの認証をすると、いくつかのメリットが得られます。

 

  • ・実在性が認証されることでビジネスの信頼が高まります
  • ・Facebook検索やGoogle検索結果に表示されやすくなります
  • ・Facebookページの評価があがり、見てもらえる可能性が広がります。

 

 

Facebookページ認証まとめ

 

Facebookページの情報はGoogleも見ているので、信頼性アップはもちろん、
評価につなげていくためにも、ページ認証を受けておいて損はありません。

 

Facebookページをお持ちの方は是非、やってみてください。

 

定期的な投稿を行ったり、積極的にコミュニケーションを図るといった
Facebookページの運用ももちろん継続してしっかり行っていきましょう。

 

Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う
Facebookページも出来るだけやっておいた方がいいと思う
すでに自社のFacebookページを立ち上げ活用している方も多いと思いますが、 昨年末のドリームデイ、Yext様の特別講演でも運用を勧める話しが出ていたため、
2019-01-31 15:00