SSL化したらやっておきたいGoogleアナリティクスの設定

 

常時SSL(https)対応を完了したユーザー様がずいぶん増えてきました。
URLに鍵マークがついて安全なサイト運営ができるようになったら、
忘れずやっておきたいのがGoogleアナリティクスの設定変更です。

 

すでに対応済みの方も多いと思いますが、今回はサーチコンソールの設定変更も
あわせてご紹介しますので、ご利用されている方はあらためて確認してみてください。

 

 

Googleアナリティクスの設定変更

 

SSL化するとURLが「https:/~」に変わるので、設定変更する必要があります。
「プロパティ設定」と「ビュー設定」2ヶ所でURLの変更を行ってください。

 

○プロパティ設定

Googleアナリティクスにログイン>歯車アイコン>プロパティ設定

 

デフォルトのURLを「https://」に変更>画面下部の「保存」

 

○ビュー設定

歯車アイコン>ビュー設定

 

ウェブサイトのURLを「https://」に変更>画面下部の「保存」

 

Googleアナリティクスの設定変更は完了です。
サーチコンソールを利用している場合は、SSL化したURLの登録も行ってください。

 

※サーチコンソールはGoogle 検索結果でサイトのパフォーマンスを
監視・管理できるGoogleの無料ツールです。ご利用になる場合は登録が必要です。

▼@dreamテクニック集 Google Search Consoleの登録方法

 

 

サーチコンソールの設定変更

 

サーチコンソールを利用している場合は、SSL化したURLを登録しなおす必要があります。

 

サーチコンソール>「プロパティ追加」

 

SSL化したウェブサイトのURLを入力>「追加」

 

サイト所有権を確認する画面が表示されます。

 

おすすめの方法ほか、別の方法が表示されるので確認しやすい方法で行ってください。

 

 

以前からサーチコンソールを利用していてGoogleアナリティクスと連携済みの場合は、
「Googleアナリティクス」で確認することもできます。

 

所有権が確認されました>「続行」

 

サーチコンソールにSSLした「https://~」URLを追加することができました。

 

※元々の「http」のプロパティは削除せず、しばらく残しておくことをお勧めします。

 

 

Googleアナリティクスとの連携

 

SSL化した「https://~」に設定変更したGoogleアナリティクスのデータと、
所有権の確認が完了したサーチコンソールの連携も忘れずしておきましょう。

 

※元の設定状態により、一部手順が異なる場合があります。

 

Googleアナリティクスログイン>歯車アイコン>プロパティ設定

 

プロパティ設定ページ内>「Search Consoleを調整」をクリック

 

Search Consoleの設定>「追加」をクリック ※「削除」の場合は後述します

 

「https://~」のURLを選択>「保存」します。

 

確認画面>「OK」

 

Googleアナリティクスとの連携は完了です。

 

○Search Consoleの設定で「削除」となっている場合

「http」で設定していた連携を削除してから「https://~」を追加する必要があります。

 

Search Consoleの設定>「削除」

 

「削除」をクリック

 

確認画面>「OK」

 

最初の手順どおり「Search Consoleを調整」から「追加」してください。

 

 

まとめ

 

SSL化した「https://~」のサイトで正しいデータを取得していくために必要な設定です。
Googleアナリティクスやサーチコンソールを利用している方はしっかり確認しておきましょう。

 

 

 

 

Internet Explorerの使用はやめた方がよいそうです

 

Internet Explorer(IE)はマイクロソフトが開発してきたウェブブラウザですが、
他ブラウザへの移行を呼びかける記事がアップされたので確認しておきましょう。

 

マイクロソフトの呼びかけ

 

2月6日、マイクロソフトのサイバーセキュリティアーキテクト、クリス・ジャクソン氏が
デフォルトのブラウザとしてInternet Explorerを使いづつけることの危険」という記事を
「Windows IT Pro Blog」で公開しました。

 

専門的で難しい部分もありますが、要約すると次のような内容になると思います。

 

IEを使い続けることで企業に技術的負債をもたらすことになる。 移行しなければ目先の手間や費用はかからないが、逆に余計なコストを生み出すので、 長期的に見てIEを使い続けることは最適な選択ではない。 IEは新しいWeb標準をサポートしていません。ほとんどの開発者はIEでテストせず、 現代のブラウザでテストしています。最新のモダンブラウザに移行するのが最適です。 Internet Explorerを使いづつけることの危険性

 

モダンブラウザというのは、Microsoft EdgeやGoogle Chrome、Firefoxなどのこと。
デフォルト(既定)ブラウザとして、これらに移行するのがお勧めということです。

 

 

Internet Explorer の今後について

 

マイクロソフトは2018年7月時点でも、Internet Explorerの今後について言及しています。

 

これによると、最新のIE11以外(IE8、9、10)のサポートが終了していることに加え、
世の中にあふれるリッチコンテンツは、すでに Internet Explorer ではサポートしていない
最新技術を利用して実現されており、その流れは今後もさらに加速していくと言え、
「Internet Explorer でなければ表示できない Web コンテンツ」は徐々に少なくなっていく
といったことも書かれています。

 

また「Internet Explorer はいつまでサポートが提供されるのか?」といった
将来の予定についても回答できないと言っており、モダンブラウザへの移行を
余裕を持った計画で進める必要があると意識するようにも促しています。

 

サポートが終了したIEはセキュリティ更新プログラムの提供がないため、
利用することにより、ウイルス感染や個人情報漏えいのリスクが高まります。

 

現在のところ、最新のIE11についてはサポート対象となっていますが、
マイクロソフトの見解を見ると、先々どうなるかわからない感じもするので、
やはり早めにIE以外のブラウザのデフォルト利用を検討するのがよさそうです。

 

 

まとめ

 

Internet Explorerについてのマイクロソフトの見解をお伝えしました。

 

デフォルトブラウザとしてInternet Explorerを利用している場合は、
まずバージョンを確認して、最新のIE11であることを確認しましょう。

 

歯車アイコン>バージョン情報

 

IE11の場合はセキュリティ更新プログラムの提供があるのでひとまず安心ですが、
Internet Explorerが対応していない新しいWebページが見られないなどの支障が
出てくる可能性もあるので、余裕をもって他ブラウザへの移行をしましょう。

 

IE8、IE9、IE10などサポートが終了したInternet Explorerをご利用の場合、
ウイルス感染や個人情報漏えいのリスクが高い状態であることが何より心配です。
ひとまずIE11に更新するか、あるいはこれを機にEdge、Chrome、Firefox など
他ブラウザへの移行を早急に行っていただくことを強くお勧めします。

 

自社のためにも、お客様のためにも安全で快適な環境を確保したいですね。
Internet Explorerをご利用されている方は、どうぞご留意ください。