ローカル検索ではNAP情報がとにかく大事!

 

以前お伝えしたサイテーションの記事内でも触れた「NAP情報」。

 

サイテーションとは「他サイトやSNSでNAP情報が(好意的に)引用されると
評価につながる」というもので、ユーザーに正しい情報を掲載してもらい、
それをGoogleに評価してもらうためには、このNAP情報が重要になります。

 

そこで今回はNAP情報のポイントについて詳しくお伝えしたいと思います。

 

注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
注目のサイテーションについて分かりやすく解説してみます
近年、SEOやMEOに効果があるとして「サイテーション」が注目されています。 SEOはホームページを検索結果で上位表示するための検索エンジン対策ですが、
2019-04-18 15:04

 

 

NAP情報とは

 

NAP情報とは「名前」「住所」「電話番号」を表し、頭文字を取って「NAP」と呼ばれます。

 

  • Name=店舗や会社の名前
  • Address=住所
  • Phone=電話番号

 

このNAP情報が正確に統一されていないと、せっかく他サイトで引用・紹介されても、
同じ会社(お店)の情報ではないと判断され、評価につながらなくなってしまいます。
ローカル検索でとても重要なポイントになります。出来る限り統一していきましょう。

 

 

NAP情報の統一とは?

 

NAP情報の統一とは、自社サイトはもちろん、Googleマイビジネスやブログ、
SNSなどに載せたNAP情報が、完全一致していることを言います。

 

「戦国不動産株式会社」「戦国不動産(株)」⇒株式会社の表記が違う

「所沢市東所沢1-2-3」「所沢市東所沢1丁目2番地3号」⇒ハイフンと番地で表記が違う

「04-1234-5678」「04-1234-5678」⇒半角と全角で表記が違う

「Ring and Link」「Ring and Link」→半角と全角で表記が違う

 

全角半角は特に、入力した時期の違いなどで混在してしまうケースが高いです。
日本語は数字とアルファベットしかない英語に比べると表記の種類が多いので、
人ではなく、Googleのロボットが見ているということを意識していきましょう。

 

 

ネット上に散らばる自社の情報

 

自社サイトや自社が運営する媒体は、自力でNAP情報を統一することができます。
しかしネット上には様々な情報が散らばっていて、実はGoogleが情報を取得している、
あるいは他のサービスが情報を利用しているといった状況になっています。

 

たとえばGoogleはFacebookページやTwitterなどSNSの情報だけでなく、
不動産会社であればポータルサイト、飲食店なら食べログなどのレビューサイトも
「第三者サイトからの情報」として見ていると言われています。
またFacebookはInstagramにチェックイン情報を提供していますし、
YelpFoursquareといったサービスも、あまり馴染みがないかもしれませんが、
Twitterに位置情報を提供しているそうです。

 

自社で利用や把握をしていなくても、NAP情報が掲載されているものは膨大なので、
まずは自社サイトのNAP情報の確認(トップページ以下全ページの表記)すること。
そしてGoogleマイビジネスやFacebookページ、ブログやTwitterなど自社で管理し、
修正できるネット上の媒体から確認して、出来るだけNAPを統一していきましょう。

 

NAP情報が正しく統一されることで、サイテーションの効果が得られやすくなり、
Googleマップ検索で自社を見つけてもらえる可能性を高めることができます。

 

とはいえ、全てを見つけて、ひとつひとつ直していくのは現実的ではありませんし、
Googleマイビジネスなどユーザーが情報を書き換えてしまえばいたちごっこです。

 

インターネット上の地図やSNS、検索エンジンなどに載っている情報を一元管理する
サービス「MITUCAL(ミツカル)」のご利用もぜひご検討いただければと思います。

 

 

NAP情報まとめ

 

NAP情報の大切さについてお伝えしました。

 

他のサイトやSNSで(好意的に)NAP情報が掲載されると評価につながるので、
その効果を最大限に得るため、出来る限りNAP情報を正しく統一していきましょう。

 

来店型ビジネスでは今後ますます、ローカル検索(MEO対策)が重要になってきます。
先々の音声検索にも関わると言われますので、今から出来ることをしていきましょう。

 

 

第1回中四国ブロック勉強会開催報告

 

6月4日 岡山にて中四国ブロック勉強会を開催しました。
今回は他エリアからも含め、12社12名の方にご参加いただきました。

 

まずは中四国ブロックキャプテン、西京地所の平田専務からご挨拶をいただき、
皆さまの自己紹介からスタートしました。

 

午前中は今回のメインテーマ「ブランディングに取り組んで競合他社への優位性を持とう」
についてテキストをもとに解説をさせていただきました。

 

事前アンケートでは半数の方がブランディングについて、
”知ってはいたがよく分からない”と回答されていましたが、
すでに勉強されて取り組みをしている会社もありました。

 

東京ブロック勉強会でも取り上げたペルソナ設定の他、
アナログのブランディング対策など幅広い話がたくさん聞けました。
またブログで長期的にずっと読まれている記事があるとの話も出て、
まさにエバーグリーンコンテンツの具体例も出ました。

 

エバーグリーンコンテンツ作成のススメ
エバーグリーンコンテンツ作成のススメ
質のよいコンテンツを増やすのが大事! 定期的に更新するのも大事! 小手先のテクニックが通用しなくなった現在のSEO対策として、 「コンテンツの質と量」を
2019-04-11 15:00

 

昨今はホームページだけではなく、SNSやGoogleマイビジネスの活用も
さらに重要度を増している状況です。

 

そこで午後からは特にFacebookページの認証と、
Googleマイビジネスの運用について深く掘り下げていきました。
また、西京地所様のGoogleマイビジネスのインサイトも見せていただき、
皆さまで成果の共有も行いました。

 

Googleマイビジネスの基本情報をあらためて確認しませんか?
Googleマイビジネスの基本情報をあらためて確認しませんか?
Googleマイビジネスに登録して、実際に活用している方が増えてきました。基本情報を充実させて、写真や投稿機能、口コミ管理などもぜひ活用してください。
2018-12-06 15:00

 

信頼性アップのためにFacebookページの認証をしよう!
信頼性アップのためにFacebookページの認証をしよう!
Facebookページの認証をご存知ですか? Googleマイビジネスと同じように Facebookページも実在性を認証してもらうことで、信頼性がアップします
2019-04-25 15:00

 

 

そして弊社代表金丸より、MITUCALの紹介もさせていただき、
今後のgoogle対策の方向性について考える時間になったと思います。

 

最後は事前アンケートの結果を取り上げたディスカッション。

 

その中で「従業員を雇った」「奥様に手伝ってもらい始めた」という会社が何社かあり、
お話を聞いてみると、入力作業などをやってもらっているという会社が多かったですが、
写真は自分で取りに行って、コメント等はどう書くか? 頼むべきか、見た人が書くべきか、
といった意見交換も行われました。

 

他にも一括査定サイトの対応は、とにかくどこより早く電話を入れることで
電話に出てもらえる確率が全く違ってくるといった売却についての話題も出ました。

 

また、RESASを使って自社の商圏の状況を把握し、人口減少に向けて
エリア戦略のみなおしを考えているなど、話題は多岐にわたりましたが、
根本には仲介業のみではなく、他の収益源を生み出そうという活動が
多かったように思います。

 

 

 

皆さまから多くの方から発言があり、勉強会後の懇親会もおおいに盛り上がり、
今回もとても有意義な開催になりました。

 

お忙しい中、ご参加くださった皆さまありがとうございました。
次回の開催は9月3日を予定しています。多くのご参加をお待ちしています。

 

【ご参加くださった皆さま】

中四国ブロックキャプテン 西京地所株式会社 平田稔様

有限会社杉本地所  杉本博有紀様
有限会社 アイエステート 赤山俊寛様
有限会社 朝日住宅  樋野太一様
株式会社 おおたか不動産  有本博一様
株式会社コメンドオオモリ  大森栄子様
有限会社 入江不動産  入江宏幸様
シエルホーム  池畠佳子様
はぐみ不動産合同会社  平野直文様
有限会社アルファーランド  壹貫田実様
武鎗不動産株式会社  武鎗生磨様
株式会社 旭町3丁目不動産  竹村典子様
株式会社エイトコーポレーション 赤山聡様