とにかく選ばれること。そして全力で満足してもらうこと。

 

RSCが毎年実施している「不動産情報サイト利用者意識アンケート」の調査結果から、
今年は「ユーザーの不動産会社選択」について取り上げてみたいと思います。

 

不動産情報サイト利用者意識アンケート調査結果不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)

 

 

物件を契約した人が訪問した不動産会社数

 

物件を契約した人が訪問した不動産会社数は平均2.5社。2社までの合計が6割を超えています。
賃貸・売買別では賃貸が1.9社と過去最少。売買(3.0社)より1.1社少ない結果となりました。

 

 

ユーザーが実際に訪問する不動産会社数は年々減っている傾向があるので、
今後さらに「訪問前に選別されている」ことを意識した方がよさそうですね。

 

では、ユーザーは何をポイントに不動産会社を選んでいるのでしょうか?

 

 

不動産会社を選ぶ時のポイント・気にする点は?

 

問合せや訪問を行う際に不動産会社を選ぶ時のポイントは約7割が
「写真の点数が多い」がトップ。「特にポイントとなる点」でも1位です。

 

 

  • 写真の点数が多い
  • 店舗がアクセスしやすい場所にある
  • 他にもたくさんの物件を掲載している
  • 写真の見栄えがよい
  • 会社案内(会社の写真等)が詳しく紹介され安心感が持てる
  • 地元で知名度のある会社である
  • その物件のウィークポイントも書かれている

 

写真が多い・見栄えがよい、ウィークポイントも書かれているといった点は
事例発表やブロック勉強会などで、これまで何度も出ているマスト要件!
ちょっとしたこだわりを持つことで、他社との差別化につながります。

 

物件写真もやっぱりユーザー目線が大切だった!
物件写真もやっぱりユーザー目線が大切だった!
物件写真の充実している不動産会社が選ばれやすい傾向にある昨今、 写真を載せるのはもちろん、枚数を載せることも当たり前になっています。 物件や不動産
2017-12-22 15:00

 

 

会社案内ページも店内写真やスタッフ紹介など自社の雰囲気を伝える工夫を
ドンドンしてみましょう。何年も前の社長挨拶を見直すのもいいかもしれません。

 

店舗の場所は、送迎サービスがあればカバー出来るかもしれませんし、
地元での知名度もGoogleマイビジネス運用やSNS、地域ブログを活用した
ブランディングに取り組むことで、少しずつついていくと思います。

 

まずは「実際に訪問してもらえる1社」になる確度を上げていくために、
選ばれる要素を、他社より1つでも多く持てるようにしていきましょう。

 

では、選ばれた後は、どんなことに注意した方がよいのでしょうか?

 

 

不動産会社の接客で満足だったこと・不満だったことは?

 

不動産会社の接客について満足だったことは「レスポンスが早かった」がトップ。
一方、不満だったことは賃貸・売買とも対応面についての不満が目立ちます。
誠意ある接客姿勢が契約につながる大きなポイントになっているといえそうです。

 

 

売買の不満1位は「営業がしつこかった」、2位が「契約の意思決定を急かされた」。
賃貸は「その物件はもうないと言われた」「問い合わせをしたら返答が遅かった」と続きます。
賃貸の場合は満足だった点からも「とにかくスピーディな対応」が重要と分かりますね。

 

せっかく選んでもらえたのに、接客に不満を持たれたら元も子もありません。
接客の良さ、悪さは口コミやその後の紹介などにも影響する可能性があるので、
今後もいっそう、お客様の立場になって考えた対応を心がけていきたいですね。

 

 

とにかく選ばれること。そして全力で満足してもらうことまとめ

 

一般消費者(実際に物件を契約した人を対象)が回答したアンケート結果から、
「ユーザーの不動産会社選択」についての行動や意識を見てきました。

 

とにかく選ばれること。全力で満足してもらうこと。
そのために改善できること、取り組まなければならないことは何ですか?

 

ユーザーが不動産会社を選ぶ目は今後もますます、さらにさらに厳しくなります。
たとえ手間はかかっても、できる限りのことをしていきましょう。

 

 

 

2020年新年のご挨拶

 

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

 

旧年中の格別のご温厚に改めて深謝し、
本年も引き続きご高配を賜りたく謹んでお願いを申し上げるとともに、
皆様の本年のご活躍、ご多幸を心より祈念申し上げるしだいです。

 

今年で@dreamも発売から19年目となりました。
平成から令和に変わったことに象徴されるように、
さまざまなことが静かに変わってきているのを実感します。

 

思えば@dreamが発売された頃は、今では誰でも知っているサービスが何もありませんでした。
あったのはメールとHPだけ。 そのHPもほとんどなくて、インターネット不動産といえば
ポータルサイト (そのころはASPといっていましたね)に物件を掲載することでした。(それも賃貸のみ)

 

今では、ブログ、Facebook、YoutubeやInstagram、LINEなどのサービスが登場し、
HPはあって当たり前、スマホ対応も当然の時代になり、街で電話を掛けている人は
本当に少なくなりました。 (不動産業と営業職除く)
全てインターネット不動産に効果的なわけではありませんでしたが、
その都度、実験的に対応しながら@dreamは進化してきました。

 

さて今年ですが、春には5Gが登場します。 5Gは高速であるだけでなく、
低遅延、多接続が可能になる技術で、インターネットの信頼性が格段に上がります。
(特に低遅延の影響が大きく、工場などのIT化はこれが原因で進んでいませんでした)
多分秋に発売される新型 iPhoneあたりから、世の中は大きな影響を受けることになると思います。

 

具体的に言えば動画と音声の時代が来るということです。
米国では2020年には検索の50%が音声になると言われています。
音声で検索して動画で商品を見るだけでなく、本は読むものではなく聞くもの、
営業は会うものではなくチャットするもの。 日本でも様々な業種で従来のサービスがなくなって
新しい形態になる元年、それが令和2年になると考えています。

 

こんな時代に合わせて、我々は昨年「MITUICAL」という新しいサービスを
日本で初めてリリースしました。 これもGoogleMAPだけでなく音声検索に対応するためです。

 

皆様におかれましては、さまざまなシーンで新しい時代に対応されてきたと思いますが、
またもや新しい施策を迫られる時代がやってきたのかもしれません。

 

大変だけれども「仕事」です。

 

@dreamdayでもお話ししましたが、無駄になるとかならないとか考えて後塵を拝すより、
たとえ小さな一歩でも踏み出して行かないと、大きな淘汰の波に飲み込まれてしまいます。

 

一方ですでに海外では先行して始まっていることですので、ある程度、方向性は見えています。
そんな情報をできるだけ掴んで、開発に生かすだけでなく、 リニューアルした勉強会を通して
皆様にも伝えていこうと考えていますので、 昨年同様今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2020年1月 
リングアンドリンク株式会社 
代表取締役社長 金丸信一

 

 

ローカル検索や音声検索に備えるMITUCAL