いよいよ常時SSLが前提の流れ、Chrome70がまもなくリリース

 

7月にリリースされたChrome 68では全てのHTTP接続で「保護されていません」
警告表示されるようになりましたが、9月初旬すでにリリース済みのChrome 69、
そして10月リリース予定のChrome 70では、さらに次のステップに進んでいきます。

 

今回はChrome 69から70にかけてのSSL対応関連の変更内容を確認しておきましょう。

 

Chrome69ではHTTPSサイトは鍵マークだけに

 

9月上旬にリリースされたChrome 69では、これまで常時SSL化サイトでは緑色の鍵マークと
「保護された通信」が表示されていたものから、灰色の鍵マークのみの表示に変更されました。

 

 

Googleからするとユーザーにとって「安全であること」が当たり前。
「問題が発生した時に警告を受ける」というのが基本的な考えなので、
先々は鍵マークもなくして「何もない状態が安全」にする方向のようです。

 

 

Chrome 70ではHTTPサイトで入力時に「安全でない」と赤文字の警告

 

こうした方針に沿って、10月中旬リリースのChrome 70からは、常時SSL化されていない
HTTPページで文字を入力しようとすると、赤文字の警告が表示されるようになります。

 

 

すでにChrome 68から、全てのHTTPページで警告が表示されるようになっていますが、
入力しようとした瞬間「!」のついた赤字に変わると「危険」と思う人が増えるので、
今後はより、ユーザーの離脱につながる可能性が高まってしまうかもしれません。

 

 

Chrome69~70の常時SSL動向まとめ

 

Googleは最終的に、全てのHTTPページで警告表示する方針を掲げていますから、
入力時に限らず、常に赤字の警告が表示される日もそう遠くないかもしれません。

 

 

またGoogle chrome以外のブラウザ(Firefox・Safari・Operaなど)も
セキュリティ向上のため、今後は同様の流れになっていくと予想されます。

 

SSL化が未対応のサイトは、ユーザーのためにも、自社の今後のためにも
ぜひ前向きな検討をしてください。「まだ大丈夫」ではそろそろ心配です。
対応に時間がかかることも考慮して、計画いただくことをお勧めします。

 

Googleが初めてHTTPページでの個人情報入力時に「保護されていない通信」
と警告表示するようになったのは、2017年1月リリースのChrome 56から。
それから2年経たずしてのChrome 70ですから、すごい進化のスピードですよね。
今後もGoogleやChromeの情報があれば、随時、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

Googleマイビジネス活用のポイントをまとめてみました

 

ブロック勉強会などでもよく話題に出る「Googleマイビジネス」。
以前、当ブログでも口コミについてご紹介しましたが、もう登録はお済みですか?

 

Googleマイジビネス登録で口コミを集めよう!

 

Googleマイビジネスに登録すると、Googleマップ検索で上位表示されたり、
Googleの検索結果でナレッジパネルにビジネス情報が表示されたりする上、
口コミを集めることで、集客のチャンスが広げられるというものでした。

 

Googleマップ ※今回はグレイス不動産様に協力いただきました

 

Google検索結果

ナレッジパネル部分

※ナレッジパネルは会社名が特定できる場合の検索時に表示されます

 

 

Googleマイビジネスは「登録」して終わりでなく、運営することで効果につながります。
そこで今回は、集客につなげるための活用のポイントをいくつかご紹介します。

 

 

写真はとても重要! 画像の掲載方法と注意点

 

Googleマイビジネスに登録された画像は、ユーザーの目にとまります。
表示された画像をクリックすると登録された画像を全て見ることができます。

 

 

 

 

画像は目立つので、写真がないのはもちろん、映りが悪いのももったいない!
Googleの基準にそって、イイ感じの画像を登録しておきましょう。

 

形式: JPG または PNG
サイズ: 10 KB~5 MB
最小解像度: 縦 720 px、横 720 px
品質: ピントが合っていて十分な明るさのある写真を使用します。
   大幅な加工や過度のフィルタ使用は避けてください。
   雰囲気をありのままに伝える画像をお選びください。Googleマイビジネスヘルプ

 

どんなお店か伝えられる外観や店内の風景はもちろん、スタッフの顔や
サービスが分かる画像があることはとても重要だと言われています。

 

カテゴリに合わせた写真を追加すると効果的にビジネスをアピールできます。こうした写真では、顧客が購入を決める際の決め手となるビジネスの特長を強調します。追加した写真には、Google サービス上でビジネスを差別化させる効果もあります。Googleマイビジネスヘルプ

 

外観や店内、スタッフやサービスなど何枚かずつ登録すれば、ある程度の数になります。
まず基本的なものを用意して、今後もいい写真があればドンドン掲載していきましょう。

 

 

画像掲載についての注意点

 

Googleマイビジネスの画像掲載には、いくつか覚えておきたい注意点があります。

 

1、掲載される順番の指定はできない

 

Googleが優先度を判断しているため、自分で順番を指定することはできません。

 

 

2、カバー写真の指定は出来ない

 

こちらも残念ながら決めるのはGoogleで、自分で指定することはできません。
ただし、カバー写真として優先させたい画像をGoogleに伝えることができます。
キレイに撮った外観写真など、カバーにしたい画像を登録しておきましょう。

 

Googleマイビジネスにログイン 写真>「カバー写真を選択」

 

 

3、ユーザーが登録した写真は自分で削除できない

Googleマイビジネスでは、閲覧ユーザーによる写真の追加もできますが、
こちらも順番の入替はもちろん、自分で勝手に削除することはできません。
(オーナーである自分が登録した画像の方が優先して掲載はされます)

 

自社と明らかに関係のない画像が追加された場合などは「口コミ」同様、
Googleに写真の削除をリクエストを申請する必要があります。

 

 

投稿機能の活用

 

画像の登録ができたら、積極的なマイジビネス運営をしていきましょう。
投稿機能を使うと、知らせたい情報を一定期間、掲載することができます。

 

グレイス不動産様ではブログの更新情報を掲載

 

 

ブログ更新のお知らせを例に、投稿の仕方をご紹介します。

 

Googleマイビジネスにログイン>投稿

 

 

投稿内容を入力>「公開」 ※入力例は本ブログのものにしています

 

 

「公開」すると数分後、下記のように表示されます。慣れればとても簡単ですね!

 

 

あ・・・鬼頭社長、今日ブログを書かないと表示が消えちゃいますよ・・

 

というのも投稿した内容が掲載されるのは7日間というルールなので、
それまでに次の投稿がないと、投稿部分の表示がなくなってしまうんです。

 

期限前にGoogleからお知らせが届くので、週1で継続できるといいですね!

 

 

まとめ

 

登録しただけじゃもったいないGoogleマイビジネス活用のポイントをお伝えしました。

 

今回は主に「画像」と「投稿」を取り上げましたが、一定の効果を得るには、
口コミの管理なども含めた継続的な更新をして、情報量を増やすことが大切です。

 

とはいえ、自社サイトをしっかり運営することの方がとにかく最優先!
無理なく出来る範囲で、Googleマイビジネスの活用を考えていきましょう。

 

鬼頭社長 画面提供のご協力ありがとうございました!